熱狂するライブ会場

本日の「内定者の声」です。新卒で商社に入社するも、雰囲気についていけず退職したKさんが、エンジニアを目指して転職活動をスタート。彼の体験談を詳しくお届けします!

飲み会が激しく商社を退職

グラスやビンを手に持ち乾杯する人々
大阪府出身のKさん(23歳/男性)は、関西の有名大学であるR大学に入学後、K大学に編入しました。Kさんはハモネプ絶頂期にアカペラにハマり、R大学よりサークル人数が多くレベルが高いと言われていたK大学に行きたいと思ったためです。

K大学の先輩はアカペラ全国大会で優勝の実績があるそうで、Kさんもハモネプを目指しましたが全国大会予選であえなく敗退してしまいました。

1社目の入社理由

自分が2者の間に入り、付加価値を生む業務という点に興味をもったKさんは商社へ入社しました。専門商社の仕事は以前専門商社という仕事で記載しておりますのでご参考にして下さい。

退職理由

Kさんの会社では勤務後の飲み会が頻繁にありました。一升瓶のいっき飲みや男気ジャンケンで全額払いなどもあり、お酒が全く強くないKさんとしては非常に苦労されたそうです。そのため会社の雰囲気とは合わず、退職を決意します。

KさんはUZUZに登録し、転職活動をスタートさせました。

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ』

若手の勢いが欲しい

黙々と仕事をするオフィスの様子
「お酒が原因」という退職理由に関しては、企業によって反応はバラバラでしたね。「商社なんだから当たり前でしょう、分かっていたんじゃないの?」と仰る企業様もいる一方、「それは仕方ないね、うちの会社でそういうことはないから安心していいよ」と考える企業様もいました。

しかし頑張って転職活動をした結果、Kさんは外資系食品会社の社内SEとして内定を獲得!そのポイントとしては、「企業に変革を起こしてくれる人材」でした。

イギリス本社の会社で日本でも大きくフードサービスを展開している会社様でしたが、組織の硬直化を懸念されていました。若く勢いがある方が、社内でどのようにイノベーションを起こしてくれるかを期待していました。

そのような背景から、「社内SEという立場で会社のマネジメントフロー・予算・工数を把握し、業務の改善案を提案し、変革を起こしたい」という志望動機をお話ししております。

入社後、企業の執行役員の方とお食事をする機会がありました。「Kさん、仕事に少しずつ慣れてきたよ。良い方をご紹介ありがとう」とおっしゃっていました。嬉しいですね、候補者からの感謝の気持ちも嬉しいですが、企業の担当者からも感謝されるのがこの仕事の醍醐味だと改めて感じました。

UZUZでは他にも社内SEに就職された方がいらっしゃいます。
市役所勤務から社内SEに!2週間のスピード内定獲得術とは

また、Kさんと同じように商社の営業職から外資系プログラマーの転職に成功された方もいらっしゃいます。
専門商社を短期離職した第二新卒。営業から外資系プログラマーへの転職!内定のためのポイントは?

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事