20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

第二新卒転職の成功方法|企業の本音や失敗しないための注意点

第二新卒の転職成功方法全部教えます
この記事は、人材紹介会社社長の岡本が監修しました。
岡本のプロフィールはコチラ

第二新卒の転職って難しいの?最近は第二新卒も結構採用されやすいなんて噂も聞くんだけど……。

結論から言うと……ぶっちゃけ人それぞれです!(笑)

社会人としての経験はまだ浅いものの、新卒でもなく、社会人としての基礎的な部分は出来上がりつつある第二新卒は意外と企業から歓迎されることも。

ということは、転職するなら逆に第二新卒と呼ばれる今転職した方が良いのでしょうか?

今日はそんな疑問を解決すべく、第二新卒の転職について多角的に解説していきます!

そもそも第二新卒とは?
明確な定義はないが、一般的には学校を卒業後1~3年程度経過しており、なおかつ就業経験がある人のことを指す。

既に学校を卒業しているという意味から「既卒」と混同されやすいのですが、「既卒」は学校卒業後1~3年程度経過しているものの、就業経験がない人のことを指します。

こちらの記事内容は動画でも解説をしているので、よかったらご覧ください!

この記事のまとめ

  • 第二新卒を採用したいと考えている企業は意外と多い
  • 第二新卒の転職=よくないことではなく、メリットとデメリットの両方がある
  • 第二新卒の転職ではポイントをおさえた慎重な就活が求められる

第二新卒の転職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴

第二新卒の転職は難しいの?転職事情や実態をデータを元に解説

ちょっとさっきの話だけど、人それぞれってどういうこと?

いや、人それぞれっていうのはホントなんです!実際にデータでもありますからちょっと見てみましょう!

まずは企業側は第二新卒の採用についてどう捉えているのかについて見てみましょう。

企業が考える第二新卒の採用について

少し古いデータにはなりますが、マイナビ転職が2016年に行った調査を見てみましょう。

そのデータでは、マイナビ転職を利用して中途採用を行っている企業に「今後一年間の第二新卒者の採用見通し」について尋ねたところ、次のような回答が得られました。

  • 本年よりも積極的(に採用する予定である) 18.1%
  • 本年も変わらず積極的(に採用する予定である) 44.1%

えっ!ということは60%以上の企業が第二新卒を積極的に採用したいって考えているってこと!?

そうなんです。ちなみに上記の調査から約4年後の2020年3月6日にマイナビに掲載された求人でも「第二新卒歓迎」としている求人は全体の約84%もあったそうですよ!

そうなんだ!第二新卒の就活って意外と大丈夫なのかな!?

正直「石の上にも3年」といった言葉があるように、日本では「3年は働いてナンボ」といった風潮は残っています。

ただ、意外にも新卒入社3年以内の短期離職者である第二新卒にも転職成功のチャンスはあるようです。

あっ、でもコロナ禍ってこともあって、その辺の動きも最近じゃ変わってきてるんじゃないの?どうなの??

コロナウイルスでの第二位卒採用への影響

はい、そのデータもありますよ!当社UZUZが、2021年の1月から3月の間に就活中の第二新卒者886名を対象に調査したデータをもとに紹介しますね!

そちらでは、「就職活動においてコロナウイルスの影響を感じることがありますか?」という質問に対して、ちょうど半数(50.0%)の人が「就職活動におちてコロナウイルスの影響を感じることがある」と回答しています。

引用:UZUZ若者キャリアレポート| UZUZ|第二新卒/既卒/フリーター/新卒向け就職/転職サポート

ちなみのその理由の中で最も多かった回答が「選考の難易度が上がっているように感じる(29.2%)」で、次に多かったのが「応募できる求人数が減っていると感じる(27.8%)」でした。

やはりどの業界も、少なからずコロナウイルス流行の影響を受けているのは事実です。ただ、中にはもうすでに求人募集数が戻ってきている業界もあるので、業界や職種によっても様々ですね。

第二新卒で転職するメリット・デメリット

じゃあ結局のところ第二新卒での転職ってナシなの?メリットデメリットを教えてえ欲しい!

