既卒が求人情報を集める方法おすすめ4選!

既卒が求人情報を集める方法おすすめ4選!

公開日:2018/07/18

「そもそも既卒ってどうやって求人を探せばいいんだろう……」とお悩みの方。既卒の方が求人を知るにはさまざまな方法があります。ここでは4つの方法をご紹介し、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えしていきます!

既卒で就職活動をしている方、必見です!

既卒が求人を知るには

uzuz_既卒が求人を知るには
新卒の頃の就活といえば、マイナビやリクナビなどに登録して合同説明会に参加したり色々な企業にエントリーを出したりしていましたよね。実は、既卒が求人を知る方法は新卒の頃とちょっと変わってくるんです。

ここで紹介する4つの方法から、自分に合う方法を見つけて就活を成功させましょう!

方法その1:人材紹介会社を使う

人材紹介会社(エージェント)とは、就職を希望する方からあらかじめ登録を受けた上で、求人企業への紹介を行う会社の事です。主にCA(キャリアアドバイザー)と呼ばれる専任のカウンセラーが登録者の希望する職種や業種を把握し、適性を見極めた上でその方に適した求人を紹介してくれます。

人材紹介会社を使うメリット

人材紹介会社のメリットはいくつかあります。まずは一人で就職活動をやらなくていいという点。人材紹介会社を利用すれば、求人の選定から応募、書類の添削、面接日程調整、時には面接対策などを人材紹介会社側が行うため、利用する方は日程を空けその日に面接に行くだけになります。自分だけで行うよりはるかに楽です。

また、カウンセラーからアドバイスをもらえるのも人材紹介会社を利用するメリットと言えるでしょう。その会社の特徴やこれまで入った方がどのような方々だったのか、面接のポイントや求人のメリット・デメリットまで、求人情報を見ただけでは得られない情報を得る事ができます。

人材紹介会社を使うデメリット

人材紹介会社のデメリットとして、紹介される求人数に限りがあるという点が挙げられます。求人サイトであれば数多くの求人に触れる事ができますが、人材紹介会社は一般的に求人サイトより求人数が少なく、さらにそこから選定して紹介しているため求人サイトほど多くの求人を用意する事ができません。

また、年齢や性別、性格など様々な要因から担当カウンセラーと相性が合わないというケースもあります。人材紹介会社を使う場合、カウンセラーと協力して就職活動をしていく事が必要不可欠になるので、どうしても合わないと感じた場合には担当を変える事も一つの手です。

既卒におすすめの人材紹介会社

ここでは既卒に特化した人材紹介会社のサービスを7つご紹介します。

株式会社UZUZ

首都圏での就業をお考えならUZUZ!

UZUZは既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスです。平均20時間以上のカウンセリングや面接対策を行い、二人三脚で皆さんを内定まで徹底的にサポートしています。

既卒もしくは第二新卒を経験したカウンセラーがいるので、同じ悩みを共有する事が出来ます。登録者の距離が違いのも特徴で、就職活動に関する話でもそれ以外の話でも、何でも相談することができます!

詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

既卒・第二新卒の就活なら→既卒・短期離職でも大丈夫! 徹底サポートで入社後の定着率93%のUZUZ!

株式会社UZUZ:ウズウズカレッジ

お次もUZUZが運営する次世代型就活サービスウズウズカレッジ

未経験者向けの研修型就活サービスであり、通称「ウズカレ」です。平均4週間のサポートで内定率は何と驚異の90%超え。コースは「ITエンジニアコース」「プラグラマーコース」「マーケティングコース」の全3種類で、書類添削や面接対策はもちろん、ビジネスマナーや実務に直結する事柄を幅広く学ぶことができます。

入社後の定着率も95%以上と長く安定的に働きたい方には非常におすすめです。

既卒の就職活動は孤独になりがちですが、ウズウズカレッジには皆さんと同じ立場で就活を行う仲間がいます。切磋琢磨しながら就活に取り組みたい方にはぴったりのサービスといえるでしょう。

未経験から手に職付けた仕事がしたい!そんな方はコチラ→ITエンジニア・プログラミング・マーケティングを無料で学べて就職できる!?話題沸騰中のウズウズカレッジについて知りたい!

