営業に転職しよう!女性らしさをいかして働ける業界はどこ?

営業に転職しよう!女性らしさをいかして働ける業界はどこ?

結婚や出産などによってライフスタイルが変わりやすく、長期のお休みを取ることもある女性にとって、向いていないとされてきた「営業職」。

しかし、顧客の求めるサービスや商品が多用化し、売り手市場ではなくなってくるとともに、女性特有のしなやかさが、営業職に合っていると高く評価されるようになってきました。

今、営業職は、ライフスタイルに合わせて働け、キャリアアップにもつながる職種だと女性の転職先として注目を集め始めています。今回は、女性らしさをいかして働ける「営業」への転職を取り上げていきます。

営業職とは?

uzuz_shutterstock_124923566
営業とは、その会社の事業を売り込みにいく、収益の要となる存在です。すでに自社にあるサービスや開発物品の販路を確立したり、どんなものが求められているのか調査して、企画や開発部に伝えたりする役割を担っています。

理系よりも文系出身者が多いイメージもあるかもしれませんが、データを元に分析をして顧客と接したり、提示された金額で利益がでるかどうかを瞬時に判断したりと、理系の得意とする数字を扱うことも多い職種です。

顧客対応がメインの仕事となるため、外出する機会も多く、接待も重要な仕事の1つです。

また、“何度も足繁く通うことがよきこと”とされてきたこれまでの営業職は、体力勝負。どれだけ、お客さんにお付き合いできたかで、成果が変わってくるような職種でした。そのため、営業は体育会系肉体仕事として、女性が活躍することは“珍しい”とされてきました。

しかし、今は女性の営業担当者も増加傾向にあり、“女性ならでは”の気遣いや感性が営業に向いている、とさえいわれるようになってきています。

それは、営業という仕事が「これを買ってください!」と売りに行くスタイルから、顧客に合わせて柔軟に対応するスタイルに変わってきたことが背景にあるようです。

そもそも営業職は、細やかな気配りによって、顧客満足度を高め、販促活動を行う役目があります。

男性よりも女性のほうが、相手の求めることを察知し提案するための高いスキルをもっている傾向にあるため、女性が営業職に向いているというのもある意味当然なのです。

「営業は、男性の仕事だから、私には無理……。」と思っていた人も、今後はどんどん挑戦できる職種になっていくことが予想されているので、営業職を目指していきましょう!

女性が営業職で活躍している業界

uzuz_shutterstock_363900668
現在、女性が営業職で活躍している業界は、女性向けの商品を扱う化粧品・下着業界や生活に直結するようなサービス、商品を販売する保険・教育・車・住宅業界などです。

生活に直結するサービスや商品は、購入の決定権を女性が強くもつことが多いため、営業職に女性もたくさん起用されています。

また、さまざまな人がかかわっているため、コミュニケーションが重要とされているIT業界においても、女性営業担当を求める声が高まっています。ディレクターや営業を細かな部分まで気を配れる女性が担うことで、円滑にプロジェクトが遂行できるためです。

BtoBの営業でも、女性のもつスキルをいかせますが、特にBtoCのビジネスでその手腕が発揮されるという意見も強く聞かれるため、購入する顧客に直結する業界に女性の営業が多いようです。

    <女性が営業で活躍している業界>

  • 女性向け商品(化粧品・下着など)業界
  • 保険業界
  • 教育業界
  • 車関連業界
  • 住宅業界

キャリアアップを考えたら「営業」がいい

uzuz_shutterstock_104881961
実はキャリアアップの面でも、「営業職」を経験しておくことは、プラスにつながります。

営業は、プロジェクトや製品・サービス販売の流れをチェックしながら、日々の仕事をこなしていきます。そのため、全体の流れを意識して、顧客と接する経験によって、マネジメント力などの、ステップアップに必要なスキルが身についていくのです。

また、現場でしかわからない、顧客の細かな希望や「こうだったらいいのにな」という声を拾って、新しいことを提案する力もつけることができます。他にも、スケジュールを調整する能力やコミュニケーションスキルもアップしていきます。

営業は、会社の顔です。前線に立って、会社を引っ張っていく存在となるため、営業を経験していると独立するときにも、自分の力で事業を進めていくことが可能です。営業ができなければ、どんなにいい事業を始めたとしても、すぐに経営が成り立たなくなってしまします。反対に、事業自体がまだ未熟な状態でも、上手に営業ができればうまく進むこともあります。

ライフスタイルの変化が働き方に大きく影響を及ぼすことが多い女性にとって、自分の力で仕事を進めていける力がつけられる「営業職」は、キャリアアップのためにも魅力的な職種なのです。

営業職はライフスタイルの変化に合わせられる

uzuz_shutterstock_331881575
「営業は時間的拘束が長く家に帰る時間も遅くなるから、結婚や出産をした女性には無理だろう」という考え方は「古い」と言われてしまうものとなってきています。

営業は、自分でスケジュール管理ができるため、ワークライフバランスも取りやすい職種として、見直されるようになってきました。

営業職は、常に求人がかかっている職種です。常に募集があるということは、結婚や出産を機に一度退職した女性でも復職しやすい環境があるといえます。

ワーキングママや主婦の活躍

ワーキングマザーは、子どもの送迎時間があるため、長時間働くことはできません。

しかし、その分限られた時間のなかで「どう働けば成果を上げられるのか」「どの仕組みを変えれば、うまく仕事を回せるようになるか」といったことを常に意識しています。そのため、営業職全体の効率化が進み、成果アップにつながることも少なくありません。

また、“主婦だからこそ”、“ママだからこそ”の視点で考えられることで、購入者の立場にたった提案ができます。女性向け商品や妻であり母であり女性に決定権がある商品・サービスを扱う業界で、女性営業のニーズが高いのもこのためです。

まとめ

今の時代は女性“でも”営業ができるではありません。女性“だからこそ”営業職へ転職すべき、だといえます。

とはいえ、これまでの営業へのイメージや離職率の高さから不安があるという人も多いかもしれません。不安や悩みを抱えているときには、転職のプロであるキャリアカウンセラーに相談してみましょう!あなたの転職の大きな味方となってくれるはずです。

キャリアアップのためにも、ライフスタイルの変化に対応するためにも、営業への転職も検討してみてくださいね。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む