理系大学生必見!これさえ見ればOK!学部別就職業界まとめ

理系にとって重要なのが“学部”。
文系以上に、専門性の違いが明確になっているため、
「他学部のことは全くわからない」ということも多いものです。

そのため、大学の学部別に業界をチェックし、情報収集を行うことは、就活時の大きなポイントとなります。
今回は、理系が大学学部別に業界をチェックすべき理由と見るべきポイントから、各専攻の業界研究をまとめました。

どんな業界に進むべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

理系が学部別に業界をチェックすべき理由

教授の下で研究する学生

理系にとって、「どの学部の出身なのか」ということは就活のときにも、
転職のときにも重要なポイントとなります。
なぜなら、学部によって学んできた内容が違うため、
同じ理系とはいえ、異なる学部のことは全くわからないためです。

たとえば、水産学を専攻した人は同じ理系でも材料工学については未知の領域。
学部ごとに学んできた内容が違うのと同じように、業界によって仕事内容も変わります。
出身学部によって、進むべき業界も大きく変わってくるのはある意味当然のことなのです。

特に理系は、研究を主とした学問が多いため、大学院に進み修士号を取得する人もたくさんいます。
そこまで研究を重ねてきたからには、培ってきた経験や知識を生かして働きたいと思う人が大半でしょう。
そうした希望を叶えるためにも、学部別の業界研究が大切なのです。

学部別に業界をチェックするときのポイント


理系出身者が、学部別に業界をチェックするときには、
あるポイントを押さえておくと効率よく情報収集ができるようになります。

そのポイントとは、「1つの業界だけにとらわれないこと」です。

業界によって仕事内容は大きく変わりますが、
学んできた知識がどんなことに生かせるかをじっくり考えることで、「できること」の幅も広がります。

たとえば、農学部出身者は、飲食系業界や農耕系業界へ進むことだけを考えがちですが、
「食」という人の生活の基本に関わるという意味で、出版業界やマスコミでも活躍できます。

このように、専攻学部で学んできたことから派生するさまざまな分野や仕事にまで範囲を広げると
選択肢が増えていくのです。

情報収集をするときには、「1つの業界だけに集中する」のではなく、
まずどんな活躍の仕方があるのかを考えてから、幅広く検討していくようにしましょう。

理系学部別の業界研究まとめ

未経験からITエンジニアの知識を深めている男性

ここでは、理系学部の専攻別の業界研究をまとめていきます。
今回は、8つの専攻学部をピックアップしてご紹介するので、出身学部や親しい学部をチェックしてみましょう。

材料工学

“材料”となるもの全ての専門知識を広く身につけることができる材料工学の出身者は、専門性をいかした仕事を見つけやすいという特徴があります。

しかし、「学んできたことをいかせる仕事に……」と業界範囲を狭めて考えてしまうと失敗してしまう可能性があるため注意も必要です。製造業界以外にも情報通信業なども検討の価値がある業界です。詳しくは、下記の記事でチェックしてみてください。

専攻をいかせる求人豊富!「材料工学」専攻の就職を業界研究

農学

分野を問わず人気があるのが農学専攻出身者です。「食」という実生活に根ざしたものに関わる分野のため、ニーズが高いのが人気の理由だと考えられます。特に食品・飲料メーカーに進むことを希望する人が多く、学んできたことをいかした仕事で活躍することが可能です。

他にも、報道関係でも需要があるなど活躍分野が多岐に渡っているため、「どんな仕事をしたいのか」を明確にしてから、業界研究へ進むと効率的です。

ニーズの高さをいかせ!「農学」専攻の院生向け業界研究

情報工学

ITが急成長している今。高度な数学やプログラミングを学んでいる情報工学出身者を求める企業が増えています。情報工学で学ぶ知識やスキルは、IT業界だけでなくさまざまな分野で必要とされているため、業界にこだわらず就職先を選択することができます。

求人数も多いため、「就職先にどんなことを求めたいのか」をしっかり考えて進む道を検討するのがおすすめです。多くの業界をチェックして、あれこれ想像しながら決めていきましょう。

IT業界?それとも他業種?「情報工学」専攻の院生向け業界研究

水産学系

「魚」に関わる分野だけはなく、多くの就職先を検討できる水産学系専攻。食品業界から医薬品業界まで、活躍できる業界はさまざまです。まずは、学んできたことをどういかしていけるのかを考えて、進みたい業界を選んでいきましょう。

院卒になれば、研究職や大学教員の道もひらけます。どんな業界へ進めるのか、うまくイメージできないときは、こちらの記事もご覧ください。

島国ニッポンの海産資源を活かす!「水産学系」院生向け業界研究

土木系

「土木」と一口にいっても、学科名はさまざまですが、共通している点は、社会基盤となるインフラ整備や街づくりに関わるということ。いわゆる土木系の業界だけでなく、金融業界などでも活躍の可能性がある土木系出身者のニーズは常に存在しています。

どんなに便利な世の中になっても必要とされる知識を存分にいかせるよう、業界研究はしっかり行っておきましょう。

ゼネコン中心にインフラ整備で活躍!「土木系」院生向け業界研究

建築系

専攻と就職先が直結しているといえば、「建築系」学部です。建築関連業界への就職を目指す人が多いため、業界研究もしやすいメリットがあります。

それ以外に不動産業界などへ進む人もいるため、建築以外の道があることも視野に入れながら、業界研究を進めていくこともできます。建築系出身者を求めるニーズは高いので、じっくり検討していきましょう。

ゼネコン、関連業界への就職が圧倒的!「建築系」院生向け業界研究

機械系

日本のものづくりを支える機械系学部出身者。就職先の業界はさまざまなので、まずはどんな業界へ進みたいのかを決めてから、業界研究を始めるのがおすすめです。

とはいえ、業界を絞り込みすぎてしまっても勿体無いので、どんな活躍分野があるのかを知っておくことも大切です。機械専攻のアピール方法なども踏まえて就職先を考えてみましょう。

理系トップの就活売れっ子人材!「機械系」院生向け業界研究

化学系

凡庸性が高く、多くの業界で引っ張りだこの化学系学部出身者。化学専攻というメリットをどういかすか、業界研究の前に考えをまとめておくのもポイントです。

就職先業界は、化学・医薬品・化粧品・製造など多岐にわたっています。やりがいを感じる仕事ができる業界はどこなのか、自分に問いかけながら絞り込んでみてはいかがでしょうか。

食品や素材メーカーだけじゃない!「化学系」院生向け業界研究

まとめ

仕事をする人工知能

理系は学部別の専門性が高く、その分必要とされている職種も多いのが特徴です。

就職先を絞り込む前に、さまざまな業界を研究し、自分に合ったところを検討することで、
やりがいを感じる天職のような仕事に巡り会える可能性が高まります。

それぞれの学部から進める業界をチェックし、納得のいく就職ができるよう、
広い視野をもって業界研究を行ってくださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事