20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

転職を繰り返す女性、何回までならセーフ?転職回数が多い人はどうすればいい?

転職回数のホントの話

 
ぶっっちゃけ「転職回数」って採用に影響するの?

これは、UZUZに相談にこられる方からよくされる質問です。

生涯同じ会社に勤め上げることが一般的だった一昔前とは時代が変わり、今は1度や2度の転職経験がある人も珍しくありませんよね。

 
つまり、転職回数は選考に影響しないってことか!

いいえ、正直いって影響はあります。

その人その人で歩んできた経歴が異なるので、「何回以下なら影響なし」という基準は存在しないんですが……。

あまりにも転職回数が多いと「うちに来てもまたすぐに辞めてしまうんだろうな……」という印象を人事担当者に与えてしまいます

つまり、転職活動が上手くいかなくなってしまう可能性が出てくるってこと。

落ち込んでいる男性

 
ガビーーーン……

そこで、この記事では、

  • キャリアカウンセラーが考えるセーフな転職回数
  • 転職を繰り返さないためのポイント」

をご紹介します!

20代女性の転職回数は何回までがセーフ?

 
結局のところ、20代女性だったら転職回数って何回までセーフなんだろ〜

UZUZのキャリアカウンセラーが考えるセーフな転職回数は、20代女性の場合ズバリ1~2回です。

UZUZでは、20代前半~半ばあたりで「今回がはじめての転職なんです」と仰る方が多いですよ。

女性は「結婚」「出産」「育児」などのライフイベントが男性に比べて多いため、よりよい職場環境を求めて転職を考える方も珍しくありません。

ただ、出産や育児をしている方を除いて20代の女性が何度も転職を繰り返していると、採用過程でマイナスイメージを与えてしまいます

もちろんこれは、女性に限らず男性も同じです。

女性でも男性でも転職回数が5回を超えると黄信号?ジョブホッパーとは

突然ですが、「ジョブホッパー」という言葉を聞いたことがありますか。

 
聞いたことないけど……何かイケてる感じがする!?

イケてる……とはちょっと違うかもしれません。

ジョブホッパーとは、短期離職を繰り返し転職回数が5~6回を超えるビジネスパーソンのこと

人事担当者は求職者の転職回数が多すぎるジョブホッパーは、敬遠する傾向にあります。

もちろん一概に「ジョブホッパーが悪い」というわけではありません。

ジョブホッパーの中には短期間でパフォーマンスを上げて次なる挑戦をしたい人もいれば、確実にキャリア形成を築いている人も存在します。

ここで注意したいのは、キャリア形成ができていないのに転職を繰り返しているケースです。

ジョブホッパーのデメリット

ジョブホッパーの最大のデメリットは、書類選考で自動的に落とされてしまうことです。

求職者が殺到する企業の人事担当者は、一人一人の履歴書を熟読する時間がありません。

そこで「転職回数3回以上は書類通過で落とす」と決めていたりします。

その場合、あなたにいくら熱意があり、優れたスキルがあったとしても面接まで辿り着くことができないのです。

ジョブホッパーになると就職活動で不利になってしまうということを覚えておきましょう。

 
げっ……そうなんだ……

「転職回数がもうヤバイ……」悩める女性はどうすれば?

 
もう既にジョブホッパーになりかけの人はどうしたらいいの?

では、ジョブホッパーになりかけている方のために転職活動で注意すべきポイントを紹介したいと思います!

とりあえずの現実逃避で転職しない

転職回数が多い方には、現実逃避の手段として転職を繰り返しているという傾向がみられます。

もちろんブラック企業に勤めている場合には身体を壊す前に辞めるべきですが……

  • 仕事がつまらないから
  • 気に入らない同僚がいるから

などの理由で、今の会社から逃れるために転職するのは止めましょう。

一番避けなければならないのは、今の会社から逃れるために“とりあえず”次の会社に入社すること

こんな風に転職を繰り返していると、すぐに「良くないジョブホッパー」になってしまいます。

転職する目的は、「自分のキャリア形成のため」というのが理想です。

もちろん、キャリアのためだけではなく、「結婚して子どもを持つために土日出勤の無い会社に転職したい」などの“ライフプラン”での目的を持つのはOK!

転職する際はきちんとした目的意識を持ち、現実逃避で退職するのは止めましょう。

本当にその職種でいいのか考える

「これまで転職を繰り返してきたのは会社と合わなかったから」と思っている方の中には、実は根本的な原因を探っていくと、職種そのものが自分に合っていないという場合があります。

事務職としての経験が長いので、次も事務職

このように考えていても、実はあなたには事務職が向いていない可能性だってあるんです。

20代であればキャリアチェンジも可能です。

あなたが応募できる職種を一つ一つ調べてみて「やってみたい」と思える職種を見つけたら、思い切ってキャリアチェンジしてみましょう。

この時、併せてこれからのキャリア形成についても考えることが大切です。

大きな目的・目標を持って転職活動を行わなけれなりません。

事前リサーチが何より重要!

受けてみたい企業が見つかったら、徹底的にその企業について調べましょう。

落ち込んでいる男性

 
どうやって調べたらいいの?

たとえば、

  • 自身のネットワークでその企業に勤めている方を紹介してもらう
  • 出身大学のキャリアセンターに行ってOB・OGを紹介してもらう
  • 人材紹介会社から情報をもらう

このような方法が考えられますよ。

これ以上転職回数を増やしたくない女性は、どのように就活すべき?

20代の女性で既に転職回数が1回以上ある方は、次の転職で特に慎重にならなければなりません

入社してから「こんなはずじゃなかった……」となる事態は避けたいですよね。

誰にも相談せず一人で転職活動を進めると、ミスマッチが生じやすくなります。

そこで、あなたを客観的に見てアドバイスしてくれる協力者が必要です。

あなたのことをよく知って理解してくれている家族や友人・恋人・先輩に相談してみましょう。

 
あんまり身近な人には、相談したくないな……

そんな方はプロのキャリアカウンセラーが在籍する人材紹介会社を利用してみましょう。

UZUZは、第二新卒や既卒・フリーターなど就職活動において不利な立場にある求職者の就職サポートを得意としています。

これまで入社1年後の定着率は、「94.7%」という市場トップクラスの実績を誇っています。

この数字から入社後のミスマッチを防いでいることが分かってもらえるでしょう。

これは私たちキャリアカウンセラーが、一人の登録者に平均20時間をかけてカウンセリング・就活サポートを行うためです。

これまで転職に失敗したという方は転職活動の進め方に原因があります。

是非プロの力を借りて「転職してよかった!」と心から思える会社に入社しましょう。

UZUZのサービスについて知りたい方は、こちらからチェックしてくださいね!

まとめ

「合わなければまた次の会社を探せばいい」

このような軽い気持ちで転職を繰り返していると「気付けばジョブホッパーになっていた……」なんていう事態に陥りかねません。

職回数を重ねていくと、書類選考が通過せずに面接まで進むことが難しくなってしまいます

妥協した企業に入り、納得できないことが起こり、そしてまた転職する……

このような悪循環に陥ってしまう可能性も十分にありえます。

 
慎重に転職活動を進めたい…!

それなら、UZUZで職種選びからキャリア形成までキャリアカウンセラーと相談しながら、自分の進む道を焦らず考えてみるのはいかがですか?

サービス登録・相談は完全無料

あなたからの相談を、心よりお待ちしています。

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top