第二新卒者でも難しくない!必見!IT業界への転職体験談!

転職活動中だけど、どの業界に行けばいいか迷っている方も多いかと思います。そこで選択肢の一つとしてIT業界を検討してみてはいかがでしょうか。

実は最近、異業種からIT業界への転職が増えてきています。理由は簡単、IT業界が成長している業界だからです。私たちの日常生活も少し前とは明らかに変わり、IT技術の利用が拡大してきています。インターネットショッピング、アプリを使ったゲームなど今では日常の一部になっている方も多いのではないでしょうか。

今後もますますIT業界は成長し、IT人材の需要も高まることが予想されます。

経済産業省が平成27年発表したレポートによると、IT需要が拡大する一方で、少子化による国内の人材供給力が低下し、IT人材不足は深刻化する可能性がある、との記載があります。

uzuz_Research report

引用元:経済産業省平成27年度調査研究レポート

上図に示した通り2020年時点で92.3万人の人材数に対し、36.9万人もの人材が不足することが懸念されています。特に、先端IT人材(AI、IoT、ビッグデータ等に携わる人材)や情報セキュリティ人材の不足が予想されています。

もし、今IT業界に興味があるのであれば検討してみる価値は十分にあるでしょう。IT業界は未経験から技術者として挑戦できます。今から技術、知識を身に着けることで5年後、10年後には非常に有利になっていると言えるでしょう。

そこで今回はUZUZで異業種からIT業界へ転職した体験談を交えながら成功するポイントを見ていきましょう。

就活経験ゼロ!既卒バンドマンKさんの就活体験談!

会場で演奏するバンドマンのシルエット
大学生の間はバンド活動に注力したKさん。就職活動も全くしないまま、気づけば既卒になっていました。

バンドで利用していた動画投稿サイトで動画の更新・編集作業をした際、専門エンジニアにサポートしてもらった経験からIT業界に魅力を感じたそうです。

バンドでひたすら練習してきた経験やバンドサークルをマネジメントするリーダーになっていた経験から「専門性を身につけて人の役に立っていきたい」「人を引っ張っていくリーダーになりたい」と感じインフラエンジニアを目指すことにしました。

UZUZが実施しているエンジニア志望者向けの研修で熱心に勉強しました。

バンド活動も含め、一つのことに熱心に取り組む姿勢が評価され、内定を獲得することができました。さらにKさんは将来的にはITコンサルタントやプロジェクトマネージャーを目指しているそうです。

ITエンジニアの業務内容は非常に幅広いです。知識、技術を身につけるほど仕事の幅も広がってくるのがこの業界の魅力と言えるでしょう。

(参考元:就活経験ゼロの16卒既卒バンドマン!エンジニアで内定獲得

自衛隊3ヶ月退職からのインフラエンジニアへ転職したKさんの体験談

迷彩服を着た人達の後ろ姿
Kさんは安定した公務員の仕事に就きたくて自衛隊に入りました。しかし、厳しい自衛隊生活の中で精神的にも耐えられなくなってしまい、わずか3ヶ月で退職してしまいました。

Kさんはこつこつと努力するタイプだったので専門性の高いインフラエンジニアを目指しました。インフラエンジニアになるために自己学習はもちろん研修にも参加しました。

やはり専門性の高いIT業種に就くためには知識や技術が必要なので、どれだけ努力できるかが重要になってきます。

(参考元:自衛隊3ヶ月退職の15卒!半年に及ぶ就活…内定獲得の理由は?

アパレル接客業からITベンチャー企業へ転職したMさんの体験談

黄色いドレスとメイク道具やハイヒール
Mさんの場合アパレル会社で接客業を1年経験しITベンチャー企業へ転職しました。

Mさんは普段から洋服をネットで買ったり、販売したりしていたのでECサイトは身近な存在でした。それをきっかけにEC業界のベンチャー企業に興味を持ったそうです。その企業の選考はインターンを含む長い選考期間だったのですが、強い熱意のおかげで見事内定をとることができました。

異業種からの転職だと、特にミスマッチを防ぐためにインターンの実施は会社にも本人にも効果的と言えるでしょう。またMさんは「洋服」という共通点からEC業界という道を見つけました。このように何か関連があると熱意も伝わりやすいですね。

(参考元:アパレル1年経験の15卒!5ヶ月に渡る転職活動成功のコツは?

既卒の25歳が未経験からITエンジニアへ!

ITエンジニアと様々なグラフ
Kさんは大学卒業後、特に就職活動を行うこともなく気付けば3年の空白期間ができていました。Kさんは同じ会社でのアルバイトを長期継続していたので、その継続力をアピールにIT業界の企業を中心に就職活動を進めていきました。

ネットワークエンジニアは次々と発生する障害を対応する必要があるので、スピード感やマルチタスク力が求められます。Kさんにはややマイペースな面があったのでそこを意識して改善し、2社目で内定を獲得しました。

IT業界の職種は非常に幅広いので、どのような人材がふさわしいかを事前によく考えることも大切です。

(参考元:既卒の就活体験談Vol.27|既卒の25歳が未経験からITエンジニアへ!

留学経験有!既卒の25歳が未経験からITエンジニアへ!

多国語を話す人のイメージ
Kさんは大学卒業後1年間オーストラリアに留学し、語学能力を身に着けたのち、UZUZに登録しました。

Kさんの希望としては、以下の2点でした。

  • 専門的なスキルが身に付く
  • 将来的に英語力を活かして働きたい

この2点を考慮してKさんはネットワークエンジニアの道を選びました。ネットワークエンジニアは、海外にサーバーがある場合、そのコミュニケーションを全て英語で行わなければならない等、高い語学力が必要となってくるからです。

Kさんは自分の強みをアピールして見事ネットワークエンジニアに就職することができました。

語学力のある方はITエンジニアを目指す場合、有利と言えるでしょう。

さらに、IT業界の先頭に立つアメリカでは日本をはるかに上回るIT人材不足が予想されています。この状況を見る限り、IT人材は英語ができればできるほど可能性が広がってきます。

今できないからといってITエンジニアを諦める必要はありません。IT専門領域の勉強に加えて、語学力も身につければその先の選択肢は一層増えていくでしょう。

(参考元:既卒の就活体験談Vol.25|25歳既卒/未経験からIT業界エンジニアに内定

まとめ

スーツの男性の夜景
様々なUZUZでの体験談をご紹介いたしましたがいかがでしたか。
UZUZでは未経験からインフラエンジニアを目指す方々の為に、無料スクールのウズウズカレッジを開校しています。

  • エンジニアがどんな仕事なのかもう少し詳しく知りたい方
  • 文系だけとインフエンジニアになれるか不安な方
  • 仲間と一緒に就職活動を進めたい方
  • 未経験から手に職を付けたい方
  • 20代の既卒・フリーター・第二新卒の方

は以下のリンクから無料WEB登録を進めてみてください。
『ウズウズカレッジ』

異業種からIT業界への転職と聞くと全く畑違いの分野と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何か共通点を見つけたり、自分の性格や強みと照らし合わせてみたりすると意外とスムーズに転職できる可能性があります。

転職成功がゴールではありません。転職した後も、知識、技術を身につければ、次々と可能性を広げられるIT業界は非常に魅力的ではありませんか。

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事