20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

第二新卒におすすめの転職エージェント11選!組み合わせや活用のコツ

この記事は、人材紹介会社社長の岡本が監修しました。
岡本のプロフィールはコチラ

転職するなら転職エージェントを利用した方が絶対いいって先輩が教えてくれたんだけどさ、調べてみたらありすぎてどれがいいのかさっぱり。

転職エージェントって色々あるし、調べれば調べるだけわからなくなってきますよね。

そして“転職サイト”というサービスもあり、混同しがちに。

ただ、この二つは完全に別物。

上手く使い分ける必要があります。

使い分けか。ますます混乱。転職エージェントや転職サイトの選び方・使い方について詳しく教えてほしい!

まず最初は、第二新卒の場合は第二新卒向けの転職エージェントを利用するのがおすすめ。

そこでこの記事では、第二新卒が転職に失敗しないために、「転職エージェントの選び方や活用の仕方」について詳しく解説していきます。

第二新卒の転職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 求人が増える10月入社を目指すなら今からスタート!

転職エージェントと転職サイトの違い

まずは転職エージェントと転職サイトの違いについて解説していきますね。

転職エージェントは、「人材を採用したい企業」と「仕事を探している求職者」をマッチングするサービスを提供しています。

エージェントは、企業と求職者の間に入り、それぞれの希望をヒアリングして、求職者には求人を、企業には人材を紹介するのが使命です。

人材仲介業って言うとわかりやすいかもしれません!不動産屋の賃貸や売買の仲介みたいな…

マッチングが成立し、無事に就職した場合、企業は紹介手数料を転職エージェントに支払います。

一方で転職サイトとは、企業が掲載を依頼した求人をサイトに載せ、求職者を集めるサイト

求職者は公開されている求人を自由に検索・閲覧・応募ができます。

転職サイトの場合は、企業の求人掲載費・紹介手数料などで運営が成り立っています。

転職エージェントでは「人が仲介する」、転職サイトでは「自分で求人を探す」ってところが大きな違いだね。

そうですね。転職エージェントの場合は、担当者が企業と求職者の間に入ってくれるので、求人紹介の他にも色々なサポートが受けられるんですよ!

転職エージェントと転職サイトのメリット・デメリット比較

転職エージェントも転職サイトも求人を見つけるツールとして役立ちますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

転職エージェント転職サイト
メリット・非公開求人がある
・企業との連絡を担当者がするため楽
・履歴書や面接の対策をしてくれる
・求人には掲載の無い詳細情報も手に入る
・求人を自由に閲覧し自分で応募ができる
・自分のペースで転職活動ができる
・スカウト機能により企業から直接オファーが届くチャンスがある
デメリット・担当者との相性が合わないことがある
・転職を急かされる場合がある
・求人応募までに時間を要する
・ブラック企業が含まれていることがある
・書類選考で落とされる確率が高い
・履歴書や面接対策などの個別サポートが受けられない

転職エージェントのメリット・デメリット

まずは、転職エージェントについて詳しくメリデメを解説していきますね!

転職エージェントでは、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの、転職のプロが、求職者一人一人に担当者としてつきます。

その担当者が、応募する企業に合わせて履歴書添削や面接対策、企業とのやりとりをしてくれる点が転職エージェントの強みです。

また、求人も担当者が探すのですが、あなたの希望だけでなく、性格や適性を見てマッチした求人を紹介してくれるので、入社後のミスマッチも抑えることができます。

メリットに書かれていた非公開求人を紹介してくれるってこと?

非公開求人の場合もあれば、公開求人の場合もありますよ!
非公開求人とは
非公開求人とは、転職エージェントが独自に保有している求人で、求人サイトなどの他の媒体からでは、見ることができない求人のことです。非公開求人には、大企業の求人や雇用条件のいい求人が含まれています。非公開求人は、転職エージェントからしか見ることができないのですが、転職エージェントは非公開求人以外も持っています。

なので、「あなたにマッチした求人」をまずは紹介してくれるでしょう。

また、求人を募集している企業についても、担当者は詳しく調べているので、求人に記載がある内容以外も知ることができます。

ただし一方で、人間同士なので担当者との相性もあります。

相性が合わないと転職活動自体が上手く行かなくなってしまうことも。

中には成績欲しさゆえに、転職を急かしてくる転職エージェントもいるので、流されないように注意しましょう!

担当者と相性が合わない場合は、担当者の変更を申し出ましょう!ほとんどの会社が対応してくれますよ!

