第二新卒はエージェント転職サイト、どちらがおすすめ?

第二新卒で転職活動しようって思ってたけど、どうやって求人を探せば良いのかわかんない。助けて。

このようにお悩みの方に向けて、今回の記事を作成しました。

第二新卒が転職するには、

  1. 転職サイト
  2. ハローワーク
  3. 転職フェア
  4. エージェント

など、いくつかの方法があります。

この記事では、第二新卒が転職する時の代表的なサービス「転職サイト」「エージェント」に焦点を当ててわかりやすく説明していきます。

この記事でわかること
  • 「転職サイト」と「エージェント」のそれぞれの特徴
  • 利用する上でのメリット・デメリット
  • 結局「転職サイト」と「エージェント」はどちらが良いの?

第二新卒におすすめの就活方法:転職エージェント

まずは、第二新卒向けの「転職エージェント」について紹介していきます。

転職エージェントって、なんか騙されそうなイメージあるよね〜。

転職エージェントの特徴

転職エージェントとは、転職したい人と人材を採用したい企業との間を橋渡しする転職支援サービスのこと。

エージェントは転職者と企業の両方にヒアリングし、それぞれの希望にマッチした企業・人材を紹介しています。

エージェントが転職者に聞くこと
  • どのような企業に就職したいか
  • どんな職種/業種に興味があるか
エージェントが企業に聞くこと
  • どのような人材が欲しいか
  • どんな経験を求めるか

お見合いとか恋愛のマッチングアプリみたい!

世の中にはたくさんのエージェントがあり、その「強み」は様々。

第二新卒の転職に強いエージェントもあれば、特定の業界(IT・クリエイティブなど)に強いエージェントもあります。

利用する際はいくつか並行してチェックし、自分に合ったエージェントを選ぶようにしましょう。

転職エージェントのメリット

一般的に、転職エージェントのメリットは以下の通りです。

転職エージェントのメリット
  • サポートは基本的に無料
  • 転職市場に詳しいカウンセラーが適性を見て求人を紹介してくれる
  • キャリアカウンセリング(面談)で将来や適職について相談できる
  • 応募書類の添削を行ってくれる
  • 面接対策を行ってくれるエージェントも
  • 面接日程の調整は全てエージェント任せでOK
  • 紹介される求人の多くが非公開求人

まず、エージェントのサービスは「ほぼ全てが無料」です。

これは求職者が企業に入社した際、入社先の企業から「成功報酬」として費用をもらっているためです。

何かとお金がかかる転職活動。

無料で転職サポートを受けられるのは、第二新卒の皆さんにとってありがたいですよね。

また「自分1人で転職活動をしなくていい」点も大きなメリット。

めんどくさい「面接日程の調整」や「書類の提出」など、事務的な作業は基本的に全てエージェントが行います。

中には選考前に面接対策をやってくれるところもあるので、面接に苦手意識がある人でも安心です。

さらに、転職エージェントに登録すると「非公開求人」を紹介してもらうことも。

非公開求人とは、文字通り一般には公開されていない求人のことを指します。

ちなみに、企業が非公開求人を出す理由は以下の通り。

  • より応募条件にマッチした転職者が欲しい
  • ライバル企業に採用の動向を知られたくない
  • 応募が殺到するのを防ぐため応募数を制限している

非公開求人を紹介する際、エージェントは転職者の希望・条件・思考性と企業が求める人物像のすり合わせを行っています。

そのため、求人が紹介された時点である程度企業と転職者本人の希望はマッチしており、より内定を獲得しやすい就活を行うことが可能です。

なんだ、良いことばっかりじゃん!

転職エージェントのデメリット

メリットの多い転職エージェントですが、もちろん人によってはデメリットに感じることもあります。

一般的に、転職エージェントのデメリットは以下のようなものです。

転職エージェントのデメリット
  • 紹介される求人数に限りがある
  • 担当カウンセラーと相性が合わない場合がある
  • 面談練習やカウンセリングで時間を取られる

転職エージェントでは、キャリアカウンセラーが求人を見繕って紹介するのが基本。

そのため自由に求人を閲覧できる転職サイトと比較すると、応募できる求人数にはどうしても限りが出てきます。

「たくさんの求人を一気に知りたい!」と考えている第二新卒の方にとっては、物足りないかもしれません。

また、担当のキャリアカウンセラーと合わない可能性もあります。

こればかりは相性なので、もし担当カウンセラーと合わないと思ったら別のキャリアカウンセラーに変えてもらいましょう。

担当変更自体は珍しいことではありません。

気まずさを感じる必要は全くないので、自分がより快適に就活できる選択を取っていきましょう。

キャリアカウンセラーの担当変更なんて出来るんだ。
知らなかった!

第二新卒におすすめの就活方法:転職サイト

ここからは「転職サイト」について紹介していきます。

自分に合う求人があるか検索するのって、楽しいよね。

転職サイトの特徴

転職サイトとは、企業がインターネット上に求人を掲載し、情報を見た転職者に応募してもらうWebサイトのことを指します。

“一般的な転職活動の方法”として第二新卒にも広く普及しており、「転職するならまずは転職サイト」と考える人も多いのではないでしょうか?

