銀行1年経験者の転職!なぜ彼はベンチャーを選んだのか?

内定者プロフィール

■名前:S.Yさん
■生年月日:1991年生まれ
■卒業年度(学部):2014年大学卒業(経済学部)
■出身地:神奈川県

S.Yさんの経歴

2014年 大学を卒業
2015年 メガバンクに営業職として勤務開始
2016年 メガバンクを退職

学生時代と前職からの転職理由

Yさんは学生時代は陸上部に所属し、走り幅跳の選手としてご活躍されておりました。新卒時代は特に何か軸があったわけではなかったのですが、「全ての業界に携われる」「先輩にも金融の先輩は多いし安定していそう」という理由でメガバンクを志望し内定を獲得されました。

銀行での業務は大きな不満はお持ちでなかったのですが、「本当にお金が必要な人に融資が出来ない。ひょっとすると別に自分の仕事が役に立っているわけではないのではないか」と疑問をもつようになりました。そんな悩みを持った為、先輩方に相談してみたら「銀行はそんなもんだよ」「とりあえず成果出すこととミスしないことだけ考えなよ」というフィードバックをもらい、より疑問を感じるようになり退職を決意。

そしてYさんは、当社の第二新卒向けサービスを利用し、転職活動をスタートさせました。

内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

進路選択で悩んだ事、困った事

部下が上司に相談する様子
一番悩んだ事は、「自分が本当にやりたいことは何なのか?」という事でした。銀行も上記の疑問以外は不満がなく「3年以上続けようと思えば続けられた」状況でした。ですので、就職活動をする際に「次は何になるのか」を決める事が出来なかったとのことです。

Yさんのようなケースの方は多いかと思います。こういう時におすすめの考え方は「自分の望む就業環境は何か」を考えることです。「どこまでの勤務時間や給与を望むのか」「実力主義か年功序列の環境なのか」など現実面も見定めながら考えていく事が大切です。Yさんは「実力主義」「前職の経験を活かしながらさらなる専門性を若いうちにつけたい」という軸が決まり、就職活動を開始しました。

Yさんは弊社経由では1社の企業のみを受けていくことにしました。どんな会社かというと健康職の宅配販売を行っている企業の経営管理職のポジションでした。1社という少ない会社数だったのは、「Yさんの求める環境があること」「企業風土に人柄も合うこと」「前職の経験も活かせる」という点で、この企業が一番マッチしていたためです。

自分でも応募されていた企業もあったので全部で5社ほど受けられましたが、無事に2社から内定を頂く事が出来ました。1社が会計システムを販売する営業職と、上記の健康職の宅配販売を行っている企業の経営管理職のポジションでの内定でした。Yさんはここから悩みます。1度目の就職活動で失敗しているので「本当にどちらを選べばいいのか」という点でした。

ご友人や両親などに相談したうえで、健康食の宅配販売を行っている企業の経営管理職のポジションでの入社を決めました。決め手は「実力主義」と「若いうちに専門性がつく」という点でした。

実は前にご紹介したこの記事の方(メガバンクを1年半退職した13卒!未経験経営管理職に挑戦)と同じ会社で同じポジションになります。2人とも「若いウチかたら実力をつけたい」思いが強くベンチャー企業に向くタイプの方だと思います。

担当より一言

人事担当者
Yさんとは最後の最後まで一緒に次の進路を悩みぬいたのが思い出です。あそこまで考えぬいた次の進路なので、選んだ道は間違いないと思います。今後も自分の将来に不安を感じる事は多々あると思いますが、自分の信じた道を貫いてください。

自分の求める就業環境を明確にし、無事内定を獲得した方は他にもいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
「やりたいことがない」卒業後3年間フリーターをしていた既卒者。見事内定獲得!
【大手からベンチャーへ】コンサルタントを目指した24歳第二新卒の転職物語
獣医学部生がなぜ既卒に?職人気質の彼が選んだ職種とは!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事