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトの最大の魅力は気軽に利用できる点。

時間・場所に捉われず求人を検索・閲覧して応募できます。

ただ、エージェントのように担当者がついてくれるわけではないので、なかなか書類選考が通過しなかったり、ミスマッチが生じたりすることも。

一方で、スカウト機能を利用すれば、企業の方から直接あなたにオファーの連絡がくることもあります。

それぞれ良し悪しがあるね~どう使い分けたらいい?ってか、両方利用しちゃっていいの?

問題ありませんよ。

無料で使えるサービスはとことん利用しちゃいましょう!

転職エージェントでキャリア相談や履歴書添削・面接対策など指導してもらうといいです。

転職サイトでは、「どんな求人があるのか」「どんな職種があるのか」など情報収集のツールとして利用することをおすすめします。

ここからは転職エージェントについて詳しく解説していくので、転職サイトについて知りたい人はこちらの記事を読んでくださいね!

第二新卒が意識すべき転職エージェントの選び方

早速だけど、どの転職エージェントがいいの?

まず、転職エージェントには色々あって、大きく「総合型」「特化型」「年代特化型」「女性特化型」の4種類に分けられます。

へえ~こんなに分かれてるなんて知らなかった!どれも同じかと思ってた!

サービス内容自体は同じなのですが、取り扱う求人などが変わってきます。

この中から、自分に合ったエージェントを組み合わせて利用するといいです。

例えば、以下など。

  • 第二新卒の女性の場合は、「年代特化型」と「女性特化型」
  • 希望職種が決まっている第二新卒の場合は、「年代特化型」と「職種特化型」
  • やりたいことが見つかっていない第二新卒の場合は、「総合型」と「年代特化型」

それぞれの特徴については、ここから詳しく説明していきますね!

総合型の転職エージェントについて

総合型転職エージェントは、大手のエージェントが該当します。

例えば、リクルートやdodaなど。

特徴としては保有する求人数が圧倒的に多く、幅広い職種・業種に対応しています。

そのため、「まだどんな仕事をしたいか迷っている」「自分の市場価値を知りたい」という人におすすめ。

ただし、取り扱う情報量が多いためキャリアカウンセラーも全職種・全業界の知識を深く持ち合わせているわけではありません。

年代特化型

年代特化型には、「20代向け」「30代向け」「40代向け」などがあります。

年代で分けるメリットってあるの?

求める人材が全く異なりますからね。例えば20代向けであれば、「若くてフレッシュな人材を採用したい企業」と「20代でキャリアが無いあるいは浅い求職者」が集まります。

40代であれば、「ハイスキル・マネージャークラスを求める企業」と「高収入やハイキャリアを目指す求職者」が集まります。

ホントだ。ターゲットが全然違うね~確かに全てに対応するより、対象を分ける方が効率的!

年代特化型エージェントには、ターゲットとする年代の求人が集まるので、求職者は応募条件を満たしやすく、採用率も高いんです。

その年代に特化したノウハウや情報も蓄積されているので、転職活動を有利にすすめられます

ちなみに我々ウズキャリは、まさに20代向けの転職エージェントです!ウズキャリで働くキャリアカウンセラーも20代の転職サポートのプロですよ!

業界・職種特化型

あなたが目指す業界・志望職種が既に決まっている場合は業界・職種特化型を選びましょう。

例えば、業界別に挙げるとIT業界・アパレル業界・不動産業界・医療業界など。

職種別だと、ITエンジニア・事務職・経理から国家資格が必須の職種に至るまでそれぞれ専門の転職エージェントが存在します。

業界・職種に特化した転職エージェントは、その業界・職種の求人が集まっているのでピンポイントで仕事を探せます。

また業界の動向や求人の傾向、企業についても詳しく情報やノウハウを持ち合わせています。

そこで働くキャリアカウンセラーも、その業界や職種で働いていた経験者が多いので、あなたの気持ちや事情をよく理解してくれるでしょう。

業界・職種特化型としてGeekly(IT・WEB・ゲーム業界特化型)やレバテックキャリア(ITエンジニア特化型)などがあります。

女性特化型

女性は結婚・出産・育児などライフイベントによって、キャリアが中断したり、キャリアチェンジを図ったりすることも多いですよね。

女性ならではの事情を考慮しているのが女性特化型

例えば、以下の様な特徴があります。

  • 女性が働きやすい求人が揃っている
  • 女性のキャリアカウンセラーが多数在籍
  • 女性ならではのキャリアプランを考えられる
  • 男性には分からない悩みなども親身に相談に乗ってくれる