今、第二新卒で転職するかどうかについて迷っている人の多くは、以下のような2つの考えの狭間で答えを見いだせずにいるのではないでしょうか?

  • 転職するなら早い方がいいのでは?
  • 今転職するのは早すぎるのでは?

何ごとにもメリット・デメリットはつきものです。

ここからは第二新卒で転職することのメリット・デメリットについて解説していきますので、是非転職をするか否かの判断材料にしてみてください。

第二新卒で転職するメリット3つ

まず、第二新卒で転職するメリットですが、大きく次の3つが挙げられます。

第二新卒で転職するメリット

  1. 異業界や異職種など未経験の業界や職種にもチャレンジしやすい
  2. 入社時の教育に関するコストがかからないため採用されやすい
  3. 第二新卒枠が使える

1.異業界や異職種など未経験の業界や職種にもチャレンジしやすい

現在の仕事とは全く異なる業界や職種に転職したい」と考えているのであれば、第二新卒のうちに就活をした方が採用される確率が高いです。

なぜなら、未経験者を募集している企業の多くは「経験はなくてもいいから、なるべく若い人を採用して社内でじっくり育てたい」と考えているからです。

第二新卒の採用を行っている企業のほとんどは、スキルではなくポテンシャルを重視しています。

その中でも未経験職種の場合はさらに、スキルよりも若さが重要になりますよ!

2.入社時の教育に関するコストがかからないため採用されやすい

大手企業の場合は、採用や新人研修などにコストや時間をかける余裕がありますが、ベンチャーなどの中小企業では予算に余裕がないことも少なくありません。

そのため、新卒社員と同じようなフレッシュさを持ちながらも、社会人としての最低限のマナーを身に付けている第二新卒は、新人教育にコストや時間を掛けられない企業にとっては重宝する存在であり、採用もされやすい傾向にあるのです。

超短期離職の場合は、また少し企業の反応も変わりますけどね!

3.第二新卒枠が使える

最近では人材不足などの理由から、第二新卒であっても新卒と同じ枠で応募ができたり、「第二新卒枠」を設ける大手企業も増えています。

第二新卒は学校卒業後1~3年までというのが一般的ですので、この期間を過ぎると転職の際は中途採用枠のみ応募可能となります。

中途採用枠になると、年齢の幅が一気に広くなり、即戦力重視の採用になるため、何らかのスキルや実績がないと採用されにくくなってしまいます

そのため、今第二新卒に該当するのであれば、期間限定の第二新卒枠を大いに利用し、就活すべきなのです。

第二新卒で転職するデメリット2つ

次に、第二新卒で転職するデメリットですが、こちらは大きく次の2つになります。

第二新卒で転職するデメリット

  1. 退職理由によっては「また辞めるのでは?」と警戒される
  2. 超短期離職の場合、企業から敬遠される

1.退職理由によっては「また辞めるのでは?」と警戒される

第二新卒中に転職を考えているということは、長い場合でも新卒入社後3年以内に退職することになります。

基本的に採用側は短期間で離職したと感じるので、面接時には「どうして退職することになってしまったのか?」と退職理由を探ろうとします。

その際に「思っていた仕事内容と違った」「やりたい仕事ができなかった」などを退職理由にしてしまうと、「嫌なことがあったらまたすぐに辞めるのでは?」と思われてしまい、採用を警戒されてしまいます。

そのため、第二新卒は退職理由をかなり慎重に考える必要があるのです。

2.超短期離職の場合、企業から敬遠される

退職時期が1年目を過ぎたあたりの第二新卒であれば「基本的なビジネスマナーは身に付いている」と判断されるため、そこまで企業側から敬遠されることはないでしょう。

しかし、例えば入社後2~3ヶ月ほどの超短期離職をしてしまった場合、多くの企業は「何も身に付いてないのでは?」「本人に問題があったのでは?」とネガティブなイメージをどうしても持ってしまいます。

そのため、超短期離職をしてしまった場合の第二新卒の転職は、かなり厳しいものになるという覚悟が必要です。

こんな人は今すぐ転職して大丈夫!

