高卒の女性、経歴に自信ない。それでも転職できますか?

「高卒で正社員採用は厳しそう……」

「学歴が無いと転職なんて難しいかなあ……」

転職したいと思っている高卒の女性の中には、“学歴”や“経歴”のコンプレックスから、このように考えて一歩を踏み出せない方は少なくないでしょう。

実はこれ、非常にもったいないことなんです!

どうして?学歴や経歴って重要でしょ?

確かに大事ですが、だからといってそれが全てという訳でもありません。

特に今の時代においては、

高卒の女性でも転職のチャンスは十分にある!

と断言できます。

その理由をこの記事で詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

高卒者の就職状況と求人倍率

まずは、「高卒者の就職状況」とその「求人倍率」をご紹介します。

高卒者の就職率とは?

文部科学省が発表した「平成31年3月高等学校卒業者の就職状況に関する調査」によると、高卒者の就職率は以下のようになっています。

全体男性女性
98.2%98.5%97.6%

すごい!ほとんどの人が就職できてるじゃん!

実は今の就職活動状況は「売り手市場」と呼ばれているんです!

売り手市場……つまり“求職する側が有利な環境”ということですね!

さらに、男性も女性も就職率ではほとんど差がないこともわかります。

売り手市場の今、転職を考えている高卒の女性にとって、非常に好機と言えるでしょう。

求人数と倍率

以下のグラフは、厚生労働省が公開している「平成30年度高校新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況の推移」から抜き出したものです。

厚生労働省「「平成30年度高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況取りまとめ」の図
引用元:厚生労働省「平成30年度高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況取りまとめ

ご覧の通り、まず「求人数」が「求職者数」が大きく上回っています。

これはつまり、「仕事の募集」の方が「仕事を探している人」のよりも多いことを示しています。

この二つの割合を倍率に直した緑の線の動きにも注目してみましょう。

バブル経済が崩壊した平成初期以降、どんどん下がっていた状況からここ数年で急上昇を見せています。

数値は「2.37倍」となっていて、簡単に言うと求人の数が求職者の2倍以上あるということです。

ちなみにこちらは、「高校新卒者」のハローワーク求人に係る求人・求職状況なので、高卒者限定のグラフです。

高卒の女性でも、転職先はたくさんありそうだね!

高卒女性に人気の転職先とは?

続いては、高卒女性に人気のある転職先をご紹介いたします。

高卒女性に人気の転職先:事務職

高卒女性に人気のある職種としてまず挙げられるのが「事務職」です。

確かに女性がやっているイメージがあるね

そうですね、それにあまり学歴を問われることも少ないんです。

学歴を問われることが少ないのは事実ですが、だからといって「楽な仕事」という訳ではありません。

専門性はそれほど高くないのですが、そのぶん様々な業務を兼任するのが事務職の特徴

例えば事務の仕事には以下のようなものがあります。

  • 経理
  • 書類作成
  • 電話やメールの対応
  • 顧客対応
  • 備品の発注

このように、基本的なPCスキルからちょっとした接客力、数字に関する素養など、色々な能力が必要になります。

また、会社によって事務職の業務内容は大きく変わり、PC業務がメインの場合もあれば、顧客への対応がメインのところもあるんです。

ひとくちに“事務職”といっても、その内容はさまざま。

応募する前に、どんな仕事なのかしっかり調べておきましょう。

高卒女性に人気の転職先:IT職

続いて人気な職種は、「IT職」です。

ITってよく聞くけど、具体的にはどんな仕事があるの?

代表的なのはやっぱりエンジニアやプログラマーですね!

エンジニアやプログラマーはITの技術職です。

専門性が高いので、しっかりと勉強する必要がありますが、逆に言えば実力主義であるため学歴はほとんど関係ありません。

いずれにしてもITに関する素養が必要ではありますが、学歴を重要視する傾向は少ない傾向にあるのが特徴です。

高卒女性に人気の転職先:介護職

「介護職」もあります。

でも未経験には難しそうだよ?

確かに知識やスキルを要する仕事ですが、意外と求人そのものは未経験OKが多いんです!

