発見!女性が手に職をつけられる仕事

「今の会社だと将来が不安…」

「ずっと同じ場所で働き続けられるとは限らないしなあ…」

終身雇用が崩壊した現代社会では、このような不安を感じる女性は珍しくありません!

このような不安を解決するために「手に職がつく仕事」を転職先の選択肢に入れてみてはいかがでしょう?

確かに、手に職があれば安心だよね…
でもどんな仕事があるんだろう?

そこで今回は、「女性が転職して手に職がつけられる仕事」をご紹介いたします!

女性が転職するなら“手に職”がポイント!その理由とは?

どうして女性の転職は、手に職を持つことが重要なの?

それは、日本の「終身雇用制度」は崩壊したと言われているから。

かっての日本は、正社員雇用されたら、定年まで勤めあげることが“当たり前”とされていました。

そのため極端に悪い言い方をすると、「正社員として雇ってもらえさえすれば、あとは会社の仕事だけを覚えれば問題ない」というのが、これまでの日本の社会人のあり方だったのです。

でも、現在ではそのような考え方はむしろ時代遅れ。

会社の規模がどうあっても、「正社員になれば一生安泰」とは言えません。

大企業でさえも、景気の影響次第で将来どうなるか分からない時代なのです。

そこで、「手に職」という考え方が重要となります。

ここでいう手に職というのは、「業界内のどの会社でも通用するスキル」というもの。

仮に勤めている会社になんらかの事情でいられなくなっても、手に職さへあればスムーズに転職できるでしょう。

場合によっては自ら起業したり、個人事業として独立できる可能性もあります。

以降で、「手に職が付きやすい女性にオススメな仕事」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

【女性の転職にオススメ】「IT・WEB系」で手に職がつく仕事

まずは「IT・WEB系」で手に職がつく仕事です。

いきなり難しそうだね……

専門性が高いのは事実。でもこれからの時代確実に需要が伸びるとされている職種なんですよ!

どんどん世の中のハイテク化が進んでいる昨今。

そんな時代を支えているのは、コンピューターやwebサイトに関する専門的なスキルを持っている人たちです。

需要が高まる一方、「仕事の量は増えているのに人手が足りない」という問題を抱えているので、求人倍率も高まっています。

このような背景があるため、意外と「未経験可」の求人も少なくありません。

プログラマー・システムエンジニア

プログラマーやエンジニアは、言ってしまえばコンピューターシステムのスペシャリストです。

活躍の場は、

  • ソフトウェアの開発・運営
  • スマートフォンアプリの開発・運営
  • ゲーム制作
  • AI事業

などのように、非常に幅広い分野が用意されています。

もちろん、誰にでもできるような仕事ではありません。

プログラミングの知識やスキル、その他コンピューター関連の知識など勉強が必要なのは間違いないです。

未経験可であっても、ある程度のスキルを持っていたり、意欲的に勉強する姿勢のある方が優先して採用されます。

そのため、未経験といえども求人を探す前にきちんと勉強しておくことをおすすめめします。

関連資格

資格特徴
ITパスポートコンピューターにおける基本的な知識への認定資格、コンピューターにあまり関わってこなかった人の入門的な意味でおすすめ。
基本情報処理技術者ITパスポートの上位資格で、さらに専門的なスキルと知識が求められる。
各言語の技術者認定資格より実践的なプログラミング能力の認定。「C言語」や「java」など、言語ごとに試験がある。

資格があれば良いというものではありませんが、これらの資格を持って入れば少なくとも最低限のスキルや知識を持ち合わせていることの証明にはなります。

未経験から転職するのであれば、この辺りの資格取得を目指してみるのがおすすめですよ。

WEBコーダー

続いてのお勧めは、「WEBコーダー」です。

コーダーって?