第二新卒のメリットもデメリットもわかったけど、やっぱりデメリットのことを考えるとなるべく長く、最低でも1年くらいの間は辞めない方が良さそうだね……。

そうですね。ただ、次のような場合にはすぐにでも離職を考えた方がいいかもしれません。

第二新卒で異業界や異業種への転職を考えている場合は、なるべく早めに転職した方が有利な場合もありますが、多くの場合、短期離職はかなりネガティブなイメージを持たれてしまうのでおすすめはしません。

そのため、第二新卒で転職を考えている場合であっても、少なくとも基本的なビジネスマナーが身に付く1年程度は退職しない方が賢明です。

しかしそれ以前に、次のような状態にある人は短期離職になってしまっても構わないので、一刻も早く転職を考えた方が良いかもしれません。

1.パワハラ・セクハラなど、現在の職場がかなりブラック企業の場合

現在の職場が労働基準法に違反しているようなブラック企業だったり、パワハラやセクハラなどが横行しているなど明らかに問題がある場合は、なるべく早く転職を考えましょう。

正当な理由であれば、たとえ結果的に短期離職になってしまったとしても就活の際事情を話せば面接官も理解してくれるはずです。

ただし、「ここはブラックだ!」と自分の主観だけで判断してしまうと、返ってあなたが次の転職時にクレーマーのように思われてしまう可能性があります。

そのため、例えば「毎日深夜まで残業があった」など、第三者が話を聞いても「アウト」となる証拠を掴んでおくと良いでしょう。

2.ストレスから心身に支障が出始めている場合

何らかの理由から現在の職場で働くことが辛く、ストレスから心身に支障が出始めている場合は、完全に体調を崩してしまう前に早めに転職を考えましょう。

特に精神的な疾患にかかってしまうと、一生働くことができなくなってしまう可能性もありますし、最悪の場合、命に関わることもあります。

また、体調を崩し、面接時にそのことを包み隠さず話したとしても、「うちの会社でも採用しても体調を崩されるのでは?」と思われて逆にもっと採用されにくくなってしまうケースもあります。

そうならないためにも、まずは自分の身を守ることを最優先に考えましょう。

第二新卒の転職で失敗する人・成功する人の違い

最初は第二新卒の就職は「人それぞれ」って言われてエーッて思ったけど、たしかにいろんなケースがあることがわかってきたよ。

でしょ!第二新卒といっても人それぞれ状況も違うし、失敗する人もいれば成功する人もいるんです。

一口に第二新卒といっても、転職する人の理由や、退職までの期間も人それぞれ違いますし、次に目指そうとする仕事や業界も人それぞれ。

ただ、転職に失敗する人と成功する人にはそれぞれ行動パターンや思考パターンにある特徴があります。

ということで、第二新卒の転職で失敗する人成功する人の違いを以下の表にまとめてみました!

失敗する人の5つの特徴

失敗する人の特徴のイメージ

1.退職理由が他責

会社や仕事内容に不満を感じて退職することはあると思いますが、そこで100%自分に非はないと思い込んでいる人。

退職する人はあくまでも少数派であることをわかっていない。

2.転職の目的がはっきりしていない

「職場の雰囲気が合わなかったから」「思っていた仕事とちがったから」など、将来状況が変わる可能性を全く考えていない。

自分で状況を変えようともしなかった。

3.退職してから転職活動をしている

退職したその日から空白期間=無職期間となるので、その間キャリアは全く積めなくなる。

収入がなくなるため、就活が長引けば長引くほど焦りが増し、悪循環となる。

4.就活が場当たり的で適当

転職の目的が明確でないため、企業選びも「なんとなく良さそう」という感じになってしまっている。

そのため、企業研究も適当で次が決まればそれでいいと思ってしまっている。

5.待遇や条件面だけで企業を選んでいる

給与や福利厚生ばかりに気を取られてしまい、長く働ける環境であるかや、仕事内容についてしっかりと考えていない。

そのためまた転職を繰り返すことになる。

き…厳しいね……。

大丈夫。成功する人の特徴をよく読んで、考え方を真似していこう!!