ブラッシュアップジャパン株式会社:いい就職.com

ブラッシュアップジャパンが運営するいい就職.com。

既卒者支援に実績のある人材紹介会社です。未経験者可能な求人を多く揃えており、既卒者に向けた就職セミナーや個別での相談会も定期的に開催しています。これから就職活動を始めるという方にも丁寧に対応してくれますので、一度利用してみると良いと思います。

株式会社JAIC:JAIC営業カレッジ

JAICが運営するJAIC営業カレッジ。

営業に特化した人材紹介会社です。ビジネスマナーや就職ノウハウを教えてくれるのはもちろんですが、JAICの特徴は何と言っても営業体験。実際に名刺交換をしたり、商品を持って飛び込みで営業を行うなど、仕事が始まったら必要となってくる業務をあらかじめ体験する事が出来ます。営業として就職したいという方に適した人材紹介会社です。

株式会社マイナビ:マイナビジョブ20’s

マイナビが運営しているマイナビジョブ20’s。

20代に特化した人材紹介会社ですので、もちろん既卒の方も利用する事が出来ます。東京だけでなく名古屋や大阪でも定期的にセミナーを開催しているのも魅力の一つ。サイトにも20代の転職ノウハウが細かく掲載されており、とても分かりやすいです。

株式会社リクルートキャリア:就職ショップ

リクルートキャリアが運営する就職ショップ。

20代に特化した人材紹介会社で、地元に特化した中小企業の求人も多くあるのが特徴です。また千葉や埼玉、大阪や兵庫、京都などに店舗を構えており、東京でなくても利用が可能です。少人数セミナーや相談会も行っているので、安心して就職活動に臨む事ができます。

方法その2:求人サイトを使う

求人サイトとは、一般的にオンライン上で企業側が求人を掲載し、求職者側が応募をするサイトの事を言います。

求人情報はもちろん、就職活動のノウハウを提供してくれるサイトもあります。求人自体は会員登録をしなくても見られるケースが多いですが、応募をする場合には会員登録をした後に選考を進めていく事になります。手軽に求人情報を手に入れる事ができるため、就職活動の際の手段として広く普及しています。

求人サイトを使うメリット

求人サイトを使うメリットは何と言っても数多くの求人情報に触れられるという点です。

効率的にたくさんの求人を見る事が出来るので「たくさんの求人に触れたい」という既卒の方にとってはうってつけですね。また、求人サイトは多種多様で、それぞれに特徴があります。業種や職種・年齢・地域など、それぞれ強みとなるポイントが分かれているので、目的に合わせて使い分ける事もできます。

求人サイトを使うデメリット

求人サイトを使うデメリットは全てを自分一人で行わなくてはならないという点です。

誰もアドバイスしてくれる人はいないので、求人の応募から面接までの日程調整などのやり取り、下準備なども全て自分で行う必要があります。また、求人を多く受けてしまっている場合、選考日程調整に追われ何が何だか分からなくなり上手くいかない、という話はよく聞きます。

また、掲載されている情報以外を知る事が難しいという点もデメリットに挙げられます。

求人情報サイトで自社のデメリットを書く企業はそうそういないため、どうしても記載してある良い点や魅力的な点にばかり目が行ってしまいがちです。求人サイトを使用する際にはその仕事のどのようなところが難しく、どのようなところが自分にとってデメリットになるのか複合的に考えた方がいいでしょう。

既卒におすすめの求人サイト

数ある求人サイトの中で「どれを使えば良いのか分からない」と思う既卒の方は多くいる事でしょう。ここでは既卒の方におすすめの求人サイトを8つご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートが支援する総合転職サイトです。

基本的には就業経験があり転職を考えている方向けのサイトですので全ての求人が既卒対象というわけではありませんが、人材業界最大手のリクルートが運営しているサイトだけあり求人数は豊富です。また、検索欄で「既卒」と検索すると既卒の方でも応募可能な求人を見る事が出来ます。さらに検索条件には「未経験者歓迎」を選択出来る項目もあるので、上手く組み合わせればより効率的に求人を探す事が出来ます。

リクナビダイレクト既卒版

リクナビダイレクト既卒版は、これまたリクルートが運営している就職サイトであり、その名の通り既卒に特化をした求人サイトです。

通常の求人サイトと違う点としては、自分で求人を探すのではなく、求職者が登録した情報を元にリクナビネクストがマッチした求人を送るという点です。面接を受ける前には訪問会という簡単な説明会を開催しているので、お互いを面接までによく知る事ができるメリットがあります。

マイナビエージェント

マイナビ転職はマイナビが運営する総合転職サイトです。

上記のリクナビネクストに並ぶ転職サイトですので、求人数も豊富にあります。リクナビネクストと合わせて使っている方も多くいます。就職活動のノウハウはもちろん履歴書・職務経歴書・自己PR書のサンプルなど数多く掲載されているので、書類を作成する際にも力になるサイトです。

エン転職

エン転職はエン・ジャパンが運営している総合転職サイトです。

リクナビやマイナビに比べると求人数は減りますが、業界初の求人の口コミ情報を載せるなど求職者目線に立ったサービスが特徴です。またエン・ジャパンはエン転職WOMANという女性に特化をしたサイトも運営しており、女性の方はこちらも見てみるといいと思います。

