20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

正社員と派遣社員、結局どっちがいいの?“違い”を徹底比較!

人材会社専務が徹底解説!派遣と正社員、どっちがいい?
この記事は、人材紹介会社専務の川畑が監修しました。
川畑のプロフィールはコチラ

正社員や派遣社員、契約社員にパート・アルバイトなどなど……。

働き方の選択肢が豊富にあるゆえに「自分はどんな働き方が合っているのか」と悩む方も多いのではないでしょうか。

特に結婚・出産・育児ライフイベントの多い女性にとって、働きやすい環境に身を置くことは重要ですよね。

  • 趣味に合わせたいから自由に休める仕事がいい
  • 夫の仕事に合わせて転勤が多くなるから、正社員は難しそう
  • 子育てするのに正社員じゃ正直厳しいでしょ?

このように考えている方も多くいます。

僕が女性だったら絶対派遣社員を選ぶけどな。融通が利きそうだし。

そんな単純に決めてはいけません!「女性だから派遣社員がいい」ということはなく、その人の価値観やライフスタイル、性格など総合的に考えて選ぶべきなんです。

仕事に対する価値観が社会的にも変化しつつあり、企業側は「時間外労働の短縮」「待遇の改善」など“働きやすい環境づくり”に力を入れてきています。

単純に自由な時間が多いから派遣社員がいい、って考えないほうがいいってこと?

この記事ではあなたに合った働き方を見つけるヒントとして、正社員と派遣社員それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットをお伝えします。

正社員か派遣社員か悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

結論:「正社員」と「派遣社員」どっちがいいのか

ズバリ!「正社員」と「派遣社員」どちらがよいのかは、人によって変わります。

それぞれ向いている人・向かない人とに分けられるのです。

僕はどっち向きだろう?

正社員がおすすめな人」と「派遣社員がおすすめな人」の特徴を紹介していきますね。

正社員がおすすめな人

正社員に向いている人の特徴がこちら。

正社員に向いている人
  • キャリアアップしたい人
  • 安定した収入を得たい人
  • 同じ会社で長期的に働きたい人
  • 管理職を目指したい人

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう!

キャリアアップしたい人

自分のキャリア・スキルを磨いていきたい!」という人は、正社員に向いています。

正社員として入社すると、それなりに責任のある仕事を任されるので様々な経験が積めます。

また、資格取得支援や研修・学会への参加など正社員の教育に力を入れる企業も多く、キャリアを磨ける環境が整っているのです。

安定した収入を得たい人

正社員の場合、契約社員と違って雇用期間の定めがありません。

新卒で入社して定年まで働き続けることだって可能。

また、基本的に毎月決まった金額の給与が安定的に支給され、勤務継続年数や昇進によって定期的に収入がアップしていきます。

これは正社員の大きなメリットです。

さらに、福利厚生やボーナスなど待遇面においても契約社員より優遇されていることが多いので、「安定した収入を得たい」「収入アップを図りたい」という方は正社員を目指しましょう。

同じ会社で長期的に働きたい人

「あまり環境を変えずに同じ会社に腰を据えて長く働きたい」という人も、正社員に向いています。

そのためには協調性が高く、人間関係に折り合いをつけられることも重要になります。

確かに苦手な同僚や上司とも上手く付き合っていかないといけないよね。正社員を目指すならやっぱり定年まで働く覚悟は必要?

そんな必要はありません!転職が一般的になってきているので、キャリアアップやライフスタイルの変化に応じて転職するのはアリです。

短期離職は良くないですけどね……。

管理職を目指したい人

マネージャーや部長などの管理職や役職を目指したい、上昇志向の高い人は正社員を目指すといいでしょう。

契約社員だと昇格って難しいの?

