15卒が営業から大手事務職へ転身!大切にした「価値観」とは?

内定者プロフィール

スキルアップしていく人のイメージ

■名前:R.Sさん
■生年月日:1992年生まれ
■卒業年度(学部):2015年大学卒業(社会学部)
■出身地:香川県

R.Sさんの経歴

2015年 大学を卒業
2015年 大手製薬会社に入社
2016年 大手コンサルティング会社入社予定

新卒時代と前職からの転職理由

面接者の書類を読む面接官

Sさんは新卒時代「なんとなく身近でおもしろそう」という理由で「製菓メーカー」を目指されていました。しかし、製菓メーカーで中々内定を獲得する事が出来ず「製菓メーカーのグループ」という理由で、現職の薬メーカーへの就業を決めました。Sさんがおっしゃっていましたが、「新卒時は"大手企業”から内定が貰えればOK」くらいで就職活動をされていたそうです。

製薬会社ではMR(営業担当)として勤務をされておりました。業務内容は、Sさんにはどうしても好きになれないものでした。そもそも新卒時に「大手であればOK」くらいで考えでしかなかったので、MRが何をする仕事なのかもわからず就業をされておりました。しかし営業そのものは嫌ではなく、ノルマにも抵抗はありませんでした。

では何が嫌だったのでしょうか?それはMR特有の「ドクターへの接待」でした。

製薬会社は世の中にたくさんあり、現在差別化が難しくなっています。更に業界の慣習もありMRは非常に接待が多い業界です。Sさんも夜は「食事会」に行ったり休日は「ゴルフ」など接待が多すぎて「自分には本当に向いていない業務だ」と感じたとのことです。しかし、「1年も断たないのに辞めるのは早過ぎる」と考え就業して1年たち転職を考え始めました。

そこで、転職活動を始めるにあたって利用してくださったのが、当社の第二新卒向けサービスです。

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

進路選択で悩んだ事、困った事

ソファーに座ってカウンセラーに悩みを話す女性

一番悩んだ事は、「自分は何がやりたいのか?」「本当に辞めても良いのか」ということでした。新卒時に凄く何かを調べ就職活動をしていたわけではなかったので、どんな職があるかも知りませんでした。また「1年で退職する」という事も不安で仕方なかったとのことです。退職に関しては、私も慎重に話しあいました。意味のない退職は避けたかったからです。ただ「嫌、嫌い、気分が乗らない」だけで退職をしても結局後悔する事が多いです。

その際に私が見ているのは「その仕事をやり切るだけやったか」「このまま続ければ精神的な疾患(鬱など)にならないか」「生理的に業務内容や会社が合わないか」「自分望むキャリアがその会社では得る事が出来ないか」「会社の労働環境が異常すぎる」のどれに当てはまり、どのステージかで判断をしています。

Sさんは「生理的に業務内容や会社が合わない」という事を判断し、退職を考えても良い旨をお伝えしました。今回Sさんは、転職という運びとなりましたが、「現職続行」をすすめる方は結構多いです。一時の感情で転職をしても良いことはありません。転職をお考えの際は、その点も慎重に考えてみてください。

その事により転職活動を開始したSさんですが、「次は何をやるか」という壁にもぶつかりました。Sさんは「前職の業務が生理的に合わなかった」という事もあり非常にネガティブな就職活動の軸しかもっておりませんでした。「なんとなく事務」「企業規模は何でもいい」など非常に曖昧でした。別に事務職を希望する事も企業規模に拘りがないことも別に問題はないです。ただ「新卒時と同じく軸のない就活」をしようとしている事が問題でした。

その為、面談の際にかなり「なんでそう思うか、きっかけは何か、正直次の職場に何を期待するか、それはなぜか」などしつこく質問させてもらいました。

その結果出たのが「自分は結婚願望も今のところないし下手したらしない」「出来れば結婚しようとも旦那に頼りたくない」「大きな夢もないし人並みプラスαの生活が出来れば良い。当然その為の責任とプレッシャーは負う」「前職の営業でも社内整備をするのは一番パフォーマンスが高かった」という事から今回就業を決定された「大手コンサル会社のバックオフィス」のポジションで進める事を決めました。

就職活動について

笑顔で振り返る白いスーツを着た女性

就職活動は自分の価値観を知りそれに伴い進める事が出来たおかげで、順調に進みました。就業先の会社からも当初より評価が高く、最終面接もとんとん拍子で進み内定を獲得されました。就職活動で苦労が他の人より少なかったのはSさんが優秀だったとう事も大きな要因ですが、自分の価値観を振り返り軸を決めた事が多いです。Sさんも「コンサル業界」や「バックオフィス職」に特段強い興味があったわけではないです。

しっかり「自分に適した環境は何か、そこで自分が得られるものとリスクは何か」を慎重に考えた結果、スムーズな内定獲得をされております。大切なのは「自分に合う環境」なのでそこを見失わないようにしてください。

担当より一言

様々な話を聞くヘッドセットをつけた女性

Sさん新しい就業先の決定おめでとうございます!最初は「何になるのか」「求めるキャリア」など苦労した面もありましたが、目指すキャリアを得られる会社を探す事が出来て良かったですね!次の職場でも頑張ってください!!

事務職で内定を獲得された方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
販売職の女性がメーカー事務に就職!なんと年収100万円アップ!
1年以内の退職2社経験男性が税理士事務所の事務員として内定獲得するまでの道
短期離職した女性がレアな『未経験総務職』に1発で内定をとったけど…!?

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事