派遣会社の正社員「常用型派遣」のメリットデメリット

派遣にも種類があって、正社員として扱われるパターンもあるって本当なの?

本当です!常用型派遣といって、派遣会社の正社員になる方法があります。

派遣社員から正社員に変わると、給料・待遇面だけでなく、生活そのものにも変化が生まれるかも……?!

ここでは、派遣社員が「常用型派遣」として働くためのメリット・デメリット、給料、求人募集に応募するための方法などをご紹介します。

派遣社員の種類を知ろう

派遣社員ってどのくらいの種類があるの?

派遣社員には大きく2つの型があります。さらに細かく種類に分けられるのでそれぞれきちんと理解しておきましょう。

そもそも派遣社員とは、契約した企業とは別の企業で働く人のことです。

派遣社員になると、契約した企業=派遣会社から、労働力を必要としている企業へ派遣されて働きます。

業務は派遣された企業で行い、指示を出すのも派遣先の企業ですが、給料を支払ったり社会保険などの手続きを行ったりするのは、派遣元の契約をしている企業です。

派遣先企業は、派遣会社に派遣料を支払うことで社員を派遣してもらっている、三角形の関係のうえで成り立っています。

派遣の仕組みを説明している図

派遣社員の型

そんな派遣社員の型は、以下の2つです。

  • 登録型派遣
  • 常用型派遣

登録型と常用型の大きな違いは、雇用契約の期間=給与の支払い期間にあります。

登録型は、派遣会社に登録をしていても派遣先企業が決まって実際に派遣されている期間以外は、【社員ではない】として給与は支払われません

一方の常用型とは、派遣会社の社員として契約をした上で、派遣先企業に派遣されますが、派遣されていない期間も【社員】なので給与が支払われます

派遣社員のタイプ

さらに、派遣社員の中には「紹介予定派遣」「無期雇用派遣」というタイプが存在します。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣先企業で正社員または契約社員として働くことを前提として派遣されるタイプのこと。

最長6ヶ月の間、派遣社員として働くことで働く側は「その会社で本当に働きたいか」を見極められますし、雇う派遣先企業側は「この人を本当に雇いたいか」を確認できるメリットがあります。

無期雇用派遣

もう1つの派遣タイプ「無期雇用派遣」とは常用型派遣の中の1つで、派遣会社に期間を定めずに雇用契約を結んでいる社員のことです。

常用型派遣の中には、正社員として派遣元企業に雇用されている人もいれば、正社員ではないものの、期間を定めずに雇用されている人もいます。

その正社員ではないが、期間を定めず(=無期)に契約を結んでいる社員のことを「無期雇用派遣」としているのです。

派遣社員は、登録型派遣/常用型派遣(正社員タイプ・無期雇用タイプ)に分けられ、さらに派遣先の企業に「紹介予定」で派遣されるかどうか、という点に違いがある、ということになります。

派遣社員って一口にいっても色々な種類があるんだね、今まで全然理解してなかったよ。

意外と奥の深い雇用形態なんですよ。今回はその中でも正社員として派遣会社と契約できる常用型派遣について紹介していきますね。

派遣会社の正社員(常用型派遣)として働くメリット・デメリット

派遣会社の正社員として働くのってどんないいことがあるの?

派遣会社の正社員として働く=常用型派遣には、さまざまなメリットがありますが、デメリットもあるのでどちらもチェックしておきましょう!

派遣会社の正社員として働くメリット

メリットには、以下の3点が考えられます。

  • 派遣会社の派遣社員より雇用が安定する
  • 給料や福利厚生などの待遇が派遣社員よりも良い
  • 専門性を活かしながらキャリアアップを目指せる

今まで派遣社員として働いていた状態からレベルアップできるのが、正社員です。

人材派遣会社の正社員として働くと、まずは無期雇用になり雇用が安定します。

また、給料面や福利厚生なども改善が見込まれます。特に、給料面は大きな違いが出てきます

なぜなら月収があがるだけではなく、賞与の支払いがあるケースが多いからです。また派遣社員にプラスした、福利厚生も受けられます。

そして、派遣会社で正社員として働く場合、あなたが今まで行ってきた専門業務や知識を活かして働くことができます

その上、「派遣会社」に所属しているので、自分のキャリアプランに沿ったプロジェクトへの参画や、注目のベンチャー企業や大手企業など、多彩な会社で業務経験を積むことができます。

