研究職以外はどう!?理系の大学院卒の就職は有利?不利?

研究職以外はどう!?理系の大学院卒の就職は有利?不利?

理系の大学院を出ることは、就職に有利といわれることも、不利とされることもありますが、実際のところ、理系の学生が大学院を出ると就職活動の場では有利・不利、どちらに働くのでしょうか。

理系の院生の就職では、有利な職種もあるのは本当です。しかし、院生が多く採用されている企業でも、”人物本位”で選ばれているケースも多くみられます。ここでは、どんな就職で有利になり、どこで不利になるのか、対応策も含めてご紹介します。

大手メーカーの研究職は「院卒」が圧倒的に有利

shutterstock_287596466

理系職の中で大学院生が圧倒的に有利とされるのが、工学系の院生を中心とする大手メーカーの研究職での採用です。企業によっては研究職の採用条件を修士以上と規定しているケースも見られます。大手企業の研究職を目指すなら修士は必須という考えが広まっていることから、研究職を目指す学生の多くは大学院へ進学し、研究職は学校推薦で決まることも多いのです。

専攻している分野での就職では、修士を中心に院生であることで職種の選択肢が増える可能性が高いので、院生は有利ともいえるでしょう。

理系の院生が有利な文系職

shutterstock_97347020

文系職の中でもコンサルティングファームや金融、総合商社は、理系の就職者が増えているといわれている業界です。

理系の学生は論理的な思考力や問題解決能力が高いとされ、特にコンサルタントの仕事は親和性が高いとされています。また、外資系の企業では文系と理系の就職における区別がないとされ、コンサルティングファームや金融では、理系出身者の数字への強さも好まれる要因です。

コンサルティングファームや商社では、扱う商材によっては専門分野を活かすことも可能です。外資系のコンサルティングファームや金融、総合商社ともに激務が続くことが多い業界ですので、研究室にこもって研究に集中して打ち込んでいたことも、評価されるポイントとなります。また、外資系企業では修士という学歴自体もアピールできます。

文系の学生は文系の仕事にしか就けないことが多いですが、理系の中でも特に院生は、専門分野以外でも有利な就職があるのです。理系の学生が幅広い分野の職種に挑戦することが一般化してきていますので、理系院生の文系職への就職は今後も増えていくことが予想されます。

幅広い業界や職種にチャレンジできることで、「理系の院生は就活に有利だ」と考えることもできるでしょう。

学部生と院生は同じ土俵で勝負

shutterstock_156617378

では、メーカーの研究職などを除くと、院生と学部生のどちらが有利、あるいは不利というのはあるのでしょうか。

理系の学生の間では、修士が就職に有利とされ、研究職を目指すわけではなくても、「理系なら院までいかないとよい就職ができない」と考える人もいらっしゃいます。

しかし、実際には多くの企業では院卒が有利ということはなく、同じライン・土俵での勝負とされています。院生の採用が多い企業であっても、単に優秀な学生が院生に多いため、院生中心の採用を結果として行っているケースもあるのです。

つまり、院生だから採用されているのではなく、人物重視での採用活動が行われた結果ということなのです。「院生だから(大丈夫、なんとかなる)」、とあぐらを買いていると、なかなか就職先が決まらないことも危惧されるので気をつけるようにしましょう。

院卒に対して懸念されるポイントは

shutterstock_148111325

一方で企業によっては、学部生が好まれることがあります。院生は不利となる状況ですが、院生<学部生となるには、どういった理由が挙げられるのでしょうか。

院生は大学時代を含めて、一つの分野の研究に修士の人で6年間携わっています。そのため、研究に没頭したことで視野が狭くなり「専門性の高さ=柔軟性の低さ」と捉えられて、幅広い仕事を頼みにくいのでないかと懸念されることがあるのです。