不可能ではありませんが、正社員の方がスムーズに昇格しやすいですよ。

派遣社員がおすすめな人

以下のような人は、派遣社員がおすすめです。

派遣社員に向いている人
  • 新しい環境を楽しめる人
  • 上からの指示を素直に受け入れ、正確にスピーディーにこなせる人
  • プライベートな時間を確保したい人
  • ひとつの専門性を高めるより色んな仕事をしたい人

それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

新しい環境を楽しめる人

派遣社員は法律上、3年を超えてひとつの会社の同じ部署で働き続けることはできません。

長く勤められても、3年経つと会社、あるいは部署が変わることになります。

そのため、新しい環境でもすぐに馴染めて、変化を楽しめる人が、派遣社員に向いているといえるのです。

上からの指示を素直に受け入れ、正確にスピーディーにこなせる人

派遣社員の場合、正社員のサポートや、決まった業務をこなしていくことが多くなります。

なので、指示を受けた仕事に対して正確にスピーディーに進める姿勢が評価されるんです。

業務効率についてどんどん提案していきたい」「マネジメントにまわりたい」という方は、派遣社員よりも正社員の方が向いているといえるでしょう。

プライベートな時間を確保したい人

職種や企業、契約内容にもよりますが、一般的な派遣社員であれば定時に帰れることが多いです。

一方、正社員は仕事が終わっていても帰りにくい雰囲気があったり、繁忙期は残業が当たり前だったり、と毎日定時で帰るのは難しいケースも……。

アフターファイブを楽しみたい人、自分の趣味の時間を大切にしたい人、家庭の時間を大切にしたい人は派遣社員に向いています。

ひとつの専門性を高めるより色んな仕事をしたい人

派遣社員は3年経つと同じ仕事を継続することはできないため、スキル習得もその度にリセットされてしまうことに。

そっか。じゃあ3年ごとに違う仕事をすることになるからキャリアを磨き続けていくことが難しいんだね。

もちろん、同じ職種に就いてスキルアップさせていくことは理論上可能です。とはいえ会社によって業務内容が違うことも珍しくないので、同じスキルを磨ける保証はありません。

色んな職種の経験が積みたい」という場合は、派遣社員がおすすめです。

どちらにも当てはまらない時は……

正社員がおすすめな人の特徴にも、派遣社員がおすすめな人の特徴にも、当てはまらないんだけど……どうしたらいいの?

どの特徴にも当てはまらない時は、正社員を選択しましょう!

なぜなら、正社員であれば、「転職の際に仕事の幅が広がる」「将来的にチャンスが増える」ことが期待できるから

「どうしても派遣社員がいい!」という理由がなければ正社員を選んでおくのがおすすめです。

どっちがいい?正社員と派遣社員の“違い”を比べてみよう

ここでは、正社員と派遣社員の違いについて比較していきます。

特に労働環境や待遇面で大きな違いが見られるので要チェックです!

正社員の特徴

正社員とは、期間を定めない形で企業に直接雇われている社員のことです。

つまり、1年、2年と期間を区切らずに雇い続けることを約束されているということ。

給与は時給ではなく、月収制(または年俸制)で保証があり、失業時には失業保険の適用もあります。
正社員の特徴

正社員のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット:安定している

やはり正社員の最大のメリットは安定性でしょう。

雇用も収入も安定しているので、ライフプランが立てやすいんですよね。

平均年収を比較すると、派遣社員よりも正社員の方が高い傾向にあります。

メリット:福利厚生の充実

正社員は、給与以外にも福利厚生によって様々な補助を受けられます。

例えば、社会保険料交通費の支給家賃補助社員食堂保養所の利用などなど……。

確かにこれらを自分で負担すると結構な額になるよね。食堂とか保養所もあればうれしい!

福利厚生の充実度は会社によって異なりますが、正社員限定で派遣社員は受けられない制度もあるんですよ!

メリット:ボーナスや退職金がある

ボーナス退職金制度がある会社が多いのも、正社員のメリットです。

ボーナスがあると仕事に対するモチベーションも上がりますよね!

