20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

【体験談】幼稚園教諭でも“事務OL”に転職できた話【実録】

幼稚園の先生から事務職に転職!赤裸々ストーリー

今の仕事とは違う業界、今の仕事とは違う職種への転職は、

  • スキルもないし、本当にやっていけるのだろうか
  • 生活の安定のため、このまま今の仕事を続けるべきなのだろうか

など、葛藤がつきもの。

でも、一度きりの人生

転職せずに「あの時転職していたら……」とずっと考えてしまうかもしれないなら、思い切って転職してしまうのもアリではないでしょうか。

そこで今回は、そんな葛藤するあなたの背中を後押しすべく、幼稚園教諭から民間企業のOLに転職した女性(Aさん・24歳)に、就活のことなどお話を伺ってみました。

僕がインタビューしてきたよ!!

異業界や異業種への転職を考えている方はぜひ読んでみてくださいね!

幼稚園教諭からOLに転職したAさんのプロフィール

はじめまして!今日はよろしくお願いします!
では早速ですがまずはAさんのプロフィールから教えてください!

Aです、よろしくお願いします!
私のプロフィールですが、ざっくりご紹介するとこんな感じですかね~。

Aさんの経歴

幼少期
神奈川県で生まれ育ち、ピアニストを夢見て日々ピアノの練習に打ち込む
高校卒業後
アメリカの大学に進学し、大学でもピアノを専攻する
大学在学中
米国南部のピアノコンテストで優勝!大学生活があまりにも楽しく、1年半留年してしまうが、大学院に進んでピアニストになると決めていたため、就職活動は全く行わなかった
大学卒業直前
両親から突然「経済的に厳しいので大学院進学は諦めて欲しい」と衝撃的な事実を告げられ、泣く泣く進学を断念する
大学卒業後
就職活動を全く行っていなかったため、内定もないまま帰国
帰国後
日本の就職活動のすすめ方が全くわからない中、就職活動を始める

ピアニストを目指してずっと頑張ってきたのに、まさかの展開でしたね……。

両親から進学を諦めるように言われた時は、そりゃあもう慌てましたね。

なんせそのつもりで将来設計をしてずっとやってきてたので……。

でも、両親に必死で掛け合ってもやはり進学は無理だったので、とりあえず帰国はしたんですが、本当の壁はその後にありましたね。

といいますと?

大学生活を海外で過ごしていたので、日本の就職活動の仕方が全くわからなくて

しかも友人たちはすでに社会人として働き始めていたので、頼ることもできないし、焦る気持ちは膨らむばかりで……。

両親には「ひとまず誰かに相談したら?」と言われたりして、それで、ハローワークに通って求人票とにらめっこしながら、途方に暮れる毎日を送っていました。

それは辛かったですね……お気持ちお察しします。

就職先に“幼稚園教諭”を選んだ理由

それで、結果的には幼稚園教諭として就職されたようですが、その経緯を教えてもらっていいですか?

はい、やっぱりこれまでずっとピアノを頑張ってきましたし、海外に留学して英語力にもある程度自信はついていたので、

  • ピアノに触れられる職場
  • 英語力を活かせる職場

という2つの条件は外したくなくて。

逆に言うと、私の強みはそこしかないと思っていたので、なんとか自分の強みを活かせる職場を探そうとしたんです。

う~ん。でも、その条件を満たす職場ってなかなかないですよね?

そうなんです。

なので求人探しも人並み以上に苦戦していたんですが、ある時奇跡的に「英語を教える幼稚園教諭」という求人を見つけたんです!

すごい!ていうかもうAさんの条件を満たせる仕事ってその仕事くらいしかなくないですか?(笑)

今思うと本当にそうですよね(笑)。

その幼稚園は英語教育に力を入れていたので、授業は全て英語で、さらに幼稚園なのでピアノを弾く機会も多くて「ここしかない!」と思いました。

それで無事内定をもらって、幼稚園教諭としての生活がスタートしたんですね!

