UZUZスタッフ

さて今回は私がサポートしたある第二新卒の方をご紹介したいと思います。

Hさんのプロフィール

内定者
名前:Hさん
性別:男性
年齢:25歳
勤務経験:携帯代理店で販売を経験(3年)

Hさんは中学校時代に関東陸上大会にて優勝した記録を持ち、大学時代はスキーのインストラクターの資格を取得するなど非常に優秀な方でした。

また職歴が3年ある方で、前職の携帯販売職ではなんと1000人中1位という販売実績を残されていました。

Hさんは当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』を利用し、転職活動をスタートさせました。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

繰り返される「なぜ?」の質問に答えられるよう対策

笑顔で面接を受ける男性
Hさんはとある会社に興味を持たれ、なんと1次面接対策に14時間もの時間をかけて面接に挑みました。

しかし努力むなしく3次選考で落選…。しかし最終的には人材コンサルティング(IT/プロモーション/採用戦略など幅広い事業を展開)会社の営業職として内定を頂きました。

Hさんが面接に落ちる理由で一番多かったのが『意見に深みがない。掘り下げると答えが出てこない』というものでした。

その課題を解決すべく、面接対策では「なぜ?」「どうして?」を繰り返していきました。

過去に対する質問、要するに経歴に対する質問に関しては深掘りされても答えるのはそれほど難しくありません。

なぜならすでに起こった話だからです。事実に基づいて話していけばOKです。

しかし志望動機などの回答になると、難易度は格段に上がります。

第二新卒者は大幅なキャリアチェンジを行う場合が多いので、
「なぜこのタイミングで異業種なのか?」
「職種も以前と全く異なるが、それを選ぶ理由はなぜか?」
という点を徹底的にヒアリングされます。

今回のHさんのケースですと有形商材の販売経験が3年あったので、特に以下の質問の回答を固めていきました。

  • なぜ人材業界なのか
  • なぜ営業職なのか
  • 職務内容に関してはどのように認識しているか
  • 将来どうなりたいか、それはなぜか
  • なぜ競合他社ではなく弊社なのか

求人票やHP、資料を見ながら、その企業で働きたい理由をじっくり考えるため、かかった相談時間は10時間を超えました(笑)

理由を聞かれる「ナゼナゼ面接」は答えに詰まってしまうことが多いため、非常に通過率が下がってしまいます。

なぜなら既卒/第二新卒の若年層で、そこまで深く物事を考えている人が多くないからです。

しかし絶対に入社したい会社だからこそ、志望動機や将来像は念入りに考えましょう。

万全の準備で面接に望むと、Hさんのように志望企業に入社できるはずです。

Hさんのように面接対策に力を入れたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

既卒・フリーター第二新卒必見!人材紹介会社社長が語る面接対策 虎の巻
既卒のための面接対策|就職活動の身だしなみVol.1
既卒のための面接対策|就職活動の身だしなみVol.2

Hさん、内定獲得おめでとうございます。

面接対策等本当にお疲れ様でした。ポテンシャルが高く明るいHさんなら、次の企業でも活躍できるはずです。

新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。

UZUZではHさんのように営業職への転職に成功された方が他にもいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
【第二新卒】短期離職23歳が1社選考のみで営業職に内定!
16卒の男性が、「ウズウズカレッジ」に通って営業職の内定を獲得!
大手不動産4ヶ月退職…諦めなかった15卒が営業職で内定!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事