派遣社員から正社員に移行したい!『正社員化』を叶えるための方法とは?

現在、派遣社員として働いている人の中で、「正社員へ移行したい」と考える人が増えています。

派遣社員は働き方を決めやすいというメリットがありますが、契約期間が決められているほか、仕事の評価が反映されにくいのが現状です。そのため、安定性がある正社員を希望する人が多いのでしょう。

一般的に、派遣先の会社でも別の会社でも「派遣社員が正社員になるのは難しい」といわれていますが、不可能ではありません。そこで今回は、派遣社員から正社員になるための方法をご紹介します。

派遣社員と正社員の違いとは?

同じ電球が並ぶ中で一つだけ光っている電球
派遣社員と正社員は、雇われ方や雇用条件などに大きな違いがあります。では、派遣社員と正社員はどのような違いがあるのでしょうか。

派遣社員とは?

派遣社員は、派遣される企業ではなく人材派遣会社と雇用契約を結んでいます。

人材派遣の仕組み

人材派遣とは、派遣社員・人材派遣会社・求人企業の3者で成り立っています。まず、人材派遣会社と求人企業が労働者派遣契約を結び、人材派遣会社から労働者を派遣します。それが派遣社員です。そして、求人会社から派遣社員の労働の対価として、人材派遣会社に料金を支払います。派遣社員の給料は、人材派遣会社から支払われています。

派遣社員の労働条件

派遣社員の労働条件は、人材派遣会社と求人企業が交渉した上で決定されます。そのため、派遣社員が派遣先の企業と直接交渉する必要はありません。

多くの場合、給料は時給制で、契約期間は長くても3年までです。

また、派遣社員は「雇用契約で締結した内容を超える労働」はできない決まりになっています。もし、雇用契約外の残業や休日出勤をするとなると、派遣契約書を結び直さなければなりません。派遣社員にも労働基準法、労働安全衛生法などが適用されるため、違反があれば人材派遣会社が責任を負うことになります。

正社員とは?

正社員は、会社と直接契約を結んでいて、雇用期間が定められていない「無期雇用」の労働者のことをいいます。「正規雇用」と呼ばれる雇用形態で、会社が定めた所定労働時間に対してフルタイムで働いているのが特徴です。

ただ現在は、多様な働き方が推奨されているため、時短勤務や裁量労働制の正社員も増えています。原則として会社は正社員を雇用し続けなければいけない義務があるため、社員は就業規則に記されている定年までは働くことができます。

派遣社員のメリット・デメリット

会社に派遣されるスーツを着た人
派遣社員は派遣先の企業と直接契約を結ばないからこそ得られる、さまざまなメリットがあります。一方、直接契約ではないからこそ、デメリットが存在するのも事実です。そこで、派遣社員のメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット

派遣社員ならではのさまざまなメリットを挙げていきます。

希望に合った労働期間や時間帯の求人を選べる

人材派遣会社に相談をすることで、希望の労働期間や時間帯にあった求人企業を紹介してもらえます。子育てや介護中など、特別な事情を抱える方にとっては、うれしい働き方なのではないでしょうか。

転勤がない

派遣社員には、転勤の心配がありません。人材派遣会社と求人企業とが事前に結んだ派遣契約書には、給料や勤務地などの労働条件が記してあります。そのため、転勤を言い渡されたとしても、契約内容と違うといって拒否することができます。転勤がないというメリットがあるからこそ、派遣社員を選択する方も多いようです。

パート・アルバイトに比べると給料が高い

時給制の場合が多い派遣社員。同じく時給制が多いパート・アルバイトと給料を比べてみると、派遣社員の給料の方が高水準の傾向にあります。少ないと感じる場合、人材派遣会社に相談することで、求人企業へ給料の交渉を行ってくれることもあります。

