留学経験アリの23歳女性!英語を活かして働ける企業から内定獲得!

今回の「内定者の声」は、大学卒業後に英語を勉強するために留学を選択したTさんの就活体験談です。Tさんは1年の留学を終え、帰国後にUZUZに登録して就職活動をスタートさせました。

就職ではなく、卒業後に留学を選択

ピエロの扮装をしている人
Tさんは幼い頃から祖母とミュージカルに行くことが大好きで、高校の時から英語の勉強に力を入れていました。大学進学時は演劇と語学どちらも勉強できる大学に進み、そこで英語の勉強をしながらシェイクスピアの作品について研究していたそうです。

Tさんの大学では大学4年生が毎年シェイクスピアの劇を講演する行事があり、約1000人もの観客が集まるそうです。もちろんTさんもその講演に向けて、約10ヶ月間準備を行っておりました。

Tさんはその劇の中で広報を担当しており、チラシや招待状、HPの作成などを担当。演劇は全て英語で行うため、日本語訳の作成も行っていたそうです。その講演の経験もあり、Tさんは「もっと英語を専門的に勉強したい」と思い就職ではなく海外に留学することを決意しました。

留学先はアイルランド

セントパトリックスデー・フェスティバル(アイルランドの伝統的な祭り)を楽しむ若者達
Tさんの留学先はアメリカでもイギリスでもなくなんと、アイルランドでした。なるべく日本人が少なく、またヨーロッパと陸続きなためいろんな人が集まっている環境だと思い選んだそうです。

現地では一般家庭にホームステイをしており、アイルランドに着いて約1週間も経たないうちに学校帰りに迷子になってしまったとのこと。英語もまだ全然話せなかったことから、現地の人に聞いてもうまく伝わらず苦労したと言っていました。

約1年間の留学を終えたTさんは帰国後、すぐにUZUZのサービスに登録し、そこで私と面談をしました。

Tさんが利用した当社の就活サービスはこちらです。
内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

英語を使い、グローバルに活躍したい!!

仕事中に会話するオフィスワークの人々
「せっかく留学もしたし、できることなら英語を使って働きたいです」とTさんは最初の面談で言っていました。しかしただ単に「英語を使った仕事」というイメージしかなく、職種によって業務内容が変わることなど当時のTさんは想像できていませんでした。

そこでTさんには、外国の製品を日本に輸入しそれをローカライズさせているIT企業を紹介しました。そこなら英語も使えるのはもちろんですが、プラスで専門的な力が身につくと思ったからです。

Tさんは結婚、出産を経ても長く働いていきたい気持ちを強く持っていました。専門的な力を身につけ、将来的にずっと活躍できる職を目指し就職活動を始めました。

Tさんは住んでいる場所が関東ではなかったので、Skypeで連絡を取りつつ東京に来て面接を受けるというスタイルでした。努力の末、見事第一希望の企業から内定を獲得!「入社してから右も左もわからないことが多い」と言っていましたが、Tさんならきっと活躍できると信じています!これからも頑張ってくださいね!

Tさんのように、留学の経験を生かせる環境への就職を目指した方は他にもいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
【既卒女子が就活成功】海外大卒の彼女はなぜベンチャー企業を選んだのか?
就活失敗→留学の既卒が未経験職種で内定
訳あって既卒となった15卒留学経験者 エンジニアの内定を獲得!

女性が英語を活かして転職するにはどのような職種がいいのか、詳しく知りたい方は以下の解説記事を参考にしてみてください。

▼詳しくはこちらから!
英語を活かして転職したい!女性にも働きやすい職業とは?

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事