確かに女性の場合、男性と同じようにキャリアを積んでいくのってまだまだ難しいもんね。

とても複雑です。「旦那さんが転勤になった」「家庭と育児の両立が大変」など自分だけではどうにもできない状況に陥った時、今後のキャリアについて親身に相談に乗ってくれる存在は女性にとって有難いものです。

具体的なエージェントを挙げると、「リブズキャリア」「type女性の転職エージェント」などがこれに該当。

ここで挙げた転職エージェントについて次の項目で詳しく解説していきます。

第二新卒におすすめ!総合型転職エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  • 40年以上の歴史を誇る人材業界最大手のエージェント
  • 保有求人数・非公開求人数共に桁違いに多い
  • 全業種・全職種を取り揃えている

求人数や種類も膨大なため「まだやりたいことが分からない」という人におすすめです。全国16ヶ所に拠点があるので、地方への転職も強く、上京して転職活動をする必要はありません。「地元で仕事を探したい」という方にも向いているでしょう。土日も転職相談に乗ってくれるので働きながら転職活動が行えます。

doda転職エージェント

doda

おすすめポイント

  • 転職サイトも運営しているのでセットで効率的に転職できる
  • 転職関連のセミナーやイベントが充実している
  • 毎日企業からスカウトメールが届く

doda最大の特徴は、転職サイトを運営していること。これにより転職エージェントと転職サイトを効率的に利用できます。例えば、転職サイトで気になった求人を担当者に見せて、より細かい企業情報をもらったり、ミスマッチがないか相談したりということが気軽に行えます。

第二新卒におすすめ!第二新卒特化型転職エージェント

マイナビジョブ20’s

おすすめポイント

  • 20代・第二新卒に特化している
  • 若年層向けの中でも求人の数が多い
  • 20代に信頼されている転職エージェントNO.1

大手転職エージェントマイナビが手がける20代向けのサービス。未経験OKの求人が50%以上あるなど、第二新卒や20代向けの求人数の多さがポイントです。選考中の企業に合わせて面接の準備や対策も行ってくれるので、安心して転職の準備を任せることができます。

ウズキャリ

ウズキャリLP

おすすめポイント

  • 第二新卒・既卒・フリーターの就職サポートに特化
  • 初回カウンセリングは2時間を含め平均24時間かけて個別サポート
  • 自社基準に基づいてブラック企業を徹底排除

ウズキャリでは第二新卒・既卒・フリーターの方を対象に事業展開してきたので第二新卒の採用市場を完全に熟知。
他社との大きな違いは個別サポート時間の長さ。数時間で対策が終ってしまうエージェントもある中で、ウズキャリでは平均24時間もかけてあなたに必要な個別サポートを提供します。

ハタラクティブ

おすすめポイント

  • 経験の浅い20代に特化しているため、未経験求人が豊富
  • カウンセリング実績11万人以上
  • 内定まで平均1ヶ月というスピード転職が可能

ハタラクティブは経験の浅い20代に特化した、未経験求人が豊富な転職エージェントです。内定まで平均1ヶ月というスピード内定が大きな強み。利用者の80%以上が「特にやりたいことが決まっていない」という状態で登録していますが、就職に成功しています。スピード重視で転職したい人におすすめです

DYM就活

おすすめポイント

  • 書類選考なしで面接に進める求人がある
  • 利用者満足度も高く、就職率は96%!
  • 厳選した優良企業求人2,000社以上の中から紹介してもらえる

第二新卒・既卒・フリーター・ニートを専門に就職支援を行うDYM就活。取引先企業との強いパイプがあるため、担当者が直接交渉して書類選考無しでいきなり面接を受けられることも。「なかなか書類選考が通過しない……」という方におすすめ。

第二新卒におすすめ!業界・職種特化型転職エージェント

Geekly

Geeklyのキャプチャ

おすすめポイント

  • IT・Web・ゲーム業界への支援実績は6,000件以上
  • 転職成功者の75%が年収アップを実現
  • IT業界の幅広い職種に応募可能

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントGeekly。企業と強いパイプがあるので、Geeklyにしか取り扱いがない独占求人も豊富に保有。

レバテックキャリア

レバテックのキャプチャ

おすすめポイント

  • ITエンジニアに特化して15年の転職エージェント
  • 初回提案内定率90%という高いマッチング精度
  • アドバイザーによる頻繁訪問により最新の企業情報が手に入る

ITエンジニアに特化しているので、キャリアアドバイザーも業界に精通。年間3,000回以上の企業訪問を通して企業のニーズや雰囲気を正確に把握し、その上で求職者の適性やスキルからマッチした企業を紹介します。

