大学留年を経験した既卒者が未経験分野で内定獲得!

今回の「内定者の声」は、単位不足のために留年を繰り返した既卒生・Kさんの体験談をご紹介します!

アルバイトに追われ単位を逃す

枕元の目ざまし時計を消そうとする男性
Kさん(25歳・男性)は、今年の3月に名門私立大学を卒業しました。なぜ既卒になったばかりで25歳なのかというと、Kさんは大学に7年通われたからです。そのため彼の就職活動において一番のポイントは、留年の理由をしっかり伝えることでした。

Kさんが留年された理由は単位を一つ落としてしまったことがきっかけです。再び大学に通うことになったのですが、内定を貰っていた企業から「アルバイトで働いてもいいよ〜」と言われたため、ほぼ社員と同じスケジュールで営業職として働くことになりました。

「一単位分の授業を受ければいいだけだから、働きながらでもなんとかなるだろう」そう思って働き始めたKさんでしたが、現実はそう簡単にいきませんでした。朝早くから出社して夜は遅くまで残業し、授業に行くはずの日には疲れて休んでしまう日が続きました。

大学に行けないままの日々がズルズル続き、Kさんはいよいよ「このままでは本当に大学を卒業できなくなってしまう!」と危機感を持ったそうです。学業に専念するためついにアルバイトを辞め大学に通うようになった結果、無事に卒業することができました。

エンジニアは手に職がつき、収入アップも期待できる

瓶にコインを貯めている人
Kさんが新卒時内定を獲得していた会社は福祉用具の販売を行う会社でした。なんでも「今伸びている業界で働きたい」という想いがあったそうで、「福祉用具の需要は高齢化社会が進む日本ではどんどん伸びて行くので、それを売っている会社で働こう!」と考えたそうです。

実際に仕事は多く会社の売上も伸びていました。しかしKさんはアルバイトとして働くうちに「確かに会社の売り上げは好調だ。でもそれだけ。売れるのは商品が必要とされているからであって、自分の力ではない。果たしてこの仕事で“自分自身のキャリア”は形成されるのか?」という不安を抱くようになったそうです。

そこでKさんはUZUZを利用し就職活動をスタートさせました。

内定率は83%以上!第二新卒・既卒・フリーターの方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

アルバイトでの経験から、彼は「自分自身が成長して手に職をつけられる仕事に就きたい」と考えるようになり、これを既卒の就職活動の軸とします。そして、いろいろな選択肢の中からKさんは「ITエンジニア」に的を絞って選考を受けるようになります。手に職をつけられるだけでなく、資格を取得すれば収入を上げられるという面にも共感していたようです。

ここでITエンジニアの収入について興味がある方はぜひこちらの記事をご覧ください。

IT業界の注目株!今アツい『インフラエンジニア』の年収っていくらなの?

少し複雑な経歴を持っていたKさんですが、もともと地頭がとても良い方だったのでしっかりと経歴を説明して面接を突破、無事に内定を獲得することができました。新しい環境での新しいスタート、頑張ってくださいね!

大学に7年間通ったKさんですが、UZUZでは他にも人より時間をかけて大学を卒業し就職活動に成功された方がいらっしゃいます。一体どのようにして内定を獲得されたのでしょうか。

▼詳しくはこちらから!
3年留年+空白期間1年の27歳既卒…経歴のハンデを乗り越え未経験エンジニアへ!
大学留年、卒業してからの空白期間2年。内定を取るためには、どうする?
2留からの大学院中退。27歳、挫折からの就活成功物語

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事