「WEBコーダー」というのは、WEBサイトのコーディングを担当する仕事

コーディングとは、デザインされたWEBサイトがインターネット上で動くように設計することです。

HTMLやCSSといったプログラミング言語によく似た言語を使用するので、専門性が求められるでしょう。

関連資格

資格特徴
ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン系における唯一の国家資格。筆記から実技課題まである
HTML5プロフェッショナル認定資格コーダーに求められるHTML5の言語に関する知識・スキルの認定資格
Photoshop®クリエイター能力認定試験デザイン業界でよく使われるPhotoshopという画像編集ソフトの知識・スキルの認定資格
Illustrator®クリエイター能力認定試験デザイン業界でよく使われるIllustratorというイラスト作成ソフトの知識・スキルの認定資格

専門的で複雑なソフトを複数扱うことが多いため、ソフトウェアに関する資格があると有利です。

WEBライター

WEBライターは、ブログサイト・ニュースサイト等における「文章」を執筆する仕事

仕事の内容は、金融や経済に関する固いものから、エンタメ系のライトなものまで様々です。

不特定多数の人に見られるため、誰が見ても違和感の無い文章を書ける国語力が求められるでしょう。

結構大変そう

楽では無いけど、未経験からいきなり仕事を始められるというのが大きなメリット!

Webライティングの仕事は、クラウドソージングで業務委託形式で募集していることが多いんです。

歩合制で、PCがあればすぐに始められ、好きな場所でできる仕事がたくさんあります。

専門性がそれほど高くないので特にこれといった関連資格もなく、未経験でもOKな案件も少なくありません。

その分、本業として稼げるようになるまでは根気よく実績を積み、文章スキルを身につける必要があるでしょう。

動画編集者

最近ではYouTubeを筆頭に、動画メディアが盛り上がっていますよね!

そんな中で、急速に需要が高まっているのが「動画編集者」という仕事。

動画編集って何をするの?

具体的には、動画内で不要な部分を切り取る「カット」、動画内で人物のセリフに文章を当てる「テロップ」などです。

さらに、動画を装飾するためにアニメーションを作成・配置したり、わかりやすくするために図解を載せたりと様々な要素が必要となります。

こちらも、これといった関連資格はありませんが、クリエイティブ系のソフトウェアに関するスキルや知識は必須です。

例えば

  • premierpro(動画編集ソフト)
  • aftereffect(アニメーション作成ソフト)
  • Photoshop(画像編集ソフト)
  • Illustrator(イラスト作成ソフト)

様々なソフトウェアがありますが、なるべく業界のスタンダートとされているものが良いでしょう。

「adobe」系のソフトを一通り習得しておくことをお勧めします。

【女性の転職にオススメ】「教育系」で手に職がつく仕事

続いては、「教育系」の手に職がつく仕事です。

日本語教師

東京オリンピックの影響もあり、日本でもグローバル化が急速に進んでいます。

日本企業や個人が海外進出することも珍しくありません。

その逆もまた然りで、外国の方が日本に関わる機会も急増しているんです。

そんな背景があるため、「日本語を覚えたい」という外国の方の需要も伸びていて、今後は日本語を教えられる人材が求められるでしょう。

海外の人を相手にするから英語が喋れなきゃダメなんじゃない?

喋れるに越したことはないけど、必ずしも必要というわけではないんですよ!

日本語教師になるためには、以下の要素のどれかを満たしている必要があります。

  • 大学、大学院で「日本語教育専攻」し修了している
  • 日本語教育能力試験に合格していること

実は、英語力というのは必須とはされていません

講習なども基本的には日本語に関する勉強がメインとなっています。

つまり、「英語が喋れなくても日本語教師は名乗れる」のです。

求人でも必ずしも英語力を求められるわけではありません。

しかし、手に職という意味であるなら、英語が喋れるかどうかは重要でしょう。

コミュニケーションを要するので、生徒と不便なく会話ができることは大事な要素です。

「英語が喋れる日本語教師」となれば、活躍の場は国内にとどまらず海外まで広がります。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、働く人の職業設計に関わる総合的なアドバイザーです。

活躍の場としては、

  • 学生の就活者へのアドバイザー
  • 人材派遣会社のエージェント
  • 企業内でのキャリアアップに関するカウンセラー

といったところです。

ひょっとして転職エージェントでも……?

その通り、UZUZみたいな転職支援を担うような企業にも深く関係のある仕事ですね!

