【地方からの就活成功】卒業後1年の空白期間を経て既卒からITベンチャーへ!

【地方からの就活成功】卒業後1年の空白期間を経て既卒からITベンチャーへ!

本日の「内定者の声」は、将来的にIT業界での起業を目指している既卒者Yさん(23才・男性)の体験談をお届けします。Yさんは地方に在住しながら、東京での就業を目指して就職活動をスタートさせました。

しっかりした事前準備で「距離」というハンデに打ち勝つ!

Yさんは2012年に大学を卒業後に既卒となり、ITスクールに通ってアプリ開発の勉強をされていました。「将来的にIT業界で起業する」という目標を持っていたため、まずは技術者の仕事内容をちゃんと学ぼうと思ったようです。

6ヶ月間のITスクールを卒業後に『ウズキャリ第二新卒』を利用し、Yさんは就職活動を開始致しました。こちらは『ウズキャリ第二新卒』という名前ですが、既卒の方もご利用が可能です。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

しかしYさんには大きな問題がありました。それは岐阜県に在住していたことです。就職先として関東を希望していたので、面接の度に遠方から通わなければいけません。時間とお金がかかることが、就職活動での一番の問題点でした。

皆さんも就職活動では、電車の移動だけでお金がかかってしまいますよね?その問題を解決するためにYさんと相談し、受ける企業を絞って、「2泊3日で1次面接&最終面接を受けきる!!」ことにしました。

遠方から就職活動を行う予定の方も、Yさんのように事前準備をしっかり行い短期決戦で予定を組めば、距離という難点にも打ち勝つことができるのです。

ベンチャーIT企業に内定!


Yさんは営業職を選択し、絞りに絞ってIT業界のベンチャー企業にエントリーしました。以前よりITに興味を持っていたことと、「将来的に起業するには、営業職で自分自身がお金を稼ぐ経験を積むことが必要不可欠だ」と判断したためです。

Yさんは上京する前から業界や企業情報について調べ、模擬質問への回答もしっかりと練って、面接で万全のアピールができるように準備してくれました。実際の面接でも自分の意欲をしっかりと伝えることに成功し、無事内定を獲得できました。

Yさんは4月からIT営業マンとしてテレアポや企業訪問に取り組んでいます。華やかそうな仕事でも地道な積み重ねが大切です!Yさん、新たな環境で頑張って下さい!!

UZUZではYさん以外にも、地方から就職活動を成功させた方がいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
ものづくりメーカーへ転職を成功させた職歴6年男性の体験談
地方出身22歳の短大卒女性がエンジニアとして内定獲得!
15卒既卒の内定者の声|地方から出てきた女の子、未経験からエンジニアに就職!

ちなみに、遠方に住んでいることはマイナスになるわけではありません。例えば地方に住んでいる方が、関東に就職するとなると「引っ越し」が必要となります。「御社で働くために東京に引っ越します!!」という宣言が就業意欲を伝える上でプラスに働きますし、遠方から引っ越しをして就職される方は、入社してからの定着率が非常に高いのです。

以下の記事では、遠方からの就職活動を成功させるためのコツをまとめています。ぜひチェックしてみてください。
▼【地方や都会に移住して仕事する前に】遠方での就職面接を上手にこなす4つの方法