派遣会社の正社員として働くデメリット

正社員のデメリットには以下の3点が考えられます。

  • 自分のライフスタイルの変化に柔軟に対応できない
  • 派遣会社の仕事内容によってはイチから学び直す必要がある
  • 派遣会社の正社員枠に挑戦するのは難しいこともある

正社員になると給料の安定につながりますが、一方で自分の都合に合わせて働くのは難しくなるといえます。

正社員は基本的にフルタイムで常駐することが前提なので、派遣社員のときよりも就業時間が制限されがちです。

その分、派遣社員は労働時間の調節がしやすいため、プライベートを充実させることが可能です。

派遣社員から派遣会社の正社員になると、派遣先によってはあまり経験がない業務を担当する場合も……

新しい技術や知識をイチから学ぶ必要があるケースも珍しくありません。

また、そもそも派遣会社の正社員募集の枠が少なくなっていたり、中途入社では即戦力を求められるケースも多くあります。

正社員になれるから、誰でもそのほうがいいってわけではないんだね。

そうですね。
とはいえ正社員を目指している方にとっては、派遣社員ではあるものの正社員として雇用される常用型派遣という選択肢があるのはうれしいですよね。

参考:一般社団法人 日本人材派遣協会「派遣の現状

派遣会社正社員の給料・待遇は?

派遣社員の正社員として働くメリットやデメリットはわかったけど、給料とか待遇ってどうなってるの?

では、派遣社員の「年収」や「月々の給料」や「待遇」を見てみましょう!

派遣社員の給料

27年度賃金統計調査・人事院調査票をまとめた「平均年収.jp」で発表されている派遣社員の年収は、平均328万円

月の給料にすると、平均27万円ですね。

一方の、派遣会社正社員の年収や月々の給料は、人材派遣会社国内売上一位の株式会社リクルートスタッフィングの採用情報によると、初年度月収例が月30万円程度。

これは、新卒採用・中途採用変わらずの額です。

年収にするとボーナスなども合わせて、「約520万円」になります。

つまり、いわゆる派遣社員の年収から額を引くと「約192万円」の差が出るのです。

下の図のように比べてみると、その差に愕然ですよね……!
派遣社員の給料
  • 月収……平均27万円
  • 年収……平均328万
派遣会社の正社員の給料
  • 月収……30万円
  • 年収……約520万円

192万円は、大きすぎる……!

派遣社員の待遇

待遇面でいうと派遣社員の場合、派遣先の事務所が意見聴取を行っていれば、受入期間3年を超えても、期間をさらに3年延長するのが可能になりました。

それに対して、正社員の場合は、圧倒的に待遇が充実しています。

通勤交通費が全額支給され、給与見直し制度、有給休暇・特別休暇、各種保険、退職金制度、会社によってはインセンティブまで発生するのです。

やっぱり正社員になっていたほうが給料面でも待遇面でもいいことが多そうだね。

参考:
平均年収.jp 「派遣社員の年収【正社員との格差】」
株式会社リクルートスタッフィング

“派遣会社の正社員”の求人募集はどこで見つけられるの?