成功する人の5つの特徴

就職に成功した男性

1.退職理由に説得力がある

前職(現職)に不満があったとしても、自分にも非があったことを認めている。

仮に自分にそれほど非がなかったとしても、退職に至った=自分の判断が甘かったといったように謙虚な態度を取っている。

2.志望動機に一貫性がある

1社目を志望した理由から退職した理由、2社目の志望動機までにストーリーがあり、志望動機に筋が通っている。

3.1社目で何か学びを得ている

「◯◯ができるようになった」など短い期間でありながらも、前職(現職)で得たものをアピールできる。

4.素直でポジティブ

第二新卒で退職した自分を素直に受け止められている。

失敗を認めながらも、次へ向かおうという前向きさがあり、そのことを自分の言葉で話せる。

5.企業を選びの軸を持っている

現職(前職)の退職理由を踏まえた上で、企業選びをしている。

仕事内容や待遇など、優先順位をきちんとつけた上で企業選びをしている。

転職に失敗する人と成功する人、こうやってみると差が歴然って感じ……

転職を考える時点から差がついちゃってますよね。やっぱりひとつひとつきちんと考えて行動することが大切です!

企業の本音:なぜ第二新卒を採用するの?

なぜ企業は第二新卒を採用するのか

ところで「第二新卒を喜んで採用する会社なんてブラック企業くらいしかない」なんて噂を小耳にはさんだんだけど、それって本当なの?

全然そんなことはないですよ!!

日本の就活市場では未だに新卒一括採用のシステムが根強く残っていますが、最近では第二新卒を積極的に採用しようという企業も増えています。

第二新卒を積極的に採用している企業は、第二新卒のどのようなところに魅力を感じているのでしょうか?

企業側の本音に迫ってみました!

本音1.とにかく若手の人材が欲しい

企業の若返りのために若手の人材を欲しがる企業は多い一方、少子高齢化によって採用スケジュール通りに新卒を採用できない企業もあります。

第二新卒は一度はどこかの企業に採用された経験を持っています。

そのため、新卒と同じように自己分析や企業研究といった就活のノウハウや心構えがあり、企業にとっては「一定のレベルをクリアしている人」という安心感が持てる存在なのです。

さらに、第二新卒は社会人経験も浅いため、自社のカラーに染めやすいという新卒と同じメリットも兼ね備えています。

そのため、新卒採用で思うような人員を確保できなかった場合に、第二新卒を採用しようという企業も多いですよ!

本音2.採用や新人教育にかける手間とコストを省きたい

新卒採用を行う場合、企業側は自社サイト内の新卒採用専用ページやパンフレットなどの製作、新卒専用求人サイトの利用や、会社説明会の開催など、かなりのコストをかける必要があります。

しかし、「第二新卒で転職するメリット」でもお伝えしましたが、特にベンチャーなどの中小企業では採用のためにあまりコストをかけることができないケースも少なくありません。

そのため、新卒採用よりも比較的競争率が低くて採用にあまりコストがかからないけど、新卒のようなフレッシュさのある第二新卒をあえて採用する企業があるのです。

また、第二新卒の場合は社会人としての基本的なマナーを身に付けている人も多いため、育成コストも抑えることができるだけでなく、同業他社の場合では即戦力にもなり得ます。

このような理由から、若手の人材が欲しいものの、最低限のコストしかかけられない企業にとって、第二新卒はとても重宝される存在なのです。

本音3.中途採用よりも扱いやすい

中途採用では、即戦力となる人材を確保できるメリットはあるものの、その分新卒社員よりも年収を高くする必要があります。

また、中途採用の場合、入社した社員が先輩にあたる社員よりも年上だったり、前職での仕事の方法や癖などが身に付いてしまっていて、指示が出しづらいなどといった問題が起こることも少なくありません。

その点、第二新卒の場合は新卒と同程度の年収で、なおかつ経験が浅い分、自社の仕事の方法を吸収しやすいという長所も兼ね備えています。

つまり、第二新卒は新卒と中途の間のような、ちょうどよい存在というわけなのです。

第二新卒転職の転職成功するためのポイントと注意点

フリーターの空白期間を面接時にプラスに変えるポイントを説明している様子

企業によっては第二新卒であることが強力な武器になることもあるんだね!

