20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

面接で研究内容をわかりやすく伝える極意【理系必見】

面接で研究内容をわかりやすく伝える極意
この記事は、人材紹介会社専務の川畑が監修しました。
川畑のプロフィールはコチラ

自分の伝えたいことはあるのに、面接になるとうまく伝えられない……

理系出身者の場合は、面接の際に自分がこれまでやってきた研究内容について説明することが少なくありません。

しかし、自分は必死に研究内容の素晴らしさを伝えようとしているのに、面接官のリアクションはイマイチ、といったことも……。

そこで今回は、

  • 面接で求められる研究内容の“わかりやすい”説明
  • 研究内容を面接でわかりやすく伝える極意
  • 研究内容を整理するステップ

など、どんな企業の面接官にもあなたの研究内容が魅了的に伝わる方法についてご紹介します!

私と一緒に「伝わる説明」を考えましょう!

今回は、株式会社UZUZの専務取締役であり、理系出身かつ大手住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)にて商品開発に携わった経験も持つ川畑も一緒にあなたの面接準備をお手伝いします!

これから面接を控えている方は是非チェックしてみてくださいね!

面接で求められる研究内容の“わかりやすい”説明とは

アフロマンは、面接と学会発表の違いって何だと思う?

えっと、そこにいる人も違うし、目的も違うし……

そう、実はそこがすごく大切!

学会発表では、研究者などの専門的な知識を持っている人たちに対して説明をし、「研究の成果」や「より専門性の高い説明」が求められます。

一方、面接ではどうでしょうか?

説明をする相手は面接官、つまり人事担当者。

求められていることも、研究の成果ではなく「あなたがどんな人間かを伝える」という点ですよね。

研究発表と面接の違い
一見ごく当たり前のことのようにも思いますが、この違いを意識していない人って実は意外と多いんです。

まずは学会発表と面接の「わかりやすさ」の違いという視点から考えてみましょう!

高校生でも理解できるくらいの“わかりやすさ”が目安

「わかりやすく」って言われてよくわからないんだけど……

目安は「高校生」ですね

高校生??

理系出身者の場合、理系分野に関連した企業への就職を目指す人も多いかと思います。

しかし、そのような企業の人事担当者であっても、必ずしも理系出身者であるとは限りませんし、自社の研究内容のコアな部分や専門用語まで理解していない可能性も十分に考えられます。

仮に研究職に就いている社員が選考に関わっていたとしても、彼らが選考後にひとつずつ研究内容をかみ砕いて人事担当者に説明する……ということはほとんどないでしょう。

そのため、いくらあなたが自分の研究内容に魅力や将来性を感じていたとしても、研究者目線での説明では相手には「なんのこっちゃ?」と思われてしまいかねません。

面接における研究内容の説明とは、高校生でも無理なく理解できる内容のものであることをまずは理解しておきましょう。

採用面接官は「研究成果」を見たいわけではない

そもそも面接で研究内容を説明する意味ってなんなの?

まぁぶっちゃけ研究の成果はどうでもいいかもしれません(笑)。

えっ、どういうこと!?

先ほど、面接官は理系出身者ではない可能性もあることをお伝えましたが、そうすると浮かんでくるのは「じゃあわざわざ説明する必要ってある?」という疑問ではないでしょうか。

言うまでもなく、研究によって良い成果を残すことは素晴らしいことです。

しかし、実は、面接官が知りたいのは「どれだけ良い成果が残せたのか」ということよりも、

  • どんな姿勢で研究に取り組んできたのか
  • 研究を通して何を学んだのか
  • 説明する能力

といったことだったりするのです。

研究そのものの内容というよりも、研究を通して見える「人物像」が求められている、と考えてみると良いかもしれません。

研究についてだけ知りたいなら、レポートを見ればわかりますからね

たしかに……

採用面接官は「採用のプロ」であって「研究のプロ」ではない

研究内容についての説明なんだから専門用語は使っていいんだよね??

専門用語を全く使わず説明っていうのはさすがに難しいかもしれませんが、基本的には使わずに説明してほしいですね!

