【転職体験談】証券営業から企画営業に転職した理由

今回は証券営業として1年3ヶ月働いた経験を持つ、第二新卒者Hさん(23歳 女性)の転職活動をご紹介します。

大学を卒業後に某大手証券会社へ入社したHさんは、とても謙虚で相手の立場に立った話し方ができ、どこの会社からも内定を獲得できるような優秀な方でした。

証券営業ってどんな仕事?

会議でハイタッチするオフィスの人々
厳しい環境でもしっかりと実績を出して、優秀者として表彰もされていたHさんですが、なぜ転職活動に踏み切ったのでしょう?

その理由を知るために、まずは証券会社の営業がどのような仕事なのかをご紹介します。

みなさんは証券の営業って、どのようなことをするかご存知ですか?

私がお会いする既卒・第二新卒者の方に聞くと、「証券営業は稼いでいてめちゃくちゃかっこいい!」というイメージをお持ちの方が多い印象があります。

Hさんに伺った証券営業のやりがい・厳しさをお伝えしましょう。

やりがい

  • 稼げる
  • できる社員が周りに多い

厳しさ

  • 自分が売りたい金融商品ではなく、会社の押し商材を売ることが求められる
  • お客様に売った商品が値下がりして、損をさせてしまうことがある
  • コンプライアンスが厳しく、自分オリジナルの提案資料などを使うことができない
  • 数字がすべて、稼いでなんぼという雰囲気が強い
  • 社内で人格を否定するような発言がされている

これはHさんのいた証券会社特有というわけではなく、他の証券会社で勤務していた第二新卒者もほぼ同様の点を挙げていました。

お客様の望むものが売れない苦しさ

グラフの書かれた資料を見せながらプレゼンする女性
Hさんの転職理由としては、上記の厳しさがメインでした。

その中でも、お客様の求めている商品を提案できない点に不満を感じていました。

長期投資で安定的に資産を増やしたいという希望がお客様にあったとしても、会社の押し商材の性質が違った場合にはどうにかお客様を説得して買っていただくことが度々発生してしまったようです。

また商材の特性上仕方のないことではありますが、自分を信用して商品を買ってくれたお客様に損失が出てしまうことも多く、辛い気持ちになることもよくあったようです。

そこでHさんは当社の就活サービスを利用しました。

内定を獲得するも、立ちはだかった退職交渉

不安そうな顔で面接を受ける女性
Hさんは在職中だったため、数多くの企業を受けることは現実的に難しかったです。

そのため希望にマッチングした求人を、ピンポイントで受けていくやり方で転職活動を進めていきました。

非常に優秀な方なので、希望企業からスムーズに内定を獲得。

しかし、内定後の退職交渉が非常に大変でした

証券会社やゴリゴリの営業会社では、退職の引き留めがとても厳しい場合がよくあります。

以下はHさんが言われた言葉ではありませんが、下記のような言葉を言われることもあるんです。

  • 転職は逃げだ。逃げるのか?
  • どこの会社に行っても絶対に失敗するぞ
  • 絶対に退職は認めないぞ
  • 一生後悔するぞ
  • お前は営業に向いてない

Hさんは上記に近しいようなことを、4~5度の面談で繰り返し言われました。

内定を取るための面接よりも、退職交渉の方が何倍も精神的に辛かったとのことです。

しかし、自らのキャリアと自分の希望の働き方をするために気持ちを切らさず、最後まで粘り強く交渉し退職の許可を得ることができました。

「転職活動」も「退職交渉」も、どちらも一人きりでやろうとすると負担が大きくなってしまいます

その負担を軽くするために、就活支援サービスがあるんです。

UZUZは、サービス登録・利用ともに完全無料

あなたの転職活動をお手伝いいたしますので、どうぞお気軽にご相談くださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事