介護業界は今は慢性的な人手不足。

そのため、未経験可で学歴不問という募集が多いです。

もちろん働き始めてから色々なことを勉強しなくてはいけませんし、決して簡単で楽な仕事という訳でもないです。

しかし、少子高齢化社会の今、間違いなく需要は多く、今後も増え続けるでしょう。

業務経験を積むことで資格取得も目指せるので「手に職」を付けられるのもメリットです。

高卒女性が転職を成功させるコツ

続いては、高卒女性が転職を成功させるコツをご紹介いたします。

高卒女性が転職を成功させるコツ1:学歴コンプレックスをなくす

高卒の方は、「自分が高卒である」という事実にコンプレックスを抱きやすいものです。

やっぱり、学歴がないっていうのは不利だし……

意外とそうでもないんですよ!

確かに、求人欄の応募資格に「大卒以上」といった条件を出している企業はあります。

しかし、それは全体のほんの一握りなんです!

大学在学中の就職活動中、つまり新卒時であれば学歴が有利に働くのは事実。

しかし逆に言えば、新卒でなければ学歴はあまり意味をなさないんです。

そ、そうだったの!?

一度社会に出てしまえば「高卒」も「大卒」もあまり大きな違いはありません。

他者からの転職を希望する人に対して、企業が求めるのは「学歴」ではなく「能力」や「人柄」、「キャリア」なんです。

つまり、「会社の戦力になる人材かどうか?」が重要ということです。

高卒女性が転職を成功させるコツ2:譲れない条件をしっかりと持つ

先ほどのコンプレックスという話にも通ずるところがありますが、高卒の方は自己評価の低さから下記のように思いがち……。

「正社員として採用してもらえるならどこでもいい」

「こんな時代だから雇ってくれるだけでもありがたい…」

謙虚な姿勢だと思うけどなあ

謙虚さは大事だけど、このままでは転職してから後悔するかもしれません!

転職する女性は、何かしらの目的があるはずです。

「なぜ転職したいのか?」

を振り返ってみれば、自然と譲れない条件も見えてきます。

「給料が安すぎて、もっと収入が良いところで働きたい」→年収〇〇◯万円以上

「残業が多くて、保育園にいる子供のお迎えが遅れる」→残業なし、休日出勤なし

目的に適っていない企業に転職してしまうと、働き始めてから後悔してしまうでしょう。

条件が多すぎるのも良くありませんが、一つか二つは「絶対条件」を明確にしておくことをおすすめします。

高卒女性が転職を成功させるコツ3:「強み」を最大限に生かす

転職が上手くいかずなかなか採用されない方は、「自分の強みを活かしきれていない」というケースが少なくありません。

ここでいう「強み」というのは、企業に役立つ「能力」や「適性」のことを指します。

そして、必ず「強み」があると考えることが大事です。

例えばずっと販売の仕事をしていたのなら、「接客力」や「愛嬌」、「言葉遣い」といった要素が自分の中で育っているはずです。

これらの要素は、同じ販売業界であるなら、ジャンル問わず役立つ強みとなります。

そうか!つまり前職と同じ業界で探せば良いんだ!

もちろんそれは正解です!でも、もう少し視野を広げてみても良いかもしれませんよ?

もちろん、販売で培われた要素は同じ販売業で活かせます。

しかし、「接客力」や「愛嬌」「言葉遣い」といった要素は販売業だけで求められるわけではありません。

同じくモノやサービスを売る「営業職」「受付」の仕事なんかでもそれらは役立つでしょう。

転職を考える場合は、必ず自分の仕事を振り返り「強み」を引き出しましょう!

まとめ

これまでの内容をまとめます。

高卒者の就職状況と求人倍率
就職率は98.2%を超え、求人倍率もここ数年で急上昇を果たしている
高卒女性に人気の転職先とは?
  • 事務職
  • IT職
  • 介護職
高卒女性が転職を成功させるコツ
  • 学歴コンプレックスをなくす
  • 譲れない条件をしっかりと持つ
  • 明確な目的意識を持つ

色々わかったけど、それでも転職って不安だよねえ

それなら「転職エージェント」を活用してみましょう!

私たちUZUZは高卒女性の転職サポートを行い、成功させた実績がたくさんあります!

あなたに合った企業の紹介から、動き方のアドバイス、面接対策やスキルアップセミナーなどのサポートを全て無料で利用することができます。

「高卒で転職なんて本当にできるのかな?」といった方こそエージェントを利用してみましょう!

気になる方は、こちらからUZUZのサービスについてチェックしてみてください!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事