はい、幼稚園の仕事は子どもを預かるので責任も大きいですし、小さな子ども相手なので体力勝負で、はっきり言って実際は想像以上に大変な仕事でした。

でも、「先生!先生!」って言って子どもたちが懐いてくれるのは本当にかわいかったですし、その幼稚園は教育現場には珍しく激務というわけではなかったんです。

特に残業もなくて毎日定時で帰れますし、たまに休日のイベントで出勤はあっても振替休日もありましたし。

自分の得意なことも活かせて、やりがいもあるし、当時の生活には特に不満もなかったですね。

一時は大変でしたけど、結果的にめっちゃ順風満帆じゃないですか!そんな人なかなかいないと思いますよ!!

ですよね~。

でも、「あること」がきっかけで、そんな生活に疑問を持つようになってしまったんです……。

友人との“違い”に違和感「私、幼稚園教諭のままでいいの?」

普通に考えて、Aさんの状態って最高だと思うんですけど、一体なにがあったっていうんですか!?

幼稚園で働き始めてから2年くらい経って、仕事にも慣れてきて、その頃から大学時代の友人たちと飲み会に行く機会が増えてきたんです。

生活にも余裕が出てきたんですね!良かった!

はい、それで最初は楽しかったんですけど、だんだん「なんだか私、周りと話が噛み合わない」と感じるようになってきてしまって……。

えっ?どういうこと!?

実は理由は明白で、私以外の友人はみんな企業勤めの俗にいう『OL』だったんです。

だから、友人たちとの話題は“企業に勤めるOLならでは”の話題も多くて、仕事の話から抱える悩みまで全く違っていたんですよね。

う~ん、でも友人と仕事が違うことなんて、別に珍しいことでもなくない??それにAさんは仕事にも恵まれてるんだし……!

そうなんです。

だから私も最初はそいう話を聞いていても「私の職場とは全然違うんだな~」くらいにしか思ってなかったんです……。

「最初は」って、だから一体どうしたっていうんですか!?

みんな、仕事の愚痴を言ったりしながらも、なんだかいきいきしていて、すごく輝いて見えたんです。

でも、Aさんだって幼稚園教諭の仕事にやりがいや楽しさを感じてたんですよね?

はい。

でも、よくよく考えると私は初めから幼稚園教諭を目指していて今の仕事に就いたわけではなかったし、ただ「今の自分にできること」で今の仕事を選んだだけだったんですよね。

それで、

  • このまま幼稚園の先生として働き続ける人生でいいのかな?
  • 実はもっとほかに挑戦できる仕事があるのでは?

といった疑問を抱くようになって、自分の将来について深く考えるようになったんです。

なるほどね~。これまでは「就職しなきゃ!」で突っ走ってきたけど、そこでふと立ち止まったってわけね。

幼稚園教諭から転職を決意できたのは、父のアドバイスがあったから

それで、Aさんはどうしたんですか?

はい、そんな感じでずっとモヤモヤ考えている状態が続いていたんですが、久しぶりに実家に帰った時に、父に自分のキャリアについて相談したんです。

腹を割ってお父さんと話せる関係、イイネ!で、お父さんはなんと……??

父の返事は「もちろん幼稚園教諭も素晴らしい仕事だと思う。でも、転職できるチャンスがあるなら、企業に勤めてみるのもいいんじゃない?」というものでした。

そして、父は企業勤めの人だったので、「企業勤め」をした場合に身に付くスキルについてもその時に教えてもらったんです。

素敵なお父さんですね!

ありがとうございます。

それで、そんな父のアドバイスも後押しになって、私は幼稚園教諭から転職することを決意したんですが、とはいっても、私は大学卒業時ですでに24歳だったんですよね。

しかも卒業後は幼稚園教諭という経歴だったので、年齢的にも経歴的にも今から企業勤めができるようになるかめちゃくちゃ不安で……。

あっ、それでUZUZに登録したってわけですね?

はい、私は一般的な就活も経験していなかったし、企業への転職活動もどういうふうに進めれば良いのかわからなかったので、プロの力を借りようと思って、UZUZに登録しました。

その時、幼稚園の仕事は?

仕事は辞めずに、日中は幼稚園の仕事を続けて、勤務終了後の夜に就職活動を行うようにしていました!

幼稚園教諭からの転職にいくつも立ちはだかる”壁”

幼稚園で仕事を続けながらだし、就活は大変だったのでは?

