面接対策|就職活動の身だしなみPart②

面接対策|就職活動の身だしなみPart②
第二新卒の転職活動なら第二新卒ナビ

3. 靴・パンプス

就職活動は歩く時間が長いですよね。駅から面接会場に行って、また帰って。
さらには合同説明会に参加したら、一日中歩き通し。
ですので、男性も女性もココでは疲れにくいものがいいでしょう。
男性は、黒のストレートチップのものが定番なので、そこを押さえましょう。
後はプレーントゥなども、シンプルです。くれぐれも茶色はやめておいてください。

女性の場合は、ヒールの高さが3〜5センチのものが最適です。
色は黒か紺シンプルなものにしましょう。

男性も女性も、靴の汚れには気をつけてください。靴が汚い人間は信用できないということわざもあるくらいです。
出かける前にはきちんと手入れをして、面接に臨んでください!

PA151564resize_

4. コート

コートに関しては特別書くことはありませんが。(だったら書くなよ、なんて言わないでくださいね)
基本的には、派手でない色のものを選びましょう。そういった意味でも、男性でしたらやはり黒や紺、
グレー
などがイメージ出来ますよね。女性も柄のない落ち着いた色のものにしましょう。

もちろん、コートを着ていても、会社の前に着いたら脱ぎますよね。そして面接の部屋に着いたら、
バッグの上に置いておくというマナーを忘れないでください。

PA151541resize_

5. 小物類(バッグ・ベルト・靴下・タイピン)

バッグは革製やビニール製など種類は色々あるので、その中で就職活動用のものチョイスすれば1番いいでしょう。
お店の人に聞いてみたら、説明してくれると思います。A4サイズの書類が入るか、床に置いた時に自立するかもチェックポイントです。
バッグに関しての注意点ですが、リュックはやめましょう。また、肩掛けベルトが付いているものもありますが、
肩からかけるのは見た目が良くないと思われる場合があるので避けましょう。

ベルトは革製のフォーマルなものにして、スーツを買う際に一緒に購入するのがいいですね。もちろん黒が定番です。
間違っても柄物、白ベルトなんてものを身に付けてはいけません。

男性でたまに間違ってしまうのは靴下です。白い靴下を履く方がいますが、それはビジネスにおいてはNGです。
靴下は、基本的にはスーツの色に合わせるのがいいと思います。つまり、黒や紺ですね。
椅子に座った際に見えることもあるので、無地のものがいいですね。

タイピンは、そもそもネクタイが揺れたりしないために付けるもの。なので、シンプルで飾り気の無いものにしましょう。

PA151542resize_

6. ネクタイ

ネクタイは迷い所です。スーツの色や柄に差の無い就職活動において、ネクタイの色や柄は、その人の雰囲気すら作り出しますから。
基本的な情報はココで確認して、後は自分に合うものをお店の人と探してみてはいかがでしょうか。

ネクタイを買う際の柄は、

①ストライプ⇒若々しくすっきりとした印象
②ドット柄⇒落ち着きや品を与える
③チェック⇒知的で、胸元に印象を与える

のいずれかが定番のようです。
色に関しては各業界によって避けた方がいいものもあるのでココでは基本的なものを紹介します。

①ネイビー⇒誠実さや清潔感を伝えます。若々しく、フレッシュな印象で、就職活動においては主力色です。
②グレー⇒落ち着いた印象を与えます。知的で大人っぽい印象を出したい人向けです。
※ただ、あまりフレッシュさが出ないので、選ぶならダークグレーよりライトグレー。
③エンジ⇒やる気や熱意を与えてくれます。「ここぞ!」という場面に使いたい色ですね。

ちなみに、「紳士服はAoki」の調査によると、就職活動においては3本ほどネクタイを持っているようです。
その日の印象を左右するネクタイです。バリエーションにも幅を持たせましょう。

【参照】Aoki メンズ就活スタイル
http://www.aoki-style.com/campaign/recruit/mens/tie/03.html#lineup_tie

既卒で就職活動をしている方はこちら