獣医学部生がなぜ既卒に?職人気質の彼が選んだ職種とは!

今回の「内定者の声」は、新卒時に内定を辞退してしまったMさんの就活体験談です。Mさんは革職人を目指すも、まずはお金を貯めるために再び就職活動をスタートすることになりました。

内定を辞退して既卒に

大きなバックパックを背負ってバスに乗り込む男性
今回ご紹介する内定者はMさん(22歳・男性)。Mさんは、新規カウンセリングの当日、神戸から夜行バスで来てくれました。確かご出身は九州だったはず。なぜ神戸に弾丸で行かれていたんでしょうか?

「実は革職人の求人を見て、直接会いに行ってきたんです。ただ、今アルバイトなどは採らないそうで…。でも現場が見れたので良かったです」

Mさんは話し方や風貌からは想像ができないほどの変わり者です(笑)そもそもなぜ革職人…?僕の頭の中には「?」がたくさんつきましたが、彼は非常に楽しそうに革について語ってくれました。

そんなMさんですが、なぜ既卒になったかというと内定を断ったためです。Mさんは自分が段取りや論理的思考に弱いと感じ、「社会人になるにはまだ早い」と感じてしまいました。しかしその後、就職しないと食べていけないことに改めて気づき東京で就職活動をスタートさせます。

「獣医学部」だけど医者にはなれない

屋外でノートパソコンを操作する黄色いセーターを着た男性
そんな彼の就職活動の軸は「手に職をつけること」です。もともと獣医学部をご卒業されているのですが、これがまたややこしい獣医学部でした。獣医学部と言っても、Mさんは土木関連や道路を施工するときに必要な具材などについて勉強されていたのです。

つまり「獣医」という言葉は付いていますが、「自然と人工物が共存するための勉強」でした。もともと農業などにも興味があったので、Mさんはこの学部を選ばれたそうです。

そのため本当は革職人のような自分の好きなものを作る職人になることが第一希望だったそうですが、まず就職してお金を貯めることを第一優先にしました。そんなMさんが目指した職種は「エンジニア」でした。

エンジニアを目指して選考を受けるも…

設計図を書く人の手元
しかし実際Mさんが内定をいただいた職種は、「CAD設計職」でした。ITも良かったのですが、「学校で学んでいたことを実際に活かすほうがモチベーションになる」ということになり、途中で軸を変更したのです。

Mさんが内定を頂いた企業は木材メーカー。ある特殊な工法で地震などの災害にも強い家を設計しており、多くの県からのお問い合わせを頂いている企業です。

Mさんはこちらの社長と意気投合して一次面接→2日後会長と面接→夕方に社員の方と会食→内定→2日後から出社、とものすごい勢いで就職が決まりました!マッチングってあるんですね。Mさんも相当気合が入っていたので安心しました。

革職人から一転して、CAD設計職です!Mさん、内定獲得おめでとうございます。Mさんとのお話はいつもとても楽しかったです。手に職つけて頑張ってくださいね!

地方在住ながら首都圏で内定を獲得された方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
仙台から上京!エンジニアキャリアを掴んだ14卒既卒の就活
販売職から経理職へキャリアチェンジ!第二新卒女性の上京物語
28歳で職歴なし!ニート・フリーターからの大逆転ストーリー

内定者の声, 特集の関連記事
  • スーツを整えて目的地へ向かうサラリーマン
    大手を3ヶ月で退職した新卒。半年に及ぶ転職活動の結果は?【体験談】
  • 眼鏡の女性がグラフを確認しながら仕事をしている様子
    【既卒就活】大手広告代理店の営業に内定できたのはなぜ?【体験談】
  • 信号待ちをしている帽子をかぶった女性
    既卒就活で発見!英語を活かせる“意外な仕事”って?【就職体験談】
  • フリーターから営業になり短期離職した男性が就職先に悩んでいる様子
    フリーターから営業職に就職→短期離職。それでももう一度営業職を選んだ理由
  • 椅子に座り景色を眺める黒髪の女性
    大学中退した既卒の就活体験談!フリーターから正社員でIT業界へ!
  • パソコンで仕事する白いシャツを着た女性
    既卒になった理由は◯◯!?未経験から営業職で内定を獲得できた理由とは
おすすめの記事
Lassicの営業職求人
営業・企画職
どのような仕事をするのか? お客様先は、上場企業からITベンチャー企業まで主に、エンドユーザー向けの一次請けの仕事になります。我々の提案先は...