家族を支える為に。“覚悟”を決めた第二新卒男性、エンジニアへの転職

今回の「内定者の声」は、2015年卒で契約社員として働いていたKさんの転職活動についてご紹介します。彼は非常に稀な経歴をお持ちでした。単刀直入に申し上げると、Kさんには2人の子供と奥様がいらっしゃいました。家族を支えるため、どんな職種でもいいので正社員として働いていく必要があったのです。

転職を思い立った時、Kさんが登録したのが当社の就活サービスでした。
内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

Kさんがエンジニアを目指す理由

芝生の上で笑いながらシャボン玉を飛ばす家族
彼は家族との時間を大切にしていきたい気持ちが強い方でした。そのため比較的残業が多い営業職は、家族との時間を取れない可能性が高くなるので違う職種でのキャリアを選びました。そこでKさんは、ITエンジニアを目指すことに。彼がITエンジニアを選んだ理由として、他に以下の3点が挙げられます。

一つ目が、働き方が彼に合うからです。もともと18年以上、Kさんはラグビーをしていました。負けず嫌いな性格とコツコツと基礎練習を積み重ね、少しずつできることを増やしていく経験はITエンジニアに活かすことができます。

またTOEICの点数を、1ヶ月で300点以上上げた経験も持っていました。これは英語を勉強したのではなく、「TOEICの点数を上げる勉強法」を自分で見つけて効率よく勉強したからだそうです。このようにKさんは、コツを掴むのが上手で自分で考えて勉強することができます。

最後に、ITエンジニアは常に勉強し続けていく必要がありますので、勉強上手な彼にはもってこいの職種でした。そしてシフト制で働くことで、家族との時間を調整しやすくなるのも大きな利点でした。

なぜKさんに内定が出たのか?

ガッツポーズをするスーツの男性の後ろ姿
Kさんは1社受け、その1社から内定をGETしています。在職中でもありましたので、なかなか就活に割く時間を取れなかったと思います。彼はその限られた時間でもきちんと面接の対策や、ITエンジニアとしてキャリアを形成するための勉強時間を確保していました。

確かに転職のきっかけは、「正社員になる」ことでした。しかしいくら家族のためとはいえども、「どんな正社員」でもいいかと問われるとそういう訳ではありません。自分の強みや好きな働き方を考えた上で、KさんはITエンジニアを自分のキャリアとして選んでいます。自分が満足しないと、仕事が長続きしないことを彼も理解していたんです。

そのためエンジニアとしてキャリア形成をしていくことを、自分でも覚悟と決意を持って面接に臨んだKさん。「成長産業で自分に手に職をつけ、家族を守っていきたいです」と強く面接官に伝えることができました。

Kさんのように働きながら就活をしていても、無事内定を獲得された方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
既卒&第二新卒を経験した元舞台俳優!二度目の転職活動が成功した秘訣とは?
26歳・第二新卒女性!社会人経験4年の彼女が転職を決意したその理由とは?
幼稚園の教員から事務職!?第二新卒でOLに転職した女性のリアルストーリー

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事