転職サイトはエージェントと違い、一般に公開されている求人を自ら選び応募するスタイルです。

会員登録こそ必要なサイトが多いですが、一度登録すれば地域・職種・業種・福利厚生など、細かい条件で求人を探すことができます。

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットは以下の通りです。

転職サイトのメリット
  • 全て無料で利用できる
  • なんといっても求人数が多い
  • 自分好みの条件で求人を探せる
  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 写真が多いので、働いた時の自分をイメージしやすい
  • サイトによっては“スカウト求人”がもらえることも

転職サイトの特徴は、なんといっても圧倒的な求人数。

時期にもよりますが、某大手転職サイトでは9,000件以上の求人が掲載され、毎週1,000件近い新規求人が公開されています。

どのサイトも非常に求人が調べやすくなっているので、希望条件が明確になっているなら、業種・職種・年齢・地域など好みを掛け合わせて求人を探すことも可能です。

さらに、自分のペースを崩さずに転職活動をしたい人にとっても転職サイトはおすすめ。

ちょっとした移動時間や空き時間に求人を調べたり、自分が受けたいタイミングで求人に応募することができます。

在職中の第二新卒の中には、なかなか転職活動に時間を割けない人もいるので、好きな時に就活できる転職サイトは利用するメリットがあるといえます。

加えてサイトによっては、企業から選考のオファーが来る“スカウト求人制度”を用意しているところも。

事前に現在の業務内容や職務経歴書を細かく書いておく手間はありますが、それさえやっておけばあとは企業からの連絡を待つだけなので非常にラクです。

僕も誰かにスカウトされたい。

転職サイトのデメリット

一方で、転職サイトにもデメリットはあります。

転職サイトのデメリット
  • 全てひとりで転職活動を進めなくてはならない
  • 面接対策などのサービスはないため、第三者からの意見は得られない
  • 掲載している求人の詳しい情報を知ることはできない

基本的に転職サイトは、企業探しから入社までのやり取りを全て自分ひとりで行わなくてはいけません。

上記にも記載したように、働きながら転職活動に取り組む第二新卒は珍しくありません。

忙しい仕事の合間を縫って書類を作成し、企業と面接日程を調整し、選考を受けるのは想像以上の労力が必要です。

また、面接対策のアドバイスをもらったり、キャリアの相談を受けることができないため、計画的に動かないと転職活動が長引いてしまう恐れもあります。

加えて、求人の裏側までを知ることはできない点もデメリットと言えます。

エージェントの場合、キャリアカウンセラーが直接企業とやり取りしているため、求人票に載っていない情報(過去入社した転職者の特徴や面接のポイントなど)も知ることが可能です。

しかし転職サイトは、サイト上に書かれている情報しか判断材料がありません。

求人情報にわざわざ会社の悪い点を書く企業は少なく、「本当の情報か」を見極めるのは至難の技です。

転職口コミサイトなどを参考にする手もありますが、それはあくまでも手段のひとつ。

やはり実際に企業に出向き、自分の肌で確かめるのが確実です。

結局第二新卒は転職エージェントと転職サイト、どちらがおすすめ?

頭がこんがらがってきた!
結局、第二新卒の転職にはどっちがおすすめなの!?

どちらにもメリット・デメリットがあるため迷ってしまいますよね。

では、「どのように転職活動をしたいか」を基準におすすめをお伝えしましょう。

転職エージェントを利用すべき第二新卒
  • プロにキャリア相談したい
  • 面接対策や書類添削をしてほしい
転職サイトを利用すべき第二新卒
  • たくさんの求人情報を見たい
  • 自分のペースで就活したい

それぞれ詳しく見ていきます。

「転職エージェント」に向いている第二新卒

転職エージェントは就活のプロ。

これまで何人もの第二新卒を転職成功に導いてきたノウハウがあり、

  • 自分にマッチした企業が分からない
  • なかなか選考に通過しない

など、あなたの状況に即したアドバイスが可能です。

また、エージェントによっては「面接対策」や「書類添削」を行ってくれるところもあります。

自分だけで面接や書類の改善点を見つけることは難しいですが、エージェントであれば“経歴の上手な伝え方”や、“各企業の面接のポイント”等を伝えることができます。

ゆえに、あなたが「客観的な意見をもらって転職を進めたい」なら、「転職エージェント」の利用をおすすめします。

「転職サイト」に向いている第二新卒

求人の豊富さでいえば、転職サイトはハローワークに次ぐ数を誇ります。

エージェントが一度に紹介する求人数は5〜10社ほど。さらにカウンセラーとの面談や面接対策などで余計に時間を取られてしまう可能性があります。

そのため、

  • たくさんの求人を比較し自分で企業を選びたい
  • カウンセラーとの面談や面接対策に時間を取られたくない

あなたがこのようにに考えているなら、転職サイトのほうがより納得感を持って転職を進められるはず。

ひとりで全ての転職活動を行う必要はありますが、「やりたいことがある程度明確になっていて、自分の都合に合わせて転職を進めたい」なら、「転職サイト」の利用をおすすめします。

まとめ

「転職エージェント」と「転職サイト」の特徴と、それぞれのメリット・デメリット、結局第二新卒はどちらを使うべきなのかをまとめました。

最後にもう一度おさらい!
  • 客観的な意見をもらって転職を進めたい人は「転職エージェント」
  • やりたいことが明確で、自分の都合に合わせて転職を進めたい人は「転職サイト」

第二新卒の転職は何かと不安が多いはず。

まずは両方のサービスを使ってみて、自分が使いやすいほうを選択してみると就活もスムーズに進むのではないでしょうか?

ちなみにUZUZも「転職エージェント」として第二新卒のあなたに向けたサポートを行っています。

どんなサポートがあるのか気になる……

そんな方はこちらからチェックしてみてください!

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事