退職金は長く勤めるほど貰える金額が大きくなります。

毎月の給与は派遣社員と変わらなくても、ボーナスや退職金によって生涯賃金に差が出てきます。目先の金額にとらわれずにチェックすることが大切です。

デメリット:責任が重い

正社員は責任の重い仕事を任される機会が多くなります。

経験を積めるという点ではいい面がありますが、プレッシャーを感じたり、労働時間が長くなったりすると負担に感じることも……。

残業や休日出勤がある

派遣社員は契約に記載されてない場合、基本的に残業や休日出勤はありません。

一方で、正社員は残業や休日出勤にも応じなければならないこともあります。

また、正社員は会社規則によって勤務時間・休日が定められています。

派遣社員は契約時に勤務時間を調整できたり、休日を指定できたりと融通が効く点が違いますよね。

デメリット:異動や転勤がある

正社員は会社から辞令が出れば、部署異動や全国・海外転勤に従う必要があります。

ただ、求人の中には「転勤なし」と記載のある、地域採用などと呼ばれる採用枠が設けられていることもあります。

そういった求人の場合は「募集人数が少ない」「ベースとなる給与の額が下がる」などのケースもあるため、注意が必要です。

正社員のメリット・デメリット

【メリット】

  • 安定している
  • 福利厚生の充実
  • ボーナスや退職金がある

【デメリット】

  • 責任が重い
  • 残業や休日出勤がある
  • 異動や転勤がある

派遣社員の特徴

派遣社員は、派遣先企業=実際に働く会社との雇用契約はありません。

人材派遣会社という、企業に社員を派遣する会社と契約を結んで、働き手の欲しい他の企業に派遣されます。

株式会社リクルートジョブズジョブズリサーチセンターによる調査を見ると、三大都市圏で2019年度の平均時給は、1,635円(小数点以下切り捨て)。

給与は月毎に一定額が保証されていない時給制のため、祝日などでお休みの多かった月には収入が少なくなってしまいます。

派遣社員の特徴

そんな派遣社員のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット:スキルを活かした仕事を選べる

派遣社員の場合は、あらかじめ部署が決まっている求人が多く、あなたのスキルを活かした仕事を選べます。

一方正社員は、配属先を自分で選べないケースも多く、望んでいた部署で働けない可能性もあります。

「どうしても◯◯の部署で働きたい」という強い希望がある場合は、派遣社員として働くことを選ぶのもひとつの方法です。

メリット:責任が軽い

派遣社員は大きな責任を伴う仕事を任される機会は少ないです。

責任が軽い分、仕事におけるストレスが少ないといったメリットがあります。

メリット:プライベートな時間も確保しながら働ける

派遣社員は勤務地や勤務時間・仕事内容があらかじめ決まっているので、プライベートの時間をしっかり確保しやいのもメリット!

勤務時間は15時までにしたい」「水曜日は休日にしたい」といった希望を伝えることも可能。

  • 子どもとの時間を大切にできる
  • 資格取得に向けて勉強できる
  • 趣味を充実させる

このように「自由な時間を持ちやすいこと」を派遣として働く理由に挙げる方も多くいます。

デメリット:安定性がない

派遣社員は、契約期間が終わると新しい勤務先を探さなければなりません。

すぐに新しい仕事が見つかる保証はなく、雇用が不安定なのはデメリットのひとつです。

デメリット:時給制なので収入が不安定

派遣社員は、基本的に時給制で給与が決まります。

つまり、祝日やお休みの多い月は収入が減ってしまうのです。

また交通費が支給されないことも多く、自宅から遠い会社だと日々の負担が大きくなることもあります。

デメリット:年齢を重ねると不利になる場合がある

派遣社員は特別なスキルがないと、年齢を重ねるごとに仕事探しが難しくなっていく傾向があります。

20代・30代の間はいいのですが、「40代に入り次の派遣先が見つからない……」といった事態も起こりえるのです。

お~それはキツイね。収入や雇用の安定性を考えると正社員の方が安心!

そうですね。女性の場合は「結婚するから派遣社員でいいや」と考える方も多いかもしれませんが、正直先のことは誰にも分かりません。自分自身に経済力があるに越したことはありませんよ!