そのとおり!だからこそ第二新卒の期間のうちに、ポイントをおさえて効率の良い就活をしましょう!

第二新卒の転職は、基本的にほとんどの人が入社後3年未満という短期離職を伴うものとなります。

多くの場合、次の転職では第二新卒という肩書はなくなっているはずですし、仮にまだ第二新卒の肩書があったとしても、それは超短期離職を繰り返しているということになり、経歴にかなり大きな傷がつくことになります。

そのため、第二新卒の転職では失敗を繰り返さないためのポイントを押さえた、慎重な就活を行いましょう。

ここからはそんな第二新卒の転職を成功させるためのポイントと注意点についてご紹介していきます。

必須!次の仕事が決まってから会社を辞める

まず大前提として、自分がいくら転職をしたいと考えていても、「必ず転職できる」「◯◯までに転職できる」という保証はどこにもありません。

そのため、「こんな人は転職してOK」でご紹介したような緊急を要する状況にない場合は、可能な限り次の仕事が決まってから今の会社を辞めるようにしましょう。

なんで??

その理由としては、退職した次の日から次の就職先が決まるまでは空白期間=無職となり、その期間が長くなればなるほど、面接時に「この間何をしていたの?」と鋭い質問をされるようになってしまうことが挙げられます。

また、退職してしまうと収入源がなくなるため、空白期間が長くなればなるほど焦りが生じ、企業選びなども雑になってしまいがちです。

退職後の転職活動は不利?2020年調査結果

実際に、UZUZが2020年に2020年に358名の第二新卒の方に対して調査を行ってみました。

その結果は一目瞭然。

仕事を続けながら転職活動をしている人の38.1%が「転職活動に苦労している」と答えているのに対し、退職して転職活動をしている人で「転職活動に苦労している」と答えたのは64.4%という結果に。

さまざまな理由から先に退職することを余儀なくされた人もいるかと思いますが、離職を先にしてしまうとやはり「早く転職しなければ!」というプレッシャーや金銭面での余裕など、心理的な負担が大きくなる傾向があるようです。

先に退職しちゃった方がのんびりできそうだけど、たしかに無職になっちゃうのはかなりのプレッシャーかも……。

さらに、退職を先にしてしまうと、企業側からは「計画性のない人」「とにかく辞めたい気持ちが強い人」といったネガティブなイメージを持たれてしまう可能性もあります。

第二新卒の就活はとにかく慎重に、可能な限り退職は転職先が決まってからにしましょう。

転職理由(退職理由)の伝え方

転職したい理由や退職に至った理由は人それぞれ違います。

しかし、仮にあなたがどれだけ「会社が悪い」「職場の◯◯が駄目だ」と考えていても、あまりネガティブに会社のことを批判しないようにしましょう。

「自分は悪くないのに、なんで嘘を言わないといけないの?」と思ってしまう人も中にはいると思いますが、考え方によっては「それを入社前に見抜けなかったあなたが悪い」ともとれるのではないでしょうか。

仮に100%会社や職場側に問題があったとしても、「その状況を変えようと行動したが変えることができなかった」など、あくまでも一度は自分でアクションを起こしたことを伝えるようにしましょう。

なぜこのような伝え方をする必要があるかというと、ネガティブな退職理由だけでは以下のように思われてしまうからです。

  • うちが採用したところで、この人は悪い面ばかり見てしまうのでは?
  • 問題に直面した場合に行動を起こさずにすぐ逃げようとする人なのでは?
  • 何かひとつのことにつまづいたらすぐに辞めようと考える人なのでは?

