株式会社アプトの既卒求人!仕事を通して成長するがモットー

株式会社アプトの既卒求人!仕事を通して成長するがモットー

どのような仕事をするのか?

main-image2
配属によって、異なる業務をしていただきます
【主な業務内容】
■営業:メールマーケティングシステムや顧客管理システムのコンサルティング営業。その他,商品企画など業務全般に渡ったコンサルティング。お客様の話をいかにしっかり聞いて、それに応じたコンサルティングをできるかがポイントです。
■販売促進・サービス・クリエイティブ:お客様の問合せ対応をしながら、新たな提案や新規機能の企画をします。メール・アンケート文面作成、その他、販売促進全般に渡るコンサルティングを行います。
■システム・ソフトウェア開発:メール配信システム、顧客管理システムの構築、保守。お客様と打ち合わせてから行うシステムの改造もあります。javascript・PHPを使っての業務です。未経験で入社されている方もいます!

どのような社風・環境なのか?

main-image3
▼残業時間が少なく、平均帰社時間が18~19時。社員はプライベートも充実しています。
▼仕事の裁量の幅が広く、部署にとらわれず幅広く業務に取り組めます
▼職種は3ポスト、希望と面接結果によって配属先が決定します
▼高卒でも可能、未経験から様々なスキルを身につけられる

どのような人材を求めているのか?

■仕事の幅を広げていきたいという想いのある方
■素直で、前向きに物事に取り組める方
■わからない事に対しても、自ら考え、行動できる方

募集ポジション情報
募集ポジション 営業/販促/開発エンジニア
雇用形態 正社員
求める学歴 大学卒以上
勤務地 東京都
勤務時間 フレックスタイム制
※コアタイム 9:30~16:30
休日 完全週休2日制(土・日)・祝日、GW、夏季休暇、年末年始休暇、特別休暇(慶弔など)、出産・育児・介護休暇、有給休暇:10~20日(勤続年数による) 、年間休日120以上
給料 理論年収280万円
※算定条件
月収:大学院了 20万円/大学卒 20万円/高専卒 18万円/短大卒 18万円/専門学校卒 18万円、賞与年2回あり、通勤手当・残業手当あり
給与モデル
福利厚生 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
選考プロセス 一次選考:説明会/選考会(グループワーク)※説明会と選考会は別日程
二次選考:面接官(社長面接)
何をやっている会社なのか?
私たち、アプトは2004年に創業した製造業向けのマーケティング・セールスを支援するクラウドサービスを提供している会社です。10周年を超えた節目となる時期に、事務所を九段下から東京・八重洲に移して新たなスタートをしたばかり。

私はセンサーメーカーであるキーエンスに入社した6年後に、弊社で取締役を務める秋山と共にエンジニア向け検索サイト「イプロス」を立ち上げました。日本の製造業における、“ものづくり”は優れているものの、マーケティングやセールスの分野では遅れている部分がありました。そこで、自分たちが技術立国である日本の製造業を支援したいという熱い思いを持ってスタート。その後スピンアウトして、【Webフォームサービス】【メールマーケティングサービス】【営業支援サービス】という3つの柱を軸に、顧客データベースを活用。売れる3つのステップを提案した結果、お客様から高評価をいただき、成長を続けています。これまでに導入いただいたお客様の数は500社を超えて、今、アプトは転換期に突入しています。

企業情報
企業名 株式会社アプト
業界 情報通信・インターネット業界
本社住所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル8F
代表者氏名 山口 政弘
従業員数 7名
設立年 2004年
資本金 2.6百万円
売上高 非公開
staff
スタッフからのコメント
2014年に創業以来初となる新卒社員の募集を開始し、今年で3回目。これから会社のDNAをつくり、会社の土台を形づくってくれる若い力を求めています。一緒に働きたいと思い描く理想の人物像は、自ら仕事を探して積極的に取り組める方。
私たちは、少数精鋭で職種や部署などの枠にとらわれず、幅広い業務にチャレンジしなければなりません。そのとき、ただ“指示待ち”の人では、お客様のお役に立つのが難しいと考えるからです。また、私たちが提供するのはお客様の売上げにつなげるための重要なシステム。常に成果を意識できる方のほうが、この仕事には向いていると思います。
今はまだ日本を中心に営業活動を進めていきます。しかし提供しているシステムのマルチ言語対応化は既に終えているので、いずれ中国をはじめとする、東アジアや東南アジアを中心に世界へと活躍の場を広げていきたいと考えています。今後も仕事を通じて“成長していく”をモットーに掲げて、みなさんと共に日本の製造業の発展に役に立つことを目標としています。ぜひより多くの方とお会いできるのを楽しみにしております。