2ヶ月の短期離職&2年間ブランク!なのに大手広告会社の営業職に就職できたのはなぜ?

2ヶ月の短期離職&2年間ブランク!なのに大手広告会社の営業職に就職できたのはなぜ?

公開日:2017/01/24  最終更新日:2018/06/13

2ヶ月という短期離職ののち、2年間のブランクを経て大手広告会社に入社を果たした方をご紹介します。

内定者プロフィール

shutterstock_384995536
名前:Kさん(男性)
年齢:24歳
見た目:爽やかな容姿で身長180cm以上
出身:大阪府
経歴:関西大学経済学部を卒業後、通信事業をメインとする会社に営業職として就職

なぜ短期離職に?Kさんの退職理由

Kさんは対個人向けインターネット回線の提案営業を行っていました。いわゆるBtoCと呼ばれる営業であり、飛び込み訪問数は1日200件ほど。なかなかに多い数です。

セキュリティが厳しくそう簡単に入ることができないマンションに出くわしたとき、Kさんは以下のような方法を試していたと言います。

まず1階で訪問先に電話し、「先日当ビルの回線工事を行いましたが、管理人の方から伺っていますでしょうか。簡単な点検をさせて頂いても宜しいでしょうか」と話します。その後無事にマンション内に入ったのち、全てのフロアのインターフォンを押して回るという営業方法です。

いささか強引な営業方法であったため、Kさんはすっかり嫌気がさしてしまい、2ヶ月という短期間で離職を決意しました。

2ヶ月短期離職よりも問題だったのは約2年のブランク期間

と、ここまではいいのですが、Kさんには短期離職した後2年弱のブランク期間がありました。

退職後実家に帰省し、保育園の先生(アルバイト)→知り合いのお爺ちゃんの介護→海外留学の準備などなど、転々とした毎日を過ごします。結局金銭面で留学に行くことが難しくなり、再就職を希望しUZUZを訪れました。

Kさんには転職活動の際、当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』をご利用していただきました。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

約2年のブランク期間をもろともせず大手企業で内定!

shutterstock_116233960
UZUZの場合、面談から内定までにかかる日数はおおよそ1.5か月ほどです。ですがKさんの場合、初期面談から内定までの期間がなんとたったの9日間!しかも内定先企業は2000名以上の規模を誇る広告会社です。Kさんはそちらの広告会社で営業職としてのキャリアを獲得しました。

短期離職&ブランク期間でもKさんが内定を獲得できた理由

  • 現状をしっかりと理解し、正直な自分を伝えた
  • アドバイスを受入れて自分のメッセージを伝えられるように練習をした

上記2点があげられるか思います。

ブランク期間がある場合、面接では必ず「この間仕事しないで何をしていたの?」とつつかれます。ですのでKさんには、決して言い訳がましくないように伝える点を意識していただきました。

第二新卒・既卒の方も現在の状態に至るまで色々な言い分があると思います。しかし、「すぐに戦力にならないなら22歳の新卒の方がいいかもね」と思っている面接官がいることも事実です。等身大の自分を見つめて、良い点を掘り出して伝えられるようにしていきたいですね。

Kさんのように第二新卒で転職活動をスタートし、短期間で内定をGETした方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
職歴1年でITコンサルタント職に1週間で内定!その理由とは?
第二新卒ナビの評判|ディーラーからメーカー営業へ!2週間のスピード転職物語