デメリット

派遣社員はメリットがある一方、デメリットもあります。派遣社員のデメリットをご紹介します。

ボーナスをもらえない可能性が高い

残念ながら、派遣社員がボーナスをもらえる可能性が低いです。ボーナスは、会社の業績が良かったときの賞与であり、正社員は仕事の結果や評価がボーナスへ反映されます。しかし派遣社員は、求人企業と直接契約を結んでいるわけではありません。そのため、仕事の評価がボーナスなどの賞与に反映されにくいのが現状です。

契約期間が決まっている

派遣社員の契約期間は、長くても3年間と決められています。この決まりは「抵触日」といって、同じ会社で派遣社員として3年以上働かせないようにするために作られたものです。もともと派遣社員を守るために作られたものですが、派遣社員のままで仕事をしたい方にとってはデメリットになるでしょう。

しかし、平成25年に行われた派遣制度の見直しにより、派遣会社と無期雇用契約を締結していれば、仕事の内容に関係なくいつまでも同じ派遣先に務め続けることができるようになりました。UZUZでは派遣会社の正社員への就業紹介も行っており、派遣会社と無期雇用契約の正社員として、安心して働くことができるような企業を紹介しています。

責任のある業務は任せてもらえないことが多い

契約上、派遣社員と正社員ができる仕事の内容に違いがあることは、ある程度仕方がないかもしれません。しかし派遣先の中には、こうした契約内容に関係なく、責任のある仕事を任せてもらえない場合が多いようです。また、契約期間にも制限があるため、責任のある仕事を任せると、契約が切れたときの引き継ぎが面倒になってしまいます。こういった理由から、派遣社員は誰でもできる仕事を任されがちです。

正社員のメリット・デメリット

職場で談笑する男女
上記のように、派遣社員はなにかとデメリットが多いように見えるかもしれませんが、もちろん正社員にもメリット・デメリットが存在します。

メリット

正社員は安定しているなどのメリットがあります。正社員ならではのメリットをご紹介していきます。

安定した給料がもらえる

毎月決められた給料が支給されるため、安定した収入を得ることができます。多くの会社が月給制を取り入れており、休日・祝日の回数に関わらず給料は変わりません。会社によって異なりますが、年に数回昇給する機会もあるため、評価によっては基本給を上げることも可能です。

社会的信用がある

無期雇用であり収入も安定しているので、正社員は社会的信用が得やすい雇用形態といえます。クレジットカードを作ったりローンを組んだりする際は、この社会的信用が大きなポイントになります。信販会社や銀行が融資を行う場合、「収入が毎月あり、しっかりと返済できるか」という面で、判断することが多いからです。

社会保険の負担額が少なくなる

社会保険の負担額が少なくなるのも、正社員のメリットのひとつです。社会保険とは、「年金保険・労働保険・公的医療保険」の3つを合わせたものをいいます。

派遣社員は、週の所定労働時間や月の就業日数などの条件を満たせば加入することができますが、加入が保証されているわけではありません。一方、正社員は加入できるとともに、会社も社会保険額を負担してくれます。

年金保険は、厚生年金という種類のものに加入し、保険料の半分を会社が支払います。労働保険は、労災保険と雇用保険を合わせたもので、労災保険料は会社の全額負担です。雇用保険は、半分を会社が支払います。健康保険においては、会社ごとに負担額に違いがありますが、半分負担の会社が多いようです。

デメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットも存在します。そこで正社員のデメリットをご紹介していきます。

部署異動や転勤がある

部署異動や転勤を命じられても、拒否しにくい場合があります。自分に合わないと感じる部署への異動も、自宅から通えない範囲の転勤も、基本的には受け入れなければいけないことがほとんどです。

責任が重い

会社を存続させるために、会社は正社員に「将来を任せるべき人材」に成長してほしいと考えています。そのため、どうしても派遣社員に比べて責任の重い仕事を任せがちです。階級が上がれば上がるほど、この傾向が強くなります。