はい、正直想像以上に大変でしたね(笑)。

私は第二新卒として転職活動をしていたのですが、

  • 時間が確保できないこと
  • 幼稚園教諭などの教員がキャリア的に有利でないこと
  • 希望が事務職だったので、そもそも求人が少なかったこと

3つが特に大変でした。

特に「時間の確保」については、企業の面接って基本的に平日に行われることがほとんどなので、私のように平日に休めない仕事では時間調整がかなり大変でした。

先生だし、なかなか休むわけには行かないよね……。

そうなんです。

なので、できるだけたくさんの企業に応募するのではなく、企業を絞って就活するというやり方で進めていました。

あとは、やはりキャリアの面でも、有利ではないとはわかっていたものの、こちらも想像以上に大変でした。

例えばどんなところでそう感じましたか?

やっぱり企業側には、

  • 前職と全く職種が違うのに戦力になるのか?
  • 前職と全く職場環境が違うのに会社に馴染めるのか?

と身構えられてしまうようで、さらに私は実務経験がないと厳しいと言われる事務職を希望していたので、かなり壁を感じました。

そっかぁ……。第二新卒といえども、なかなかスムーズにはいかなかったんだね。

はい、それで、キャリアアドバイザーさんからの勧めもあって、一度落ち着いて自分の強みについて整理してみたんです。

すると、私の強みは、

  • 4年制の米国大学に進学していた
  • 短期離職することなく働き続けた

この2つだということがはっきりとわかったんです。

それからは、第二新卒の就活の流れもおさえながら、アピールポイントが活かせそうな志望度の高い数社にしぼって就活を進めていきました。

経歴や職歴の棚卸しって大切なんだね!自分の強みがはっきりすると企業側としても「どんな人か」がわかってもらいやすいよね!

面接対策代わりに進めた“自分なりの選考準備”

仕事をしながらの就活って、具体的にはどんなふうにやってたんですか?

幼稚園教諭の仕事は残業もほとんどなかったんですが、とにかく平日に休みが取れなかったので、平日にできることって限られていたんです。

UZUZさんでも通常サポートで平日、企業ごとの面接対策が実施されているのですが、私は平日に休みがとれないので、面接対策ってあまりできなくって……。

それで、キャリアカウンセラーさんと相談して、選考を受ける際に質問されそうな次のことについて、毎日少しずつ考えて準備を進めたんです。

  • なぜ1社目を選んだのか
  • 1社目で学んだことは何か
  • なぜ今のタイミングで転職なのか
  • なぜOL(事務職)として働きたいのか
  • なぜうちの会社なのか

たしかにこれは面接でも質問されそうだよね!

面接ではありがちな質問だとは思うんですが、このことを端的にかつ具体的に話せるように準備するのって、私にはそれはもうすっっっごく大変だったんです!

そ、そんなに!?

はい、そうなんです……。

私、これまで自分のキャリアについてそこまで深く考えたことってなくって……。

でも「なんとなく」のぼんやりした考えのまま進めても、企業側は採用してくれないことはわかっていました。

なので、「そもそも本当に転職すべきなのか?」ということも常に自分に問いかけながら取り組みましたね。

それで、Aさんは「やっぱり自分は転職すべきだ」って思ったんですね!?

はい、辛く感じることもありましたが、自分と真剣に向き合ったことで、自分の考えにも確信を持てるようになったのでよかったです!

ついに内定!幼稚園教諭から事務職に転職成功

ちなみに面接はどれくらいのペースで受けてたんですか?

1週間に1~2社のペースでしたね。

幼稚園なので、朝は結構早くからスタートしますし、残業はほとんど無いにしても、平日に転職活動ができるのは早くても19時以降なんですよね。

なので、正直平日の転職活動は肉体的にも精神的にもかなりハードでしたね……。

でも、その努力の結果、ついに事務職として内定がもらえたんですよね?

はい!

辛かったですけど、自分で決めたことなので、そこは弱音を吐かずに、時間を作っては転職活動を進めましたね。

仕事の都合であまり多く取れない面接対策だったからこそ、面接対策ができる際にはしっかりフィードバックがもらえるようにしたんです。

自分でも回数を重ねるうちに回答の質が上がっていることが実感できてきて、結果としてIT企業の事務職から内定を獲得することができました!