参考:株式会社リクルートジョブズジョブズリサーチセンター「最新市場データ:平均賃金レポート(派遣)」

派遣社員のメリット・デメリット

【メリット】

  • スキルを活かした仕事を選べる
  • 責任が軽い
  • 自分らしいスタイルで働ける

【デメリット】

  • 安定性がない
  • 時給制なので収入が不安定
  • 年齢を重ねると不利になる場合がある

まとめ:正社員と派遣社員の違い

ここまでの内容を以下の表にまとめてみました!

正社員と派遣社員の比較表

正社員と契約社員の違いをもう少し深く知りたい方は以下の記事をご覧ください。

厚生労働省大臣官房統計情報部「平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況

「常用型派遣」という選択も……

派遣社員は若いうちは良さそうだけど、将来のことまで考えたら正社員じゃないと不安だね。

実は、派遣社員でも雇用を安定させる方法があります!それは「常用型派遣」という、派遣会社の正社員として就職する方法。

ん?派遣だけど正社員?なんか少し混乱してきた。

常用型派遣は、派遣会社に正規雇用されている正社員が別の企業に派遣される勤務形態です。

通常の派遣社員との決定的な違いは、派遣先企業との契約期間が終了していたり、どこにも派遣されていなかったりする時でも給料が発生するという点です。

一方で、働き方の自由度は下がってしまうというデメリットもあるので注意は必要です。

常用型派遣について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

正社員と派遣社員、どっちがいいかは“ライフスタイル”に合わせよう

正社員と派遣社員のそれぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介してきましたが、結局のところ「どちらが正解!」というのは存在しません。

重要なのは、あなたのライフスタイルや価値観に合わせること。

特に女性の場合、どうしても出産や子育て・旦那さんの転勤の都合などで転職を余儀なくされることもありますよね……。

働き方の多様化が進み、”ひとつの会社で定年まで働き続ける”というのが常識ではなくなってきています。

そのため、「結婚するまでは正社員としてキャリアを築き、子育てしている間は派遣社員として家庭の時間を優先し、落ち着いたらまた正社員として再スタートを切る」

というような、そのときのライフスタイルに合わせた働き方を選ぶのもアリです!

ただ、なるべく多くの選択肢・可能性を残しておくためにもバリバリ働ける間は正社員としてキャリア・スキルを磨いていくことをおすすめします。

結婚や育児など環境が大きく変わると、価値観は変わっていくものです。

なので、柔軟に対応できるようなライフプランを立てていくのが賢明。

確かに昔みたいに“女性は結婚したら家庭に入って専業主婦になる”みたいな時代は終わったもんね。経済力のある女性はかっこいいなって思うし!

国としても女性が活躍できる社会を推進しています。今後女性にとって、もっともっと働きやすい環境が整えられていくことを期待したいですね。

まとめ

男性にも女性にも、正社員あるいは派遣社員として働く選択肢があります。

その選択をするときに、「給与がいいから」「アフターファイブが楽しめるから」といった単純な理由のみで決めるのはNG!

「正社員を選ぶ」か「派遣社員を選ぶ」かは慎重に選ばなければなりません。

今のライフスタイルや将来のこともよく考えて、総合的に判断するようにしましょう。

もしも一人での判断が難しい場合は、一度UZUZに相談に来てください

経験豊富なキャリアカウンセラーが時間をかけてヒアリングを行い、あなたが納得のいく方向性を一緒に定めていきますよ。

UZUZの登録はこちらから。

この記事に登場したキャリアカウンセラー

川畑 翔太郎
「第二の就活」を運営する株式会社UZUZの専務取締役。九州大学にて機械航空工学を専攻し、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社後、キャリアチェンジのためにUZUZの立ち上げに参画。

現在はキャリアカウンセラーだけでなく、ウズウズカレッジ運営や企業ブランディングを担当し、累計1,000名以上の就活サポートを実施している。

川畑にキャリア相談したい方は、こちらから登録をお願いします!

川畑の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top