困った表情をする青いシャツを着た男性

Hさんのプロフィール

今回ご紹介する内定者はHさん(27歳・男性)。

兵庫県出身です。高校卒業後は某有名国立大学に進学し『化石』の研究を行いました。もっと勉強したいと思い、そのまま大学院に進まれました。

大学院では自ら現地に行き化石の発掘を行い、過去にどういった生物がいたかなどを考察。黙々と研究に取り組んでおりました。 そして、いざ卒業研究!となったものの研究テーマが浮かばない。ただ時間だけが過ぎていきました。考えても考えてもテーマが思い浮かびません。

そして新しいアイディアがひらめく事はなく、化石の研究の汎用性を考えながら中退という道を選びました。大学院4年目でこの決断。すでに年齢は25歳……人生最大の挫折でした。しかし、『人生、無駄な事はない』

ここからの就職活動ストーリーがそれを教えてくれました。初めは漠然と公務員を目指し勉強をしました。もちろん勉強をずっとしてきたFさんには苦ではありませんでした。筆記試験も見事合格!!順調かと思いきや……あれ?面接難しい!?

結果はお見送りでした。またも挫折。そう、Hさんは極度の緊張屋さんだったのです。そして緊張すると早口になってしまう癖がありました。当初は公務員を視野に入れていたのですが、この癖に気付くことができず、公務員の選考も惨敗。そして就職の軸を民間に移しました。

そこで、転職活動を始めるにあたって利用してくださったのが、当社の第二新卒向けサービスです。

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』」

就職活動の方法(軸)

就職活動の方向性を明確にするイメージ

  • 新しいことを知ることができる
  • 手に職をつけて市場価値をあげられる
  • 努力次第で上を目指せる

その中でHさんは開発エンジニアに軸を絞り受けていくこととなりました。また、兵庫県在住のため、東京での滞在期間は5日。受ける企業は1社。行けるのか?行けないのか?

通常であればその選択に迷ってしまうところを、「東京行きます」と即答!Hさんは今の自分の現状を把握し、即行動に移していきました。『道を選ぶ事よりも選んだ道をどう生きるか』

そして見事内定を得る事ができました。

担当から一言

Hさんは本当に自分を追い込みましたね。「最後の戦いにする」という決意が感じられました。

面接対策も「話し方が早い!」と何度いったことか(笑)また、一方的に聞くだけでなく、わからない事はわからないとはっきり伝えるその素直さも素晴らしかったです。

5日間という短い期間でしたが、内定の喜びを分かち合えた時、大変だったことが吹っ飛びましたね。苦しい時は今回の決死の就職活動を思い出してください。大抵の事は乗り越えられます。人生無駄な事は何一つありませんよ!

Hさんのように、不慣れな面接を乗り越えて、内定を獲得された方は他にもいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
15卒既卒の内定者の声|地方から出てきた女の子、未経験からエンジニアに就職!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事