そもそも正社員になるのが難しい

就職活動でなかなか内定が取れなかったり、派遣社員や契約社員が正社員化しにくかったり、そもそも正社員として働くのが難しいという現状があります。実際新卒にも、内定が取れずに就職浪人になる方がいるようです。

派遣社員から正社員へ移行する方法

様々な進路を進む様子のイラスト
派遣社員から正社員になるのは難しいといわれています。しかし、道はいくつかあります。派遣社員から正社員になるためには、どのような方法があるのでしょうか。

紹介予定派遣を利用する

紹介予定派遣とは、派遣社員と正社員の雇用形態を組み合わせたような制度です。最初は人材派遣会社と雇用契約を結びます。そして、派遣先で最大6カ月間「派遣社員」として働いた後、正社員などの直接雇用形態に登用します。派遣社員として働く期間があるのは、お互いにミスマッチを防ぐため。ミスマッチを減らして直接雇用者を増やせるのが、紹介予定派遣制度のメリットです。

しかし、リスクも存在します。派遣社員として働いたからといって、必ず正社員などの直接雇用形態になれるわけではないという点です。派遣先企業がミスマッチを感じると、正社員になれない場合がありますので注意してくださいね。

転職エージェントを活用する

派遣社員から正社員になる方法のひとつが「転職」です。効率よく転職したい場合には、転職エージェントを利用しましょう。雇用条件や希望職種などを転職エージェントに伝えることで、求職者に合った求人を紹介してくれます。また、就活についてのアドバイスがもらえるなど、転職が成功しやすい環境がそろっています。

あなたがもし第二新卒者であれば、「UZUZ」の利用がおすすめです。内定率が83%以上で、相談した人の多くが正社員として就職できています。面接対策などの個別サポートも充実しており、ブラックと呼ばれる企業を除外して紹介しているため、労働時間などにおいては派遣社員と似た環境で働けるでしょう。サービスは無料で使えるため、まずは会員登録をしてみてはいかがでしょうか。

また、派遣社員から派遣会社の正社員となり、活躍したいとお考えの方にも、UZUZがおススメです。お悩みをお持ちの派遣社員の方はお気軽にお問い合わせくださいね。

丁寧なサポートで安心!派遣社員から正社員を目指すなら「ウズキャリ」

まとめ

派遣社員と正社員には、それぞれメリット・デメリットがあります。現在は、安定しているという理由から正社員になりたい方が増えています。しかし、派遣社員から正社員になるのは簡単ではありません。道はいくつかあるため、あなたに合った方法で正社員化にトライしてみてくださいね。

  • スーツを整えて目的地へ向かうサラリーマン
    大手を3ヶ月で退職した新卒。半年に及ぶ転職活動の結果は?【体験談】
  • 眼鏡の女性がグラフを確認しながら仕事をしている様子
    【既卒就活】大手広告代理店の営業に内定できたのはなぜ?【体験談】
  • 信号待ちをしている帽子をかぶった女性
    既卒就活で発見!英語を活かせる“意外な仕事”って?【就職体験談】
  • フリーターから営業になり短期離職した男性が就職先に悩んでいる様子
    フリーターから営業職に就職→短期離職。それでももう一度営業職を選んだ理由
  • 椅子に座り景色を眺める黒髪の女性
    大学中退した既卒の就活体験談!フリーターから正社員でIT業界へ!
  • パソコンで仕事する白いシャツを着た女性
    既卒になった理由は◯◯!?未経験から営業職で内定を獲得できた理由とは
おすすめの記事
ゼクウの総務兼カスタマーサポート職求人
事務職(総務・経理・法務・営業事務)
どのような仕事をするのか? 人材系の採用管理、業務管理システムの導入支援業務・アフターサポート 営業担当と顧客と連携をとりながらシステム導入...
ヒューマンキャピタル研究所の営業職求人
人材サービス・アウトソーシング業界
どのような仕事をするのか? 【何を】人材評価ツール(適性検査の開発、診断業務)の拡販営業、採用コンサルタント業、採用試験のアドバイス 【誰に...