では、「柔軟性がない」と採用担当者にみなされないためには、どうしたらよいのでしょうか。

採用担当者にアピールできる場は、エントリーシートと面接です。面接で臨機応変な対応ができれば、社会性の高さもアピールできます。

なかには、理系の院生では学校推薦で就職が決まるケースも多いことから、「推薦があれば落ちることはないだろう」と面接対策を十分に行っていない人も見られます。しかし、就職活動では面接は必須の項目。それにも関わらず、「面接の準備をしていない」というのは、それだけでも企業側にとってみれば、柔軟性がない、あるいは社会性がないと受け取るポイントです。

しかも、院生は学部生と比べて2歳以上年上ですので、年齢相応のしっかりとした受け答えができることも当然とされます。同レベル程度の感触の院生と学部生がいれば、給料が学年相応分安く、会社のカラーに染まりやすい学部生が選ばれることも多いのです。

このような状況では院生は不利になりがちですが、学部生よりも2年以上多く学生として過ごしてきたマイナスにもなりやすい点をアピールポイントとして活かすようにしましょう。大学院に進んだことでハードルが上がり、企業側には当然に「2年以上学生を続けた付加価値」を求められます。その付加価値=アピールポイントにしていくことでより有利に働くようにすることが必要です。

院生が学部生よりもアピールできることとは

shutterstock_85474693

院卒生が就職活動で最もアピールしやすいことは、これまでの研究の成果です。専門分野に対する研究内容は学部生の比ではありません。専攻と関連のない分野への就職であっても、これまでの研究内容は理系の院生が聞かれることが多い内容です。

学部生に比べて、深く話せることは院生が評価されるポイントですが、専攻分野について詳しい知識がない人にわかりやすく伝えなければなりません。専門知識のない面接官に研究成果が上手く伝えられればプレゼンテーション能力もアピールできます。

院生は就職にかける時間が取りにくいことで、十分な準備ができないまま就職活動に臨んでいることも、就職を不利にする理由です。忙しい院生だからこそ、時間をうまく使って、業界研究や企業研究、自己分析や面接対策にかける時間を確保し、アピールポイントとして活用できるようにすれば、有利になる可能性もあります。多忙な時こそ、効率的に進められるようアピールすべきポイントを絞って準備することが大切です。

まとめ

理系の院生は、専攻分野で研究職を目指すのであれば圧倒的に有利です。また、他の職種では大きな優位性はないものの、「断然不利」という状況ではありません。院生を好む企業、学部生を好む企業の違いはあるものの、人物本位の採用とする企業が多いためです。

  • これまでの研究成果をわかりやすく伝える。
  • 柔軟性とコミュニケーション能力をアピールできるよう、面接の練習をしておく。

上記の2点を意識するだけで、理系の院生の中でも修士では本来就職活動で不利になるようなことはありません。しかし、修士で2年、博士で5年もの期間、時間と学費を掛けて大学院に行った意味が、企業の採用担当者が見いだせないようであれば、就職活動は不利なものとなります。

ウズキャリでは、あなたが学んできた理系分野の専門性を活かすことができる求人をご紹介しています。理系専門キャリアカウンセラーによる無料の個別就活サポートなので、求人紹介の精度が高いだけでなく、最短での内定獲得を目指せるのが特徴です。

また、平均20時間を超えるキャリアカウンセリングを通じて仕事選びの条件だけではなく、あなたの性格や長所/短所、将来のキャリアプランを考慮することで高い定着率(累計実績:93%)も実現しています。

  • 自分は知らないけど理系を積極採用している優良企業を知りたい
  • 勉強には自信があるけど、面接がとにかく苦手なので克服したい
  • 中退/留年してしまったけど、やはり理系として専門性が身に付く仕事がしたい

このような方は「ウズキャリ理系」の無料就活サポートを有効活用して、希望の仕事での就職を目指しましょう!

▼18卒(新卒)の方はこちら
18卒&17卒の理系新卒必見!就活時のポイントとおすすめしたい就職サービスをご紹介!

▼未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

▼理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む