ウズキャリIT

ウズキャリITのLPキャプチャ

おすすめポイント

  • 未経験者からITエンジニアへのサポート実績2,000名以上
  • 無料でYoutubeによるIT学習も受講可能(16時間分)
  • ミスマッチが起こりにくく、入社後定着率は97%

20代のエンジニア未経験者を対象にITエンジニアへの就職サポートを専門としています。ヒアリングを大切にしてあなたの性格や適性を見極めてから企業を紹介するため、ミスマッチが生じにくく入社後定着率がなんと97%。また、転職サポートと同時に無料でIT学習講座が受けられるのも大きなメリット。

第二新卒におすすめ!女性特化型転職エージェント

マイナビ Woman will

おすすめポイント

  • 20代向けのマイナビエージェントの女性用
  • 第二新卒の女性は登録必須レベル!
  • 求人数も膨大

マイナビエージェントの女性版。20代の転職に特化したマイナビだからこそ、女性向け求人も多数保有。未経験業界への転職でも年収UPの実績あり。キャリアアップ・年収アップをしたい女性におすすめ。

Type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントのLPキャプチャ

テキストが入ります

  • 20代・30代の女性をターゲットとしたエージェント
  • 女性専門でサービスを提供して18年以上
  • 面接対策の1つとしてメイクアップサービスを提供

20代・30代で正社員を目指す女性を対象に就職サポートを実施しています。女性が働きやすいサービス系・販売系の職種の求人を多く取り扱っています。また、「産休育休制度が整っている」「残業時間が少ない」などの女性目線を大切にしている求人が多いのも特徴の1つ。面接前にはメイクアップサービスを利用できます。

転職エージェント登録から転職までの流れ

転職エージェントがいいのはよく分かったんだけどさ、利用したことがない僕からすると登録に勇気が要るんだよね……登録したらすぐに選考を受けていかないといけないんじゃないかとか、担当者からのプレッシャーがすごいんじゃないかとか。

未知のサービスを利用するのって不安な気持ちもよく分かります。でもサービスの流れを知れば、気軽に利用できると思います。ざっくりと流れを紹介しますね。
サービスの流れ
転職エージェントに登録

登録から数日以内に担当者から連絡

担当者との面談であなたの希望やこれまでの経験を聞いて、あなたの強みや弱み・適性なども踏まえて転職の方向性を定めます。担当者があなたにマッチする求人をいくつか紹介

応募する求人が決まれば、担当者が代行して選考手続きを進めます。履歴書の添削などを行い、書類選考の通過を高めるサポートを実施

面接日程調整も担当者が代行します。面接日が決まれば面接対策を実施。面接官が「採用したい!」と思ってくれる退職理由や志望動機の伝え方をアドバイスします。

無事に内定すれば、年収や待遇の交渉や入社日の調整などは担当者が行ってくれます。仕事を続けている場合は、円満退職するためのアドバイスももらえるので安心。

入社後も困ったことがあればいつでも担当者が相談に乗ってくれます。

我々は登録してもらったからと言って、「無理にでも、うちから就職してもらおう!」とは思っていません。

なので変なプレッシャーは感じなくてOKですよ。

転職エージェントに登録してから実際に就職するまでどれくらいかかるの?

それは人によって異なります。ただ、平均すると3ヶ月程度で就職する人が多いです。

もちろん、「早く就職したい」という方であれば3ヶ月未満での就職も可能ですし、「ゆっくり時間をかけて進めたい」という方であれば、半年くらい時間をかけて転職することもできます。