「高校生に伝わるレベルって言っても、研究内容の説明なんだから専門用語を使うのは当然!」と考える人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。

面接担当者は「研究のプロ」ではなく「採用のプロ」。

「組織として仕事ができる人かどうか」を見ています。

例えば企業内での研究職として働く場合、研究だけをしていればいいというわけではなく、社内外の専門知識を持たない人たちに対しても研究内容の説明をする機会が出てきます。

そういった際に「わかりやすく」「魅力的に」伝えることができるプレゼン能力を持っているかどうかを、面接官は面接を通して判断しているのです。

う~ん、でもわかりやすくってどうすればいいの~

そんな疑問にお答えすべく、次の項目では「わかりやすく伝える極意」についてご紹介していきたいと思います!

研究内容を面接でわかりやすく伝える極意

これまでは自分が研究する分野の知識がある人に対して「研究内容を伝えること」を目的とした説明を行ってきたかと思います。

正直「専門用語を使ってナンボ」みたいなところはあった!

研究者に対しての説明だったのだから、それは自然なことですよ!

しかし、これからは就活にモードを切り替えて「内容よりも伝え方」を意識した説明を心がけてみましょう。

ここからは、「研究内容を面接でわかりやすく伝える極意」として、

  • 専門用語は、基本使わない
  • 不安になるくらい簡単にまとめる
  • 面接官を惹きつける“殺し文句”を用意する

の3つのポイントについて詳しく解説していきます!
わかりやすい説明とはの図解説

専門用語は、基本使わない

理系の場合、研究内容を説明しようとすると、かなりの確率で専門用語が出てくることになるかと思います。

わかりやすい説明の目安として「高校生でも理解できるくらいに」ということを前の項目でお伝えしましたが、専門用語についても基本的には使わないことが理想的です。

例えば、テレビなどでお馴染みの池上彰さん。

社会情勢などの一般的に難しいとされる内容も、わかりやすく解説されていますよね。

なかには「こんなことまで説明しなくてもわかるのに」と感じることもあるかもしれませんが、そう思うか思わないかは人それぞれであり、それは面接でも同じことが言えます。

イメージとしては、池上さんのように、難しいことを知っていても、伝える時はあくまでも易しく。

専門用語を使うことを避け、他に言い換えられる言葉がないかを常に意識してみましょう。

日常の会話でも言い換えることを意識してみるとトレーニングになりますよ!

不安になるくらい簡単にまとめる

人事担当者に説明する内容は、あなたが不安になるくらい簡単にまとめましょう。

イメージは「高校生が学ぶ理科」程度です!

理系の人というのは、どうしても「より専門的に」「より根拠のある内容を踏まえて」説明したくなるもの。

しかし、専門的な内容も、研究の妥当性を示す根拠も、人事担当者には響きません。

なぜなら、人事担当者は専門用語や根拠の意味を知らないからです。

意味の分からない内容を、意味の分からない言葉でこんこんと説明されても、ピンとこないのは誰だって同じですよね?

人事担当者に「なるほど、この人に来てほしい」と思わせるためには、

  1. 専門用語を一般的な言葉に置き換える
  2. その企業や業種に関連のある一般的な物事に置き換える

というステップを踏みながら、とにかく簡単に説明することに注力しましょう。

【例えば……】

「アスタキサンチンをアヒルに摂取させることで、肉質や肉色を改善できるかを研究していました」

という説明と、

「食用アヒルの肉色を良くして、おいしそうにみせるための研究をしていました」

という説明では、どちらがわかりやすいでしょうか。

アスタキサンチンは、美容業界などでも使われていますが、あまり一般的な言葉とはいえないため、身の回りの事象に置き換えて話をした方がわかりやすいはずです。

ただし、ひとつ注意しておきたいのは、馬鹿にしたような説明は避けること!

あくまで高校生の理科レベルで例えることが大切です。

度を超えた「簡単な説明」は逆に相手の心象を悪くする恐れがあるので要注意ですよ~!

面接官を惹きつける“殺し文句”を用意する

説明を簡単にしたら、なんだかありきたりな内容にならないかな~

そんな時は「殺し文句」を入れるといいですよ!

他の就活生とは違う研究をしていたとしても、その内容を簡単な言葉でまとめようとすると、どうしても他の就活生の研究内容と似通ってしまうことがあります。

だからといって差を付けようとすると、詳しい説明になってしまうし……

そんな時は、他の就活生との差別化を図るために、説明の中に一つだけ面接官が思わず注目してしまう「殺し文句」を入れてみましょう!

