既卒/早期退職/ブランク2年のハンデを跳ね飛ばす女性エンジニアの奮闘

今回は、Sさん(女性)の転職活動についてご紹介します。Sさんは今でこそエンジニアとして勉強に励んでいますが、転職活動では多少苦労しました。

Sさんの就活における経歴上のハンデ

ノートパソコンを開きながらうたた寝する女性
転職活動を始めたとき、Sさんのハンディキャップは以下の2点でした。

  • 既卒で早期退職
  • 退職後、転職活動をせずにブランク2年間

Sさんは1社目を3ヶ月で退職しています。理由は、労働時間が非常に長かったからです。しかしその会社を選んだとき、自分の働き方がどのようになるかきちんと調べていなかったことは、彼女の落ち度でした。

退職後、転職活動をせずにアルバイトを2年間していたことも、大きなハンディキャップとなります。短期離職の後ですぐに転職活動をすることに抵抗があったのは、なんとなく気持ちがわかります。僕もせっかく見つけた仕事を早期で辞めることになったら、「はい、つぎ!!」のように潔く進めるかと言われると、なんとも言えないですね。

彼女は2年間アルバイトで過ごしたのち、当社の就活サービスを利用して転職活動を始めました。

内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

Sさんがエンジニアを選んだ理由

ノートに何か書き込む女性達
Sさんが転職活動を始めたきっかけは、アルバイト先の企業の業績が芳しくなかったからでした。そろそろ安定した働き方をしなければ、と思ったそうです。それを軸として、選考を受けることにしました。

事務職で働くことは、将来を考えた時に少し不安があると感じたそうです。そのため今まで全く考えたことのなかった、ITエンジニアを目指すことにしました。アルバイトと並行しながらITの勉強もし続けたこともあり、研修への切符を手に入れます。

Sさんのように将来性を見越してIT業界を目指す方も多いですよね。しかしIT業界と言っても、その事業内容はさまざまです。以下の業界記事ではIT業界の就活対策についてまとめてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

狙いは大手?ベンチャー?日々進化する「IT業界」就活対策

研修は泊まり込みの合宿形式だったので、実家から始めて出る彼女にとって、まず「生活に慣れる」ことも大変だったと思います。さらに、新しい分野を短期間で勉強する必要があったことも負担になったでしょう。

研修途中で思うように力をつけられず、葛藤している様子でしたが、自分のペースで確実に勉強を続けていきました。同期もいち早く卒業し、焦りも感じたことと思います。しかしSさんは自分の目標に向かって、コツコツと一段ずつ、確実に上がっていきました。

ここで彼女があきらめなかったことが、今のSさんを支えているのではないかと思います。彼女はしっかり資格合格を果たし、年末からお客様先に常駐して働いているそうです。

さいごに

タブレット端末を手にした笑顔の女性
Sさんが今もエンジニアとして活躍しているのは以下の2点が良かったからだと客観的に思います。

  • 自分の性格と置かれている立場を理解していた
  • 自分でITエンジニアになると決めたからです

経歴上は不利な点があったので、もう辞められないと、自分でも腹をくくっていました。さらに性格上、追い込まれれば食い下がらない!と本人も自覚していました。短期間で資格の合格までこぎつけたことは、難しかったに違いありません。

さらに自分で「安定」を目指して、ITエンジニアを選んだのも良かったのではないでしょうか。将来もしっかり自分のキャリアを積んでいきたいと強く思っていたようなので、つらい研修も「通過点」だと言い聞かし、最後まで進めたのだと思います。まだエンジニアとして始まったばかりではありますが、女性エンジニアのモデルとして確実にキャリアを積み上げていってください!

短期離職をし、かつブランクがあっても、正社員を目指した方は他にもいらっしゃいます。詳細は以下の記事をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
3ヶ月短期離職…ブランク8ヶ月の15卒が販売職として再出発
警察官を半年で辞めた22歳・第二新卒はなぜインフラエンジニアへ転職したのか?
営業職を2ヶ月で短期離職…ブランク約2年から狙うエンジニアへの転職

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事