転職したいと思う時期から逆算して3ヶ月前を目安に転職エージェントに登録したらいいです。

第二新卒の転職エージェント活用のコツ4つ

ここでは転職エージェントが提供するサービスをより効率的に活用するためのコツを4つ紹介したいと思います。

1.転職エージェントは複数登録する

転職エージェントは、1つに絞る必要はありません

一方で、片っ端から転職エージェントに登録すると混乱してしまいます。

そのため、自分に合いそうなエージェントを2~3個登録するといいです。

面談を受けてから1つに絞る、あるいは並行して利用するのもアリ。

2.担当者と合わない場合は変更してもらう

転職エージェントでは担当者と二人三脚で転職活動を進めることになります。

人と人との付き合いなのでやはり相性があります。

「なんかこの人苦手……。」と感じたら、なるべく早めに担当者を変更してもらうよう依頼しましょう。

あなたが信頼できる担当者でないと転職自体が上手くいかなくなってしまう可能性があるからです。

また担当者には、背伸びして「自分を良く見せよう」とする必要はありません。

そうでないと、「背伸びしたあなた」に合った求人を紹介されることになり、入社後ミスマッチが生じるリスクがあります。

3.他のサービスと上手く組み合わせて利用する

転職エージェントを利用しているからといって他のサービスを使ってはいけないわけではありません。

例えば、求人探しを全て担当者に任せるのではなく、転職サイトで様々な求人に目を通し市場の雇用条件を把握したり、自分でもいい仕事がないか探してみましょう。

気になる求人があれば、「同じ求人を取り扱っていないか」「似た求人はないか」担当者に確認するといいです。

他にも、ハローワークに登録して、就職セミナーを受けたりするのも自由

なるほどね~なんとなく他のサービスを併用するのってダメなんじゃないかとか思ってたけど、転職エージェントの社長がすすめてくれるなら堂々と利用できる!

問題ないですよ!堂々と利用してください。笑

4.紹介された企業は自分でも徹底的に調べる

転職エージェントの担当者から紹介された企業は、あなた自身で徹底的に調べてください。

担当者が紹介してくれた企業が「絶対にあなたに合う」とは言い切れません。

入社した会社が、

  • 「思っていた仕事内容と違う」
  • 「ブラック企業だった」

としても責任を取るのはあなた自身です。

そのため、担当者の情報だけに頼らず自分自身でその企業について調査してください。

SNSで情報を集め勤めている人に会ってみたり、離職率を調べたり。

自分で一通り調べて不安な点は担当者に確認し、納得してから選考に進めてもらうようにしましょう。

なるほど!!このコツを押さえて転職エージェントを利用すれば、転職が上手くいきそうな気がする。

まずは遠慮せず、気軽に登録してあなたの状況を相談してみるといいですよ。

転職エージェントについてよくあるQ&A

ここからは、転職エージェントについて良くある質問に回答していきたいと思います!

Q.非公開求人って何?

非公開求人とは、一般に公開されていない求人のこと。

大手企業や雇用条件の良い求人は応募者が殺到することがあるため、採用業務の負担を減らす目的で転職エージェントに依頼します。

そのため、転職エージェントでしか非公開求人を見ることができません。

Q.なんで利用料が無料なの?

転職エージェントは求人を依頼する企業から手数料をもらっています。

例えば、転職エージェントが紹介した人材を採用した場合、企業は転職エージェントに成功報酬を支払います。

このようにして求職者は無料でサービスを利用できるのです。

そのため、転職エージェントを利用するのに、「負担をかけたら申し訳ない」などと遠慮する必要はありません。

Q.年収が高い職種(営業など)に無理やり転職させられるのでは?

転職エージェントが企業へ支払う手数料は紹介した人材の年収額によって決まり、年収が高い方がエージェントの利益は上がるのです。

そのため、「年収の高い職種へ無理やり転職させられるのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

ただ、入社してすぐに退職してしまった場合、エージェントは手数料を返金しなければなりません。

つまり、転職エージェントが求職者の希望を無視して年収の高い企業ばかりすすめても結局利益には繋がらないので、よっぽど悪い担当者に合わない限り、無理やり転職させられることはないでしょう。

Q.連絡がしつこいのでは?

しつこく連絡してくる転職エージェントが存在するのは事実です。

1日に何度も電話がかかってきたり、おすすめの求人をメールで大量に送ってきたり。

社員に高いノルマを課すエージェントもあり、求職者にプレッシャーをかけて1件でも多くの報酬を手にしようとします。

このようなエージェントは求職者のためを思っているとはいえません。

利用を辞めてしまって良いでしょう。

このような状況を避けるためにも複数のエージェントに登録するのが賢明です。

Q.ブラック企業の求人を紹介されるのでは?

転職エージェントの場合は企業をきちんと審査するエージェントが多いです。

一方で転職サイトの場合は、企業の審査をせず依頼された求人を掲載するのが一般的。

そのため、ブラック企業が含まれていることもあります。

ちなみにウズキャリでは自社基準に基づいて企業を調査し、ブラック企業と分かれば求人を取り扱いません。

ブラック企業を徹底的に排除しているので安心して利用いただけます。

ここで教えてもらったことを基に、自分に合いそうな転職エージェントをいくつか登録してみよっと。

そうですね、まずは登録してみたらいいです。転職サイトも併用して様々な求人に目を通し、採用市場感を掴みましょう。

就職サービスを上手く活用して是非、転職を成功に収めてくださいね。

第二新卒の転職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 求人が増える10月入社を目指すなら今からスタート!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top