【例えば……】

先ほどの「アスタキサンチン」の研究の話であれば「食用アヒルの肉色を良くして、おいしそうにみせるための研究をしていました」の「おいしそうにみせる」が殺し文句にあたります。

また、受ける業界によって「少し高くても買いたくなる」「わざわざ取り寄せたくなる」などに言い換えてみることも大切です。

さらに、美容業界であればそのまま「アスタキサンチン」を使うなど、専門用語が通じる業界であれば、時として専門用語を使う方が良い場合もあります。

大切なことは、説明じみたものにするのではなく、相手に「もっと聞いてみたい」と思わせる言葉や表現を選ぶことです。

ライバルに差をつけるためにも、是非積極的に取り入れてみましょう!

面接で研究内容を説明する前に、研究内容を整理しよう

う~ん、でも難しいなぁ……。何からどう説明すればいいのかわからないよ~

では情報を整理するところからやってみましょう!

先ほどから研究内容を説明する場合は「できるだけ簡単に」「わかりやすく」ということをお伝えしていますが、そうはいっても学会発表から面接向けにいきなりやり方を変えるのは簡単ではありませんよね。

そこで、まずは以下のリストに沿って、研究内容についての情報をひとつずつ整理してみましょう。

  1. 研究テーマは?
  2. 研究テーマについて説明してください
  3. この研究に興味・関心を持ったきっかけは?
  4. 研究のやりがい・面白さ・楽しさは?
  5. 研究を通して困難なこと・挫折しそうになった出来事は?
  6. 困難なこと・挫折しそうになったことをどのように乗り越えましたか?
  7. 研究を通じて身につけた能力・姿勢・考え方は何ですか?
  8. 研究で得たものを、将来どのように生かしていきますか?

ポイントはそれぞれの回答を「200文字以内」で簡潔にまとめること。

その理由としては、

  • 話が長いと面接官の興味が薄れる
  • 話が長くなることで要点がわかりづらくなる
  • エントリーシートの作成時にも役立つ

といったことが挙げられます。

まず、説明したいことを文章に起こしてから「必要な部分」と「なくても良い部分」に分けていくと、コンパクトにまとめやすいですよ!

まとめ

採用面接官は「研究のプロ」ではなく「採用のプロ」であり、彼らが知りたいのは、あなたの研究の成果そのものではなく

  • 研究に対する姿勢
  • 研究を経て学んだこと
  • プレゼン能力

など、研究を通して見えてくるあなたという人間です。

そのため、研究内容を説明する際には、

  • 専門用語は、基本使わない
  • 不安になるくらい簡単にまとめる
  • 面接官を惹きつける“殺し文句”を用意する

という3つを意識しながら、研究内容ではなく、自分を表現することを心がけてみましょう。

でも、わかりやすく伝えるのって本当に難しい…

厳しいことを言うようですが、克服には練習あるのみです!

面接は第三者を巻き込んで練習しないと「どこまで噛み砕けば相手に伝わるのかわからない」ですよね!

とはいえ、

  • 自分の周りには理系の人しかいない
  • 文系の友達はいるけど、相談し辛い

など、練習相手を探そうにもなかなか見つからない人も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、UZUZのような就職エージェントを利用する方法

UZUZには今回お手伝いをさせていただいた川畑をはじめ、理系出身カウンセラーが在籍しているため、当時の経験から得た知識・対策をお伝えすることができます!

カウンセラーの指名も可能なので、もし“川畑”を希望する場合は、登録時にそのようにお伝えくださいね。

ちなみに、全てのサービスは無料でご利用いただけ、登録後に必ず企業面接をしたり、UZUZ経由で入社しなければいけない……といったこともありません!

ものは試し、是非この機会にUZUZを利用してみてくださいね!

この記事に登場したキャリアカウンセラー

川畑 翔太郎
「第二の就活」を運営する株式会社UZUZの専務取締役。九州大学にて機械航空工学を専攻し、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社後、キャリアチェンジのためにUZUZの立ち上げに参画。

現在はキャリアカウンセラーだけでなく、ウズウズカレッジ運営や企業ブランディングを担当し、累計1,000名以上の就活サポートを実施している。

川畑にキャリア相談したい方は、こちらから登録をお願いします!

川畑の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top