でもさ、派遣会社の正社員の求人なんて見たことなかったよ。

派遣会社の正社員は、大手求人サイト・人材派遣会社のWEBサイトで求人情報を探すか、所属する派遣会社の紹介を受ける方法の3つがあるよ。

派遣会社の正社員の求人を探す方法

  1. 大手求人サイトをチェックする
  2. 人材派遣会社のホームページをチェックする
  3. 所属する派遣会社に紹介してもらう

大手求人サイト

大手求人サイトは要チェック。

人材派遣会社の求人募集は、小規模の求人サイトより多く掲載されているため、会社の選択肢が多いのが特徴です。

また、大手ということもあり、長年の実績と信頼があるため、安心して応募ができますね

人材派遣会社のホームページ

直接、人材派遣会社のホームページに掲載されている求人をチェックしてみるのもひとつの手です。

特徴として、人材派遣会社の求人情報は中身が非常に充実していて、採用情報だけでなく社員インタビューなど、働いている人の顔が見えるように工夫されています。

「ここで働きたい」という人材派遣会社がある場合、自分自身が働くイメージを描きやすいのがポイントです。

所属する派遣会社の紹介

現在登録している派遣会社の紹介で、人材派遣会社に入社する方法もあります。

登録している派遣会社に社員として入るには、その会社が「派遣社員を正社員にする制度」がある事業所であるかを、まずはチェックしましょう。

ただ、この方法はあまり現実的ではなく、制度を設けていない可能性も高いので注意が必要です。

厚生労働省が出している「雇用の構造に関する実態調査(派遣労働者実態調査)」によると、派遣社員を正社員に採用する制度がある事業所の割合は13%で、その中でも正社員採用した割合が1.7%という厳しい結果もでています。

この方法はあくまで、レアケースと考えたほうが良いでしょう。

参考:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査(派遣労働者実態調査)」

派遣社員が派遣会社の正社員になるための方法

じゃあどうしたら、派遣社員が派遣会社の正社員になれるの?

派遣会社の正社員になるために必要なことを3つ教えますね。

派遣社員が派遣会社の正社員になるために必要な3つのポイント

  1. 必要な資格・スキルを身につける
  2. 求人情報サイト・人材派遣会社の求人情報を使う
  3. 就職・転職サポートを利用する

必要な資格・スキルを身につける

人材派遣会社は業務内容によってはデスクワークが多くなる傾向があるため、パソコンに強い資格を持っておくと有利になります。

例えば、MOS(Microsoft Office Specialist)検定の資格や、エクセルやワードがしっかり使える資格などがおすすめ。

また、人材派遣会社で実際に行うような事務処理の経験や営業経験があると、アピールポイントになります。

求人情報サイト・人材派遣会社の求人情報を使う

必要なスキルや資格を取得が完了したら、求人情報サイトや人材派遣会社の求人情報も活用しましょう

多くの採用情報が掲載されているため、「実際にどのような人材派遣会社があるのか」や、「どのような仕事内容なのか」が細かく書かれています。

イメージを掴んでからの応募が可能な点がポイントです。

就職・転職サポートを利用する

また、就職・転職サポートを利用するのも手です。

これまで紹介した方法とは違い、サポートするカウンセラーと一緒に相談し合いながら、戦略的に派遣会社の正社員求人に応募できる点が最大のメリットです。

UZUZでは、個別にキャリアカウンセリングを行うだけでなく、スキルアップセミナーや面接対策、さらに入社後のフォローまでも完全無料で行っています。

もちろん第二新卒者だけでなく、派遣社員の方も受けられるので、気になる方はこちらから詳細を覗いてみてくださいね

まとめ

もし今あなたが派遣社員として働いてるのであれば、

  • 派遣社員の契約期間が終了するタイミング
  • 派遣社員の契約期間を延長するタイミング

上記のタイミングで、次を考えるひとつとして、人材派遣会社の正社員への応募も検討してみるのも良いと思います!

「派遣会社の正社員」として働くと、いろいろなスキルを身につけることが可能です。

雇用が安定していてかつ様々なスキルの身につく“派遣会社の正社員”は、普通の派遣社員よりも断然おすすめ。

とはいえ、他にもスキルの身につく職種で正社員を募集している企業はたくさんあります。

もしあなたが、“なんとなく”派遣社員の正社員を目指しているようであれば、一度就活のプロと話し合ってみませんか?

UZUZであれば、本当に身に付けたいスキルを整理し、それに応じた企業をご紹介することが可能です。

しかも、サービスは完全無料。

「まずは話だけでも……」という方も、大歓迎です!

気になる方は、こちらからUZUZのサービス詳細をチェックしてくださいね。

この記事に登場したキャリアカウンセラー

林 綾馬
過去に「ベンチャー企業での飛び込み営業」「外資系ITメーカーでのパートナーセールス」を経験。

現在は、ITの専門知識と営業経験を生かしたキャリアカウンセラーを実施している。

UZUZのムードメーカー的存在で、相談のしやすさ・話しやすさはピカイチ。

林にキャリア相談したい方は、こちらから登録をお願いします!

林の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事