第二新卒が絶対にやってはならない「なんとなく」での転職

第二新卒が絶対にやってはならない「なんとなく」での転職

公開日:2018/05/18  最終更新日:2018/05/22

UZUZで就活したとある就職成功者の話を元に、なぜその第二新卒・既卒の就活がうまくいったのか「要因」を探るシリーズ記事です。最後となる第十弾では、「なんとなく」で前職を退職した第二新卒が、どのようにして内定をもらうかに焦点を当てています。

第九弾の記事はこちら→一日でも早く気づくべき、公務員志望者が陥りやすい“落とし穴”

厚生労働省の発表によると、大卒で就職した約30パーセントが3年以内に退職しています。これは、3人に1人が「第二新卒」になる状況です。第二新卒が就職活動で苦労する理由も、ここにありそうです。

大学卒業後なんの問題もない生活を送っていたAさんの話を元に、「なんとなく退職」の危険性を考えていきましょう。

第二新卒が陥る「なんとなく」のワナ

Aさんは大学卒業後、幼稚園の教諭に就職。しかし2年経ったある時、「なんとなく」違和感を覚え転職を決意しました。しかしこの「なんとなく」がクセモノ。最終的に内定は獲得したものの、大きな苦戦を強いられる要因となりました。
 
第二新卒が就職活動で苦戦する最大の原因は、ズバリ「なんとなく」。「うまく言えないけど、なんとなくマズイと感じました」と面談で話してしまう人も少なくありません。しかし企業は、なんとなく退職した人間に対して「ウチでもなんとなく辞めてしまうのでは」と思ってしまうもの。売り手市場であっても、そうした第二新卒は敬遠されてしまうでしょう。

女子会で覚えた「違和感」

Aさんは小さな頃からピアニストを目指し、アメリカ留学も経験。ピアニストへの夢こそ破れたものの、ピアノの能力と英語を活かせる「幼稚園の英語教師」という仕事に就きました。
 
幼稚園の先生はやりがいも大きく、彼女にとって不満の無い職場でした。しかし働き始めて2年が経ったある日、大学の旧友たちとの女子会で「話が噛み合わない」と違和感を覚えたのです。
 
部署異動の話、昇給の話、合併の話…。女子会に参加している友人は全員がOLでした。会話についていけなくなったAさんは、次第に友人たちが輝いて見えるように。「このまま幼稚園の先生を続けてもいいのか」「もっと挑戦できる仕事があるのでは」と思い悩むようになりました。
 
帰省の際、両親に悩みを打ち明けたAさんは、父親から「チャンスがあるなら企業に勤めてみるのもいい」とアドバイスを受け転職を決意。就職活動へ挑むことにしました。しかし、Aさんは面接のための事前準備で大苦戦することになります。「なぜOL(事務職)として働きたいのか」という「なぜ」の部分を、うまく説明することができなかったのです。

面接官に、採用する根拠を与えよ

苦戦を繰り返す中で、Aさんは対策の必要性を痛感。面接対策へのフィードバックをもらうことを繰り返し、徐々に回答の質を高めていきました。
 
そしてAさんは、ようやく幼稚園教諭からOLを志す動機の言語化に成功。「相手に合わせた、仕事としてのコミュニケーション能力を身につけたい」「数字や成果を達成するためのチカラを身につけたい」という結論に至ります。「なぜ」を明確化にできたことが大きな収穫となり、Aさんは見事にIT企業の事務職に内定を得ました。

Aさんのように「なんとなく」転職活動を始めてから苦戦する方は、決して少なくありません。転職を志すということは、ある会社に自分を売り込むということ。売り手市場とはいえ、人事には面接を通過させる理由が必要です。「なんとなく」では、面接官である彼らが困ってしまうのです。

第二新卒である以上、キャリア採用者に比べれば過大な期待はかけられていません。とはいえ、全く理由のない採用を行なうこともあり得ません。Aさんのように異業種からの転職であるならば、「その業界に移ってくる動機」がとても重要です。「なんとなく」は、転職活動において厳禁だと肝に銘じましょう。

UZUZのような就職エージェントなら、「なんとなく」の転職理由から皆さんが納得できる転職理由を見つけるお手伝いができます。就活に行き詰まっていたり、自分の方向性が分からなくなっているなら、一度キャリア相談してみるのも手です。

エージェントの種類は多く、それぞれに特長があります。UZUZの場合は以下のような「ウリ」があります。

  • 20代の既卒・第二新卒の就職支援に強み
  • 集団型就活サービス「ウズウズカレッジ」で仲間と就活することもできる
  • 平均20時間以上の
  • 面接対策
  • 内定率は83%
  • 内定後の企業定着率は90%以上

いくつかエージェントを使ってみて、自分に合ったところを見つけましょう。UZUZもすべて無料で利用できますので、こちらのリンクより詳細をチェックしてみてください!