ウズキャリの評判|フリーターからの就職活動。面接の怖さを乗り越え内定獲得!

新卒の時って面接で失敗しても、チャンスが多いので勢いで乗り切れてしまう部分があると思います。しかし今回は、フリーターからの転職活動です。

面接って慣れていないと、怖くて逃げ腰になってしまいますよね。その怖さを乗り越えて見事内定を獲得した今回の内定者、Oさん(23歳・女性)にお話を伺ってみましょう!

Oさんが利用されたのは当社の就活サービスです。
内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

弱点は、面接恐怖症

椅子に座って自分の面接の順番を待つ、緊張した表情の女性
フリーターとなってからの転職活動、oさんはどのような点に苦労したのでしょうか。お話を伺いました。

就職活動で苦労した点

大学受験の時に持った面接へのトラウマを引きずっていたので、面接を避けたい気持ちは人一倍強かったと思います。また私は、大学4年生の時に就職活動をしていませんでした。そのため何から手を付けたらいいのか分からず、「就活しよう!」と決意してから実際に企業に足を運ぶまでに少し時間がかかってしまいました。

苦労した点をどのように乗り越えましたか?

私は最初、面接=ドラマ『半沢直樹』の第一話のあのシーン!というイメージを持っていましたが、意外とそうではないんですね。担当したくださったカウンセラーの方からは、面接は「一緒に働きたい相手を選ぶために私のことを知ってもらう場」であることを教えていただきました。

また、「面接で変に自分を作ってしまうと、企業側が求める私のイメージと実際の私にギャップが生まれ、窮屈になって早期離職につながってしまう」ということも言ってくださいました。

面接当日には「ガチガチになってしまわないよう、“素の私”で楽しくお喋りしましょう!敬語を完璧に話そうとしなくても大丈夫!最低限“です・ます”を意識していればと意外とうまくいきます!」と送り出して頂いたので、気持ちがとても軽くなりました。

面接が苦手な方は、是非以下のおすすめ記事まとめを参考にしてみてください。

▼詳しくはこちらから!
絶対面接を突破したい第二新卒へ!UZUZ厳選面接ノウハウ記事まとめPart1

就活がうまくいくようになったきっかけ

1ヶ月前の私は本当に何から始めたらいいのか分からず、毎日求人サイトを眺めるだけの日々を送っていました。そんなとき、UZUZさんに行っている知人から求人紹介や面接練習をして貰っていることを聞き、思い切って紹介してもらったんです。そのことが、就職活動がうまくいったきっかけになったと思います。

簡単なカウンセリングを受けた後、その日のうちに何社か企業を紹介して頂き、面接練習をし、企業に足を運び…気づけばUZUZさんにお願いしてから3週間足らずで内定を頂いていました。本当にあっという間過ぎて自分が一番驚きました!(笑)

入社の決め手

一次面接で関わった社員の方々が本当に良い人たちで、社内の雰囲気も明るかったこと、そして役員面接の際に話してくださった仕事に対する熱意や姿勢に魅力を感じたことです。私は直感派なので、実際に企業の人に触れ、会社の雰囲気を体感することで入社を決めました。

UZUZの就活サポートを利用した感想

(勝手に)UZUZさんの良いところランキングを作成しました!

★1位 カウンセリングが深イイ★

私の半生や性格について、1時間以上ひたすら聞いてくれました。私は本当にひたすら喋っていたんですが、実は担当さんは私の話を聞きながら職種や企業の向き不向きについて分析してくれていたそうです。

★2位 企業とのやりとり代行サービス★

職業選びをした後のエントリーなど、企業とのやり取りのすべてを代行して頂けたので、企業研究や面接練習に集中して取り組むことができました。

★3位 内定者食事会が楽しい★

内定を頂いた後、UZUZさん主催の内定者食事会に参加しました。そこでは、UZUZの社員さんや他の内定者さんたちと、おいしくお酒を飲んだりご飯を食べたりして本当に楽しかったです!それまでは関わりがなかったので初対面だったのですが、UZUZの社員さんは誰と話しても個性的で本当に面白かった!

参加者の中には、同じ会社に入社が決まった人もいたようで、入社前に友達になっている人がいたのがちょっと羨ましかったです(笑)。

現在就活している後輩にアドバイス

実際に企業に行くと、緊張する人も多いのではないでしょうか。私も、ものすごく緊張するタイプの人間です。今回の転職活動でも面接前夜は緊張しすぎて眠れませんでしたし、面接開始10分前からは吐き出す息が震えていました。ですが、緊張はどう頑張ってもするものです。思い切って諦めましょう!

そんな私が面接当日、たとえ頭が真っ白になったとしてもこれだけは伝えようと思っていたのは「絶対に御社に入りたいんだああああああああ!!!!!」という熱意です。これだけは雰囲気でもいいから伝えようと、決心して向かいました!(笑)

どこでもいいから受けるのではなく、「自分はこの会社で働きたいんだ!」という魅力を感じた企業と全力で向き合って欲しいなと思います。自分を全力でアピールできるように、画面のこちら側から応援しています!

Oさんのように、就活に苦手意識があっても見事克服して内定を獲得された方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
大学留年し1ヶ月で退職した25歳の第二新卒…エンジニアで内定獲得!!
既卒2年3ヶ月の能天気系女子が事務職で内定!
14年卒甲子園出場経験あり!高校野球の女子マネージャーがベンチャー企業営業職に!!

内定者の声, 特集の関連記事
  • スーツを整えて目的地へ向かうサラリーマン
    大手を3ヶ月で退職した新卒。半年に及ぶ転職活動の結果は?【体験談】
  • 眼鏡の女性がグラフを確認しながら仕事をしている様子
    【既卒就活】大手広告代理店の営業に内定できたのはなぜ?【体験談】
  • 信号待ちをしている帽子をかぶった女性
    既卒就活で発見!英語を活かせる“意外な仕事”って?【就職体験談】
  • フリーターから営業になり短期離職した男性が就職先に悩んでいる様子
    フリーターから営業職に就職→短期離職。それでももう一度営業職を選んだ理由
  • 椅子に座り景色を眺める黒髪の女性
    大学中退した既卒の就活体験談!フリーターから正社員でIT業界へ!
  • パソコンで仕事する白いシャツを着た女性
    既卒になった理由は◯◯!?未経験から営業職で内定を獲得できた理由とは
おすすめの記事