先ほど述べたように、終身雇用制度が崩壊した現代においては、一つの会社で働き続けることが必ずしも正しいとはいえなくなりました。

そのため、転職を考える人も年々増えているんです。

そこで、キャリアコンサルタントという職が注目されています。

関連資格

資格特徴
キャリアコンサルタント文字通りキャリアコンサルタントとなるために必要な知識を問われる資格
産業カウンセラー仕事や職場に関してのメンタルヘルスに特化したカウンセリング資格

キャリアコンサルタントは職業の名前であると同時に資格の名前でもあり、最低限取得しておきたいところ。

それと、メンタルヘルス面でのサポートも仕事内容に含まれるケースも多く、「産業カウンセラー」の資格も役に立ちます。

【女性の転職にオススメ】「リラクゼーション」で手に職がつく仕事

リラクゼーションは、「お客様にリラックスしてもらうためのお仕事」です。

ストレス社会な現代では需要が高く、女性が担当しているイメージの強い職が多いのが特徴。

仕事帰りにマッサージに行った経験のある方も多いのでは?

エステティシャン

エステティシャンは、痩身や脱毛など主にボディケアを担当する美容のスペシャリストです。

メジャーな職業だけど、どうすればなれるの?

実は、意外と資格が重要な仕事なんですよ!

エステティシャンには国家から民間まで様々な資格があるんです。

代表的なものをご説明していきます。

関連資格

資格特徴
CIDESCO認定資格1964年に設立された「国際資格」、カリキュラムの受講や実務経験などを要するプロフェッショナルの証ともいうべき資格。
日本エステティック協会関連資格国内ではトップクラスの規模を誇る、エステティシャンの資格。複数種類あり、下位の資格は未経験でも取得可能

CIDESCO認定資格は現役エステティシャンが目指すものなので、転職としてエステティシャンを目指すのなら日本エステティック協会関連資格から入りましょう。

未経験でも得られるものもありますが、指定のカリキュラムを受講が必須だったりしますので、認定校に通う必要があります。

通学かあ、ちょっとハードルが高いね

通信で学べる学校もあるから安心してくださいね!

アロマセラピスト

エッセンシャルオイル(植物から抽出したオイル)による「芳香治療」を施すのがアロマセラピストの仕事です。

雑貨屋などにも、当たり前にアロマ関連の製品はおいてありますよね?

アロマによる健康的な「癒し」は現代社会ではもはやスタンダード。

そのスペシャリストであるアロマセラピストも、手に職のつく仕事でしょう。

んー、でもどんなところで活躍できるんだろう?

実は意外と活躍の幅が広い仕事なんです!

アロマセラピストには、以下のような仕事先があります。

  • アロマサロン
  • アロマ専門店での販売職
  • アロマセラピー講師
  • アロマ関係企業の広報や開発

メジャーなのはアロマサロンの施術士ですが、その他にも販売や教育、商品開発の仕事まであります。

さらに、独立してサロンを開くことも可能なんです!

資格は、AEAJ(公益財団法人日本アロマ環境協会)の発行する「アロマアロマテラピー検定」の取得がおすすめ。

合格率は90%以上と比較的取得難易度が低いのも魅力です。

まとめ

これまでの、内容をまとめてみましょう。

「IT・WEB系」で手に職がつく仕事
・プログラマー・システムエンジニア
・WEBコーダー
・WEBライター
・動画編集者
「教育系」で手に職がつく仕事
  • 日本語教師
  • キャリアコンサルタント
「リラックス系」で手に職がつく仕事
  • エステティシャン
  • アロマセラピスト

これらはほんの一部で、他にもまだまだ「手に職がつく仕事」はたくさんあります。

どんな仕事を選ぶべきか迷っちゃうね!

そんな時は「転職エージェント」を利用してみましょう!

私たちUZUZUは、要望に沿った仕事をご紹介するだけでなく……

「手に職がつく仕事を探しているけど、何が自分に合っているんだろう」

「資格取得を考えているけど、転職に有利なのはどんなものだろう?」

といったようなお悩みにも親身になってお答えします!

登録&相談は「完全無料」なので、お試しだけでも大丈夫

ぜひお気軽にご利用ください!

この記事に登場したキャリアカウンセラー

望月 奈津美

新卒時は、IT機器・ITシステムなどの新規提案を行う企業に営業職として入社。その後、企業の採用問題に向き合いたいと考え、UZUZへの転職を決意。

現在はUZUZ内一の癒し系キャリアカウンセラーとして活躍中!

望月のキャリアサポートを受けたい方は、こちらからご登録をお願いします!

望月の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事