などと思われてしまうためです。

なお、退職理由(転職理由)の上手な作り方についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

自分がなりたい将来像から逆算して考える

第二新卒が転職を考える場合、「現状を変えたい、だから転職したい」と、現状から抜け出すことをベースにして転職を考えがちです。

しかし、転職するだけであれば誰でもできることです。

大切なことは、転職先で楽しく働けることであり、次の転職先でまた「転職したい」と思わずに過ごせることこそが本当の成功ではなないでしょうか。

そのため、転職を考える場合は、「今の会社とは違う、良さそうな会社」を探すのではなく、あくまでも「どんな自分になりたいか」という理想の将来像を軸に考えましょう。

そして、理想の自分になるためには、どんな環境が必要なのかを考えながら転職先を決めるようにしましょう。

なお、「理想の自分になるためにどんな転職先を選べばいいのかわからない」という人は、転職のプロがいる転職エージェントにキャリアの相談をしてみることをおすすめします。

仮に転職したい理由が「今の会社が嫌」という理由だけだったとしても、転職エージェントでは、その「なぜ嫌なのか」を深堀りし、将来なりたいイメージに紐づけてくれますよ!

転職サイト、エージェントは”使いこなす”

最後に、転職サイトや転職エージェントはただなんとなく利用するのではなく、「使いこなす」「使い倒す」ことが大切です。

転職サイトだけ、転職エージェントだけを使うのではなく、両方を使うこと。

そして転職エージェントは複数に登録し、複数のエージェントに担当してもらうことをおすすめします。

両刀&複数のエ―ジェントに担当してもらうメリットは以下です。

  • 転職サイト、転職エージェントにそれぞれの良い部分がある
  • エージェントによって得意・不得意な業界や職種、求職者がある
  • エージェントとの相性もあるので複数を利用した方が安心

サポートするのが仕事なので、全力で使い倒しにきてください!!

第二新卒転職でよくあるQ&A

最後に、ここからは第二新卒の転職でよくあるQ&Aをご紹介していきます。

それぞれ、答えについて詳しく解説した記事や動画がありますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

Q1第二新卒で大手への転職は難しいの?

無理ではありませんが、正直なところ難しいです。

大手は新卒をがっつり採用できるので、第二新卒を採用する旨味があまりないのです。

実績がある中途社員の場合でも、転職は結構難しいというのが実状です。

Q2よくあるみんなの退職理由って何?

人間関係給与の低さなどが挙げられます。

新卒入社の人は、一度にたくさんの新しいことと向き合うことになるため、どうしてもストレスが溜まりやすいものです。

ただ、事前に「こんなことで悩みやすい」ということを知っておくだけでもストレスを回避しやすいですよ!

詳しくはこちらの動画でご紹介&解説しています。

▼ヒロさんチャンネル
新卒の8割は就職した会社を辞めたい!?退職理由TOP5を徹底解説 – YouTube

Q3転職におすすめの時期、タイミングってある?

第二新卒の転職におすすめの時期は求人の増える3月と9月です。

ただ、求人が増えるとライバルも増えることになるので、正直そこまで気にする必要はないかと思います。

また、転職するのであれば新卒入社後1年以上経過してからの方が良いです。

詳しくは以下の記事で解説しています!

Q6面接が不安

面接官にはそれぞれ目的がありますので、まずは面接官の目的を理解することが大切です。

面接官の目的に合った対策をすれば不安な気持ちも解消されるはずですよ!

詳しい内容についてはこちらの動画でご紹介しています!

▼ヒロさんチャンネル
【ガチで内定が取れる面接練習法】就活で明日から使える8つの面接テクニックで内定獲得! – YouTube

長くなりましたが、ここまで、第二新卒の転職に役立つ情報をまとめてご紹介してきました!

  • 色々わかったけど、自分の場合はどうなのかな?
  • この部分についてもっと詳しく知りたい!
  • やっぱりなんだかモヤモヤする……

といった方は、ぜひ一度ウズキャリのキャリアカウンセラーにご相談ください。

ウズキャリには第二新卒や既卒出身のキャリアカウンセラーが多数在籍しているため、より詳細な情報リアルなノウハウを知ることができるはずですよ!

登録は簡単、Webによる面談も可能ですので是非ご利用ください!

第二新卒の転職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして!「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

Page Top