@type

@typeはキャリアデザインセンターが運営する総合転職サイトです。

@typeは「転職理由発見くん」「適職タイプ診断テスト」など自己分析ツールが豊富。これからどんな仕事を選んでいけばいいのか迷っている既卒の方も利用してみるといいかもしれません。また@typeは女性の転職に非常に強く、女の転職@typeというサイトも運営しています。女性の方は合わせてこちらも見ておくといいでしょう。

はたらいく

はたらいくはリクルートが運営する求人サイトです。

はたらいくは地元で働きたい求職者向けのサイトであり、地方に特化した求人がほかのサイトよりも多く掲載されています。地元で就職する事を考えている方は利用してみると良いでしょう。

方法その3:ハローワークを使う

ハローワークは公共職業安定所であり、国民に安定した雇用機会を確保することを目的として設置された行政機関です。国の機関というだけあって、全国どこの都道府県でもサービスを受ける事ができます。

ハローワークを使うメリット

まずは圧倒的な求人数が挙げられます。ハローワークは基本的に掲載が無料のため、数多くの求人が登録されており、求職者の方はその豊富なデータから求人を調べる事ができます。

また地方に特化した中小企業が数多くあるのも利点の一つです。中小企業の中には、会社そのものは優良企業だったとしても、採用にかけるコストがなかったり知名度がないと言った理由で採用に苦戦する企業が多くあります。ハローワークは掲載無料のため、リクナビやマイナビといった大手人材サービスが扱っていない企業に出会える可能性があります。

ハローワークを使うデメリット

デメリットはまずハローワークの方が求人全てを把握している訳ではないという事です。上記にも記載した通り、ハローワークの求人数はあまりにも膨大で、ハローワークの方もその全てを理解する事は不可能です。また、あくまで求人情報のみの紹介となりまるので、基本的に企業の内情まで詳細に知る事は難しいです。

求人全てが有効求人ではないという点もデメリットと言えるでしょう。確かに求人数は多いですが、中には既に採用を終了しているのに求人が掲載されたままになっていたり、掲載が無料だからとりあえず出した、なんて企業もあるのが事実です。

方法その4:大学のキャリアセンターを使う

どの大学にも必ずあるのがキャリアセンターと呼ばれる就職支援課。大学にあるのであまり肩肘を張らずに利用する事が出来ます。大体どこの大学にも相談員の方が数人在籍しているので、いつでも相談に乗ってもらう事ができます。

大学のキャリアセンターを使うメリット

先輩達の活動履歴に触れることができます。大学のキャリアセンターには先輩達体験談をまとめた資料や、どのような学生がどのような企業に入社をしたのか知る事ができます。情報収集するにはとても良い機関であると言えます。

模擬面接を行ってくれる点もメリットであると言えるでしょう。選考を受けるには面接は避けては通れない道です。面接は数をこなさなくては上うまくならないので、その練習にもなりますし、職員の方からフィードバックももらう事ができます。

求人情報を閲覧する事が出来る点もメリットです。キャリアセンターでは求人の紹介も行っています。その求人の多くは企業がわざわざ大学に持ってきた求人であり、学校経由で受ける事ができます。その学校の生徒だという事で有利になる可能性もあり、内定を獲得出来る確率が高まります。

大学のキャリアセンターを使うデメリット

そもそもという話になってしまいますが、既卒が利用出来るかどうか分からないという点はデメリットでしょう。恐らく利用はできるのですが、大学のキャリアセンターはあくまでも在学中の生徒がサポートの中心です。そのため新卒の学生ほど手厚いサポートをしてくれるかは正直何とも言えません。

大学のキャリアセンターの方が既卒に関して知識がない可能性があるという点もデメリットですね。こちらも上記に書いた事と似ていますが、職員の方はあくまでも在学中の新卒に特化したサポートを行っている方々です。既卒就活の動き方や求人の探し方など、おおよそで教えてくれたとしても詳細までは知らないケースがほとんどです。

最後に

uzuz_就職活動の方法を探す人
自分に適した就職活動の方法は見つかりましたか?

もしこの記事を読んだだけでは自分に適した就職活動の方法がわからないという方は、一度UZUZに相談しにきてください。UZUZは、完全無料で求職者の方のお悩み相談を受け付けています!

就職支援を受ける受けないに関わらず「まずは相談だけしたい」という方もOKです! お気軽にご連絡くださいね。

▼求人情報を集めた後は、こちらもチェック
既卒が「良い求人」を見つけて就活を成功させる方法を真剣に考えてみた

▼求人票の正しい見方がわからない人へ
既卒必見!求人票でチェックするべき4つのポイント

▼就活が終わらない?そんな人はこちら
良い求人がない!?就活が長期化してしまう既卒の特徴をまとめてみた

▼既卒で挑戦できる職種を教えます!
既卒がバリバリ活躍できる求人を4つまとめてみた!