アパレル販売員から事務職へ転職!30社以上受けて内定獲得!

アパレルブランドでの販売員からコールセンターに転職されたTさん。2013年に服飾の専門学校を卒業し、大手アパレル会社の販売員として入社します。しかし長時間の立ち仕事、重い荷物を持つ肉体仕事、また店長になったら土日に休暇はとれない環境……Tさんは長期的な就業は難しいと感じるようになります。

そこで、長く働くことができる事務職を希望し、見事コールセンターのSV職で内定を獲得しました!今回はそんなTさんの就職活動の全貌をご紹介したいと思います。

内定者プロフィール

まずはTさんの簡単なご経歴から説明しましょう。

年齢: 23歳
性別: 女性
職歴: あり(アパレル販売員2年9ヶ月)
出身: 東京

アパレル販売員としてキャリアをスタート!

どの洋服がいいか選ぶ女性
体の大きいお母様の洋服を作りたいという理由で服作りに興味を持つようになり、服飾の専門学校に入学したTさん。ところが専門学校に入学して周りと才能の差を感じ、課される大量の課題に追われる中で、デザイナーやパタンナーというクリエイティブ職は難しいと考えるようになります。

新卒時の就職活動は、アパレル業界のみに絞っていました。課題に忙殺される中で多くの会社を受けられず、たまたま内定をもらえたアパレル会社に入社。比較的価格帯の高い商品を扱うブランド店での就業だったため、お客様との会話を特に大切にして仕事に励んでいました。

一見華やかに見えるアパレル販売員のお仕事ですが、長時間の立ち仕事に加え、大量の商品を移動させるため重労働が頻繁にあり、店長は土日にいつも出勤。5年ほど勤務すると店長になれるようですが、そこからステップアップの道がないのはやりがいに欠けると感じるようになりました。

ちょうど3年が経過するタイミングでこれからもこの仕事を続けるのは難しいと感じ、Tさんは退職を考え始めます。

Tさんのように憧れのアパレル業界に入っても転職したいと考える女性は少なくありません。同じように悩まれている方は以下の記事もご覧ください。
異業界に転職したい!女性アパレルスタッフの為の転職ガイド

私が辞めたら店舗が回らなくなるのでは…?

電話をしながらメモを取る忙しそうな女性
Tさんは現職の状況から、退職時期を迷っていました。というのも担当の店舗を運営しているのは、正社員のたった3名。確かに自分がやめてしまったら、残りの2名では回らなくなるって不安に思いますよね。

しかしTさんには、「店舗の状況が原因で自分自身のキャリアや仕事を選べないなんてもったいない、事前に退職意志を伝えれば店舗に人員を補てんしてくれるよ」とアドバイスしました。

そこでTさんは長期的な就業や自身のキャリアアップを考え、事務職で転職活動をスタート。前職で身につけた顧客のニーズを組みとり提案するコミュニケーション力を活かしたい、そしてマネジメントができる人材になりたい、という気持ちがTさんには強くありました。その結果、見事コールセンターからSV職として内定を獲得!

Iさんが内定をもらえた理由は以下の2つだと思います。

  • 前職で培った相手の意図を汲み取る力
  • ホスピタリティ精神と素直さ

今月からコールセンターでSV職として働かれます。Tさんの活躍を応援しています!

販売員の経験を生かして異業種への転職を目指した方は他にもいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
アパレル1年経験の15卒!5ヶ月に渡る転職活動成功のコツは?
販売員を辞めた13年卒の就活 離婚を乗り越えメディア営業職の内定獲得
ブラック企業を3ヶ月退社&ブランク2年の男性が内定!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事