内定者の声|公務員を目指していた第二新卒者が未経験からITエンジニアに挑戦!

今日は営業職を2ヶ月で退職し、その後公務員を目指していたKさんが全くの未経験からIT業界へと方向転換をし、見事に内定を勝ち取った経緯をご紹介していきます。

営業の仕事に疑問を抱き始める

商品を勧める男性
Kさんは学生時代に社会経済について学び、サークルは映画研究会に所属していました。新卒時は家具への興味が強かったため、家具業界への就職を目指して就職活動をスタート。職種としては、文系であったため営業職を志望していました。

無事に内定を獲得し、家具用品の営業職として大学を卒業後にとある企業に入社しました。しかし2ヶ月ほど経った頃、実際に営業職として働く中でギャップを感じ始めます。

就職活動時には営業職のイメージがしっかり固まっていなかったためか、実際に働いてみて、お客様に商品を売ることに対する抵抗感が出てきてしまったのです。Kさんはこの先10年、20年と働いていけるのかと悩んでいました。

そのときに社長から呼び出しがあり、「営業マンとして育てて行くことが難しくなってしまった」と打診を受けます。企業に迷惑をかけることや自身のキャリアにも傷がつきますが、悩んだ結果Kさんは退職することを決意しました。

退職後、Kさんの父親が公務員ということもあり身近な職業であったため、自身も同じ道を目指して日々勉強に励むことに。1日平均8時間、多いときは10時間ほど机に向かっていたそうです。

しかし残念ながら合格には至らず、公務員に挑戦する期間は1年だけと決めていたため就職活動を始めてUZUZへ登録してくれました。

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

公務員志望から、エンジニアへ進路を変更

ノートパソコンを操作する男性の手元
Kさんと新規カウンセリングをした時、「非常に真面目な方だな」という印象を抱きました。2時間のカウンセリングを通し、Kさんは「自分の専門領域を持ちたい」「人間として成長したいので、責任の重い仕事をしたい」という想いを持っていることがわかりました。

公務員試験の勉強の際は1日毎日8時間以上の勉強をこなしていたため、勉強を続ける習慣は身に付いていました。さらに継続的な努力が得意というKさんの強みを加味して、ネットワークエンジニアを目指して就職活動を進めていくことに。

「ネットワークエンジニアって何?」と思われた方はこちらの記事を参考にしてみてください。

既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?
ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)の登竜門!『CCENT』と『CCNA』の勉強方法とは?

IT業界はこれからどんどん需要が高くなる業界です。その業界で努力することで、自分自身が需要の高い人材になりたいという思いから、Kさんは即座にネットワークインフラの勉強を始めました。

自分の過去を見直し再出発

ゴールまでの道のりを模索する男性
営業職を退職後に公務員を目指し、現在ではIT業界の技術職を志望しているKさんに対して、企業から「長期的な物事の見方が苦手である」「キャリアの軸や考えが浅い」とのフィードバックがあり、面接ではお見送りを繰り返しました。

そのため、Kさんは「前職は興味があった商材のみで選んでしまい、将来の方向性を考えられておらず働く覚悟が足りなかった」と、過去を真摯に受け止めました。そしてどうして今ネットワークエンジニアを目指しているのか、興味だけでなく自分の強みと将来の理想像を踏まえ、長期的な目線を持って自分自身と向き合ったのです。

Kさんは「後輩への指導を行えるだけのスキルと知識を持ち、ネットワークエンジニアとして高い付加価値を出せる人間になりたい」という気持ちを、面接の場でしっかり伝える練習を繰り返しました。

また努力家なKさんは、面接対策の際の待ち時間などは必ず自身で購入した参考書を片手に勉強をしていました。

そして内定は…

笑顔で握手を交わす男性達とチームのメンバー
そんなKさんの気持ちが届き、4社目で無事に内定を獲得!最終面接を終え、その日のうちに企業から内定の連絡を受けKさんに急いで連絡をしました。

Kさんは自宅へ帰るために電車に乗っていましたが、相談をしたいとのことで途中で引き返しUZUZのオフィスに戻ってきました。とても喜んでいた反面、真面目で心配性なKさんは、「内定は嬉しいけど、未経験の自分にやっていけるだろうか」と少し不安を感じていました。

しかし、Kさんが入社する企業は研修期間が1.5ヵ月間ととても充実しています。またKさんの強みである、目標に向かって地道に努力できる点を活かして働くこともできます。今までの自信が持てなかった自分ではなく、しっかりと責任感を持って働くことで成長したいとの思いからネットワークエンジニアとして頑張ることを決意しました。

今月(12月当時)から働き始めたKさんに先日連絡をしたところ、「覚えることはとても多く、なかなか大変だけれどこれから頑張っていきます!」ととても心強く話していました。

Kさんが無事にCCNAを取得できることを祈っています。

UZUZではKさん以外にも公務員を目指していたものの、進路変更をしてエンジニアになった方が他にもたくさんいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
公務員を目指していた14卒の既卒女性がエンジニアで内定!しかし内定を獲得した後に問題が……!
公務員試験に2回落ちた既卒男性。面接が苦手だった彼がエンジニアの内定を獲得した理由とは?
なぜITエンジニアに?公務員不合格後、進路を変更した23歳の“決断”とは。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事