おめでとうございます!聞くところによるとベテランの人事の方から「今までで一番楽しい面接でした」と言われたとか……?

そうなんです!

そのお話を聞いた時はすごくうれしかったですが、正直ほっとした方が大きかったかもしれないですね(笑)

幼稚園教諭から転職し、一年半が経過した今の“リアルな気持ち”

Aさんは、その後就職してもう1年半くらいが経っていると思うんですが、今はどんな仕事をされてるんですか?

はい、今は人事アシスタント業務をしています。

アシスタント業務ときくと正直楽そうなイメージもありますけど、たしかAさんが就職された会社はいわゆる大企業ですよね?結構大変なんじゃないですか?

そうですね、親会社の採用も含めて、新卒採用関連の管理業務を一手に引き受ける部署なので、事務職といえども採用の数字を追いかけることが多いですね。

へ~!じゃあ結構営業に近い面もありますよね。

そうなんです、応募者や社内の方とコミュニケーションとることも多いですし、必要があれば地方での採用のために全国にも出張していますよ!

幼稚園教諭の頃からすると考えられないくらい仕事の幅が広いですね(笑)。

なんだか忙しそうですけど、ちゃんと休めてます?

はい、そこはある意味大企業なのでちゃんとしているというか、土日祝日は休みですし、残業があっても平日は遅くとも19時には退社できています!

最後に、Aさんの今のリアルな気持ちを聞かせてもらってもいいですか?

はい、希望どおりの就職ができて、今は充実した日々が送れていますし、あの時思い切って転職に踏み切って良かったなと思っています。

ただ、やはり大企業ゆえなのか、個人の頑張りが目に留まりづらくて相対評価になってしまうので、なかなか評価されづらい環境というのは少し不満ですかね。

とはいえ、現状に関しては決してネガティブな気持ちを抱えているわけではないので、今は目の前の仕事を着実にこなして、一人前になれるように頑張るのみですね!

長い時間、貴重なお話をありがとうございました!これからも頑張ってくださいね!さらなるご活躍を応援してます!!

まとめ:幼稚園教諭からでも転職できる

幼稚園教諭から大企業のOL(事務職)へと見事転職を果たしたAさん。

仕事を続けながら全く違う業界・業種への就職活動を行うというのは決して簡単なことではありません。

今回Aさんへのインタビューからわかった転職成功ポイントは大きく次の5つ

【転職成功ポイント】
  1. プロの力(就職エージェント)を借りて就活をすすめた
  2. 自分のアピールポイントの棚卸を行った
  3. 第二新卒の就活の流れを押さえながら就活を行った
  4. 志望度の高い数社にしぼって面接を進めた
  5. 自宅でもできる面接対策をしっかりと行った

限られた時間の中でも最大限の努力をし、第三者のサポートを受けながら効率よく就活をすすめられたことが転職成功の要因といえるでしょう。

Aさんの場合は結果としてうまくいったけど、でもやぱり全く違うジャンルの仕事に転職するのって怖いし、不安も多いよね……。

その不安な気持ち、と~っっってもよくわかります!

でも今回ご紹介したAさんのように、一見難しい挑戦に見えても、挑戦してみないとわからないことがあるというのも事実。

UZUZでは、転職のことで心が揺れ動いているそんな皆さんの就活を心からサポートしたいと思っています。

もし、「異業界・異業種に転職したいけどどうしよう……」と悩んでいる方は、ぜひ一度UZUZにご相談ください。

UZUZでは、全てのサービスを完全無料でご利用いただけるだけではなく、ご紹介する求人に“必ず応募しなくちゃいけない”ということもありません。

Aさんがお父さんや私たちUZUZに相談されたことで、次のステップへと進むことができたように、まずは「第三者」に今の悩みを話してみるだけで、何かしらの糸口が見つかるはずです。

その「第三者」にぜひUZUZを選んでいただけたら嬉しいです。

なお、UZUZについての詳しいサービス内容については以下のボタンからチェックすることができます。

ぜひお気軽にUZUZをご利用ください!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top