既卒の就活体験談Vol.21|不可能を可能に変えた男~未経験 既卒で一部上場企業 経理職へ~

既卒の就活体験談Vol.21|不可能を可能に変えた男~未経験 既卒で一部上場企業 経理職へ~

今回は、資格試験に合格できず、そのまま既卒となってしまったOさん(24歳・男性)の就職活動ストーリーをご紹介します!

内定者の声、第二十一弾!

shutterstock_522965434
Oさん(24歳/男性/法政大学2011年卒業)は大学卒業後、公認会計士の勉強を2年間続けておりました。合格には至りませんでしたが、専門知識を活かしたいという事で【会計】を軸に就職活動をスタート!未経験から、一部上場企業の経理職に内定をいただきました。

ちなみにOさんが利用したのは当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』。こちらは『ウズキャリ第二新卒』という名前ですが、既卒の方もご利用が可能です。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

『未経験からの経理』として内定をいただくのは、簡単なことではありません。3年間キャリアカウンセラーに従事していますが(といってもたかが3年ですが。。)、未経験から経理職/一部上場企業の経理職というのはほぼ無理に等しいと思います。

「未経験から経理職を目指したい!」という方はこちらの記事をご覧ください。

未経験から経理職に就職するには?~経理職についてPart2~

何故Oさんがその不可能に近い内定を獲得できたのか?

uzuz_shutterstock_491412199
Oさんが内定獲得にいたったのは、「会計に関するこだわりがいい意味で少なかったこと」だと思います。会計士を含め、会計/経理で勉強していた方に多い傾向として、『○○年間勉強していた会計の知識を活かせるため、会計に関する仕事のみ受けていきたい』という方が非常に多いと思います。

Oさんは、「自分は会計の勉強を2年間続けてきた。勿論会計に関する仕事に興味があるのは間違いないが、逆にこのタイミングで選択肢を狭めたくないし、市場として経理職が少ないのは分かっている。将来的に企業で仕事がデキル人物になりたいという目標に対して達成できるのであれば、そこまで大きな拘りはない」とおっしゃっていました。

興味深かったのは、Oさんを評価した内定先の企業も同じ事を話していたのです。
「うちの経理は管理会計/法人税申告書/IR作成/連結会計など多岐にわたる会計の仕事があります。しかし、入社すると総務のお仕事などもあり、自分のしたい仕事だけというのは難しいと思います。柔軟な考えをもっているOさんはそういう意味で評価が高かった」

Oさんは実際、不動産系のコンサルティング会社でも内定が出ており、Oさんの「視野の広さ、目標達成意欲の高さ」が他企業でも評価されたのでしょう。本を読む事も好きなOさんとはカウンセリング中も雑談が多く、就職して落ち着いたら友人を紹介するので遊びましょうね!と話して旅立って行かれました。

Oさんの例から学ぶ事として、20代前半で【これしかやりたくない!】と思うのは危険だと思います。それに値する経歴をお持ち/人物が極端に良い という方であれば可能ですが、職務経験が全ての転職市場で入口の段階で職種を狭めることは、同時に自身の可能性も狭めることにつながるのでしょう。

未経験から経理職に就くのは非常に難しいと述べましたが、実はUZUZにはOさんのように他にも未経験から経理職に内定を獲得された方がいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
販売職から経理職へキャリアチェンジした14卒の上京物語
25歳で3社経験!?経理に転職した女性の就活ストーリー!