既卒の就活体験談Vol.38|幼稚園教諭から未経験人事職への転職成功

おはようございます。Hirokiです。
本日は幼稚園で英語を教えていたHさん(26才 女性)の転職活動について
お伝えできればと思います。

今までの経歴

hiroki_naiteisha38_01

Hさんは高校を卒業されてから、アメリカの大学に進学しました。
アメリカの大学ではピアノを勉強しており、大学卒業後はプロを目指すために大学院への進学を考えていました。
しかし、金銭的な事情によりギリギリのタイミングで大学院進学を断念しなければならずに大学を卒業しました。
大学卒業後は日本に帰国し、その後既卒として就職活動を行い
海外生活で身に付けた英語力を活かせる仕事という軸で
幼稚園での英語教諭として前職に入社しました。

仕事内容としては幼稚園の先生ということで、自分のクラスの生徒達へ英語を教えたり、
教室を運営する為に必要な事務作業全般等の幅広い業務に携わっていました。
毎日始業の1時間半前には出社して万全の体制で業務に臨んだり、
イベントがある日には休日出勤をして、生徒が楽しめるようにと
全力で業務の取り組んでいました。

転職理由

hiroki_naiteisha29_05

上記のように全力で業務に取り組んでおりましたが、転職活動を開始した理由はなかなか深刻です。
なんと、会社側から、契約形態が急遽、アルバイトで給与体系が時給制になると伝えられたのです。
理由としては、会社側の方針で先生を全員ネイティブの外国人に切り替えるという決定がされた為です。
Hさんは語学が堪能だった為に残る道が残されましたが、非常に厳しい選択を迫られました。

「しっかりと安心してキャリアが積める環境で働きたい!」

という気持ちから転職活動を開始しました。

転職活動のポイント

hiroki_naiteisha38_03

Hさんの転職活動でのポイントは2つあります。
一つ目は在職中で忙しかったため、就職活動に割ける時間があまりなかった事と
面接を受けるにも、平日の19:00以降しか動けなかった為に調整に時間がかかったことです。
この点に関しては持ち前のガッツで、休みの日や細かい時間でもしっかりと企業研究を進めてくれたので
しっかりとカバーすることが出来ました。

二つ目は「日本語力」です。
これは留学して海外生活が長い方だと陥りやすいのですが、
しっかり話しているつもりでも、ちょっとおかしな日本語を使ってしまう。という現象です。

私も、留学から帰ってきて就職して最初のうちは

「なんか岡本って日本語変じゃない?」

と先輩からご指摘頂きました。。。笑

自分としてはまともに話しているつもりなので、どこをどう直せばいいのか正直わからなかったのですが
日本での生活が長くなるにつれて、自然と解決しました。

Hさんはこの問題に対しては、

「まぁ長い事留学していたから仕方がない!特に気にせずに自分の伝えたい事を伝えましょう!」

というあまり具体的ではありませんが、気合いと根性で乗り切る作戦で臨みました。

結果としては未経験からの人事職という、超激レアな求人で激戦を勝ち抜き
内定を獲得することに成功しました!

持ち前の明るいキャラクターから高い評価を受け
一次面接ではベテランの人事担当者の方から

「今までの面接で一番楽しい面接でした!」

と言われる程の高い評価をもらいました!

入社後の状況

hiroki_naiteisha38_04

Hさんが人事として働き始めて、現在の状況を伺った所
新卒の採用の説明会で人前で話したり、出張で色々な所に行ったりと
とても忙しそうですが、人事という新しい仕事を通して自分自身が成長している事に
とても喜びとやりがいを感じているようでした。

「まだまだ知識が足りないので、少しでも早く一人前になれるように家でも勉強をしています!」

と話していたHさんは、相変わらずだな〜と感心しました。

新しい環境で大変な事も有ると思いますが、持ち前のガッツと明るさで乗り越えて下さい!
応援しています!

Hiroki

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事