既卒・第二新卒を経験した職歴2年の女性。ITエンジニアとして転職成功!

Gさんは、既卒も第二新卒も経験したことがある方でした。企業を1年で退職後、当社に登録して転職活動をスタートされました。

就職する予定だったがまさかの既卒に…!

海で溺れて助けを求める男性の手
Gさんは幼い頃からピアノを習っており、オーケストラの曲が多く誕生したヨーロッパ地域にとても興味がありました。大学ではヨーロッパの地域文化や言語を学べる学科を探し入学。授業では特にドイツの言語や文化、宗教について学んでいたそうです。

また、勉強以外にも合気道部で練習を頑張っていました。合気道を始めたきっかけは些細なことでしたが、次第にはまるようになり最終的には黒帯まで取得したそうです。

Gさんはもし就職するならなんとなく「事務職かな」と考えていました。しかし、いざ就職活動が始まる時期にドイツ語の必修単位を落としてしまい、なんと留年が決定。周りの同期と約半年間卒業が遅れてしまうことになりました。

就職活動どころではなく、必死にドイツ語の勉強をしてなんとか卒業する単位を取得したものの、気づけば卒業する約1ヶ月前でした。9月入社ができる企業がなかなかなく、次の年の新卒と一緒に入社するか迷いましたが、一日でも早く働きたかったGさんはエージェント主催の就活セミナーに参加し、ある企業から販売職で内定を頂きました。

留年していたこともあり、Gさんはその企業に入社することを決めたそうです。

以下の記事で紹介している方も、卒業の時期が遅れたために新卒での就職活動を満足にできませんでした。
▼「既卒・第二新卒両方を経験した25歳。次に選んだ道とは!?

既卒から就職するも2年目で転職を決意

カップを持ちながら談笑する男女
入社してから、覚えることも多く必死に勉強してついていく日々でした。しかし1年が経過し仕事にも慣れ始めたころ、このまま仕事をしても販売職以外のスキルが身につかないこと、お客様が必要としていない商品を売らなければならないことに疑問を感じるようになりました。

そして2年が過ぎたころ、ついに転職を決意します。もともと新卒時は事務職を希望していたので「次こそは事務職として働きたい」と思っていたGさんですが、給料の面で少し迷いが生じたそうです。

「キャリアアップができてノルマがない仕事なんて見つからない」と思っていたGさん。そこで紹介したのが資格を取得すればキャリアアップでき、自分も成長できるインフラエンジニアの仕事でした。

考えもしていなかった業界だったので、最初は不安も迷いもあったそうです。また仕事が忙しく、なかなかカウンセリングや面接を受けられない日が続き、気づけば最初にGさんとお会いしてから2ヶ月ほど経っていました。

退職してからは比較的に時間が取りやすくなり、そこから受け始めた企業から内定をもらい、入社を決めました。仕事と並行しての転職活動はかなり大変だったと思いますが、新しい一歩が踏み出せて本当に良かったですね!これからも応援してます!

Gさんのように、第二新卒でインフラエンジニアの内定を獲得した方はほかにもいらっしゃいます。詳しくは下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
短期離職した第二新卒・26歳男性が、ITエンジニアの内定獲得!その秘訣とは!?
【UZUZの評判】警察官を半年で辞めた22歳・第二新卒はなぜインフラエンジニアへ転職したのか?
ブラック企業を1ヶ月退職!22歳第二新卒男性の転職活動記

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事