おすすめ書籍|伝え方が9割

おすすめ書籍|伝え方が9割
第二新卒の転職活動なら第二新卒ナビ

おはようございます!Miyoです!
今日から8月ですね!
今年も3分の2が終わったなんて。。あっという間ですね。

今日は、先週分も合わせてブログを2つアップします。

先週の金曜日に、生意気にも有給をとらせて頂き
帰省して地元のお祭りに参加してきました!

田舎のとっても小規模なものですが、毎年この日には家族や親戚が集まり
地元の友達にも久しぶりに会える、大切な日なのです!
今年も無事に参加できて本当に幸せでした!
ありがとうございました!!

superball

さて、夏を楽しみつつ、今日から私は「週に本を最低1冊読む」と決めました。

気を抜くとすぐに溜まってしまいそうなので、自分の確認と共に
ここで紹介していこうと思います。

今日はこの本です!

「伝え方が9割」

佐々木圭一著。

現在UZUZでは、週に1回個人ミーティングとして
くにさんが作業の進捗具合や現在の悩み、業務においての不明点などを
確認&アドバイスをしてくれます。

先日「人に気持ちを伝えるのが下手」という悩みを相談したところ、
非常に読みやすいという点でオフィスにあったこちらの本を貸してくれました。

著者の佐々木さんは、今でこそ「プレイステーション」のキャッチコピーを手がけたり
アメリカの広告賞One show designで日本人コピーライター初の「ゴールド賞」を受賞したり
ヒット連発のコピーライターです。
しかし幼少期は、コミュニケーションや文章を書く事がとても苦手だったといいます。

「本当はすごく感動しているのに、『楽しかった』としか言えない」

まさにいまの私がこうです!
自分でも本当にまどろっこしいのですが、どうしても自分の気持ちをうまく表現できないのです。

resize_2013-08-26 08.22.44

わたしは、文章能力や伝えるセンスがないと諦めていたのですが、

・伝え方には技術が有り、共通のルールがある
・感動的な言葉は作る事ができる

と佐々木さんは言います。

この本の具体的な構成は、
・「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口
①相手の好きな事
②嫌いな事回避
③選択の自由
④認められたい欲
⑤あなた限定
⑥チームワーク化
⑦感謝

・「強いコトバ」を作る5つの技術
①サプライズ法
②ギャップ法
③赤裸裸法
④リピート法
⑤クライマックス法

この本を読んで、言葉はひらめくのではなく作れるものだということが分かりました。

例えば、今までは何も考えずに使っていたサプライズワードを、
「自分が驚いたときではなく相手の心を動かしたい時に使う」とか。

なるほど、有名な映画の名言も、オバマさんの演説も、歴史の偉人の言葉も
全てちゃんと考えて構成されていて、だから人々の心に響くのか。。
勉強になりました。

この本は、字も細かくなくて非常に読みやすかったです。

帰省時の電車の中で読んでいたのですが、ふと顔をあげると中吊り広告で
同書がPRされていて、偶然にびっくりしたと同時に少し恥ずかしかったです。

今日からブログや周りの人とのコミュニケーション時に
毎日少しずつ取り入れて行こうと思いました。

そしていつかは、私も少しはまともな記事が書けるようになっていることでしょう!

さあ、今日も頑張っていきましょう!

既卒で就職活動をしている方はこちら
Yuka Miyota

栃木県出身。元既卒。大学卒業後UZUZに登録し、副社長・岡本とのキャリアカウンセリング翌日に、UZUZ5人目の社員として入社。キャリアカウンセラー業務を経て、現在はカスタマーサポート/広報/人事アシスタントを担当。既卒・第二新卒の方に活躍の場を与えるべく、日々奮闘中。