大学留年し1ヶ月で退職した25歳の第二新卒…エンジニアで内定獲得!!

本日の「内定者の声」は、Mさん(25歳・男性)をご紹介します。1社目を1ヶ月で短期離職し、第二新卒として転職活動をスタートさせたMさんの就活体験談です!

単位不足で卒業が遅れ、そのままニートに

楽しそうにカラオケをする若者達
学生時代のMさんは法学部に在籍しておりカラオケ店でアルバイトに勤しむ、ごくごく普通の大学生でした。ただ1点違うことといえば、卒業が半年遅れてしまったこと。夜勤のバイトに加えて通学に2時間半かかることもあり、3年生次になかなか授業に出られず進級に必要な単位を落としてしまいました。

Mさんはその後何とか単位を取得し、半年遅れて卒業。その後でMさんが何をやっていたかというと、ぶっちゃけ何もしてませんでした。つまり、ニートですね。就職活動を行いつつも卒業から半年遅れてしまったことに対する負い目や、就活そのものに苦手意識を持っていたことが原因でなかなか身が入りませんでした。

ただ「いつまでもこのままでいるわけにはいかない」という気持ちもあったので、その後就職活動を行い1社から内定を頂くことができました。

短期離職後、公務員を目指すも…

頭を抱え、物が散乱した机に突っ伏する男性
MさんはNHKの集金を行う会社の営業職として内定を頂いたのですが、結果的に1ヶ月で退職することとなりました。営業職として働いていくイメージを持てなかったことが原因でした。

その後はアルバイトをしながら公務員を目指していましたが、結果としては最終面接まで行くも不合格。このまま試験を受け続けるのは年齢的にも難しいし、いよいよ本当にまずいと考えるようになり、当社の就活サービスに登録してくれました。

内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

Mさんのこれまでの行動は正直言って甘い部分もありますが、「軸のない就職活動をして、本当に甘かったなと思います。お恥ずかしいです」とご自身も現状を理解し、素直に話してくれました。

Mさんは自分の頑張り次第で遅れを取り戻せて、手に職をつけられるエンジニアを軸として就職活動を行っていくことになりました。

遅れを取り戻すため、真面目に取り組んだ転職活動

ゴールテープを切るスーツ姿の男性
今回の就職活動のポイントとしては、、この2点です。私はMさんと、「自分のこれまでの行動を自分の言葉で反省できるか」「今後どうしていきたいのかきちんと話せるかどうか」これらにフォーカスして面接対策を重ねていきました。

Mさんはこのとき携帯販売のアルバイトをしており、あるとき「そこで正社員になることは考えないんですか?」と尋ねたことがあります。

するとMさんは、「いや、考えていないです。やっぱりキャリアアップはそんなに望めないですし、何より僕はほかの友人達より大きく遅れをとっています。だから他の企業で一刻も早く遅れを取り戻したい」と語ってくれました。

この時にMさんの熱い思いを感じられましたね!またMさんはとても真面目な性格でしたので、分からないことはメモを取ったり積極的に質問してくれたりしました。「次までにここをまとめてきてくださいね」と言うと必ずやってきてくれましたし、いつでも食らいついてきてくれました。いやいやMさんは、本当に素晴らしかったです。

その頑張りの甲斐あって、Mさんは受けた1社目で見事内定を獲得!!連絡をした際に「ええっ!?まじですか!?うわ〜〜嬉しい…!!」と喜んでいたMさん。1度は4時間ぶっ通しで対策をしたこともありましたね。大変でしたよね。本当に本当におめでとうございます。2月からエンジニアとして頑張ってくださいね!応援しています!!

Mさんのようにニートやフリーターを脱出して無事に就職活動を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。以下のノウハウ記事や就職体験談を参考にしてみてください。

「フリーターやニートをやめたい…」と考えた方におくる、とっておきの就職方法
28歳で職歴なし!ニート・フリーターからの大逆転ストーリー

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事