麦畑の中で遠くを指差す初老の男性と、それを見つめる若い男性

今回ご紹介するAさんは東京農業大学に進学し、北海道の網走で大学時代を過ごされていました。

農業系の大学を卒業したのになぜエンジニアへと転身したのかチェックしてください。

内定者の声、第11弾!

グラフをペンで指し示しながら説明する男性
Aさんがなぜ東京農大に進学したのかというと、「将来は祖父の農業を継ぎたい!」という思いを小さい頃から抱いていたからでした。

大学時代は農作物、畜産に関連した知識だけでなく、実習という形で農業のイロハを学んできました。

卒業研究では、網走用に品種改良した寒冷地仕様の小豆を、現地のJAと共同で1年間栽培しデータを収集していました。

寒いながらも楽しい学生生活を送っていたAさんに、転機が訪れます。

そう、就職活動の時期がやってきたのです。

当時のAさんの軸は以下の通りです。

  • 1.農業大学の出身だから、食品メーカーにしよう!
  • 2.安定を選ぶのであれば公務員がいいかも
  • 3.将来継ぐのであれば、すぐに祖父の農業を手伝おうかな

卒業後、Aさんは「祖父の農業を手伝う」ことにしました。

しかし、もともと腰痛持ちだったAさんは、手伝ううちに腰を悪化させてしまい、将来的に農業に取り組むことに不安を感じていました。

畑違いのエンジニアを目指す!?

ノートパソコンを見ながら談笑する男女
そんな不安を抱えたまま1年が過ぎ、とうとうAさんは動き出します。

「今の自分が一から始められる仕事は世の中にないかな?」という想いを持って就職活動を再開したのです。

そんな折に「無料でキャリアカウンセリング」というキャッチフレーズに魅力を感じ、UZUZを訪れたことが私とAさんの出会いでした。

ちなみにAさんが利用したのは当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』。
こちらは『ウズキャリ第二新卒』という名前ですが、既卒の方もご利用が可能です。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

Aさんのカウンセリングを担当するうちに、「細かいことにも気が回る方」ということが分かりました。

加えて、とても真面目で実直。

私はエンジニアという職種をお勧めしました。

Aさんが持っている資質は、「エンジニア」に求められるものだからです。

面接を重ね、Aさんは無事にある企業から内定を獲得されました。

畑違いのエンジニアを目指すので、一から勉強する必要があります。

状況はかなり厳しいですが、Aさんのポテンシャルがあれば、職場で活躍してくれると信じています!

頑張ってください!

UZUZではAさんのように就活の軸を定めることで内定を獲得された方が他にもいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
「仕事退職したけどこの後どうしよう…」第二新卒に教えたい、就活の軸作りで大切なこと
14年卒 企業選びの軸がわからない‥皆さん共通の悩みを解決し内定へ!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事