就活シーズンの前哨戦にあたるイベントといえば、各企業や自治体が行う「インターンシップ」ですよね。また、インターンの募集がかかる時期になると、学生同士の情報戦も始まります。

「インターンシップは勉強になるから行ったほうがいい!」
「公務員試験は筆記重視だから、インターンシップは無駄!」

様々な情報が飛び交うため、「つまりどっちだよ」と迷うことも多いのではないでしょうか。
このページでは、公務員のインターンシップに参加するメリットや注意点についてご紹介しましょう。

インターンに参加するメリット

shutterstock_132568889

まず、公務員のインターンシップに参加するメリットについて見てみましょう。

職場のリアルを見ることができる

公務員のインターンシップでは、民間企業へのインターンシップと同じく、職場の雰囲気や業務内容に対する知識を深めることができます。希望部署へのインターンが叶えば、自分の適性の判断や、これから身につけておきたい知識の把握などに役立ちます。

面接の対策がとりやすくなる

公務員試験は筆記重視。面接で落とされることはめったにない。
この定説が、徐々にくずれつつあることをご存じでしょうか。
近年の公務員試験では、個別面接および集団面接の回数が増加傾向にあります。民間企業と同じく、各自治体の試験でも「受験生の人柄、能動性、コミュニケーション能力」に少しずつ重きをおくようになってきているのです。
「なぜ公務員になりたいと思ったのか?」
「どうして公務員でなければならないのか?」
「公務員になって何がしたいのか?」
自分なりの答えを用意するには、公務員の実際の仕事ぶりを知る必要があるでしょう。

面接官により多くの判断材料を提供できる

「インターンシップへの参加・不参加は、公務員試験の合否に影響しない」というセオリーがありますよね。特に自治体では、インターンシップの参加・不参加による直接的な影響は薄いといわれています。
ただ、「インターンシップで何を得ようと思い、実際に何を得て、自分はこれからどうしようと思ったのか」を面接時にアピールすることができれば、話が違ってきます。民間企業と同じく、各自治体も「自分で考えて能動的に動ける人物」を求める傾向にあります。インターンシップに参加し、自分の将来について具体的に試行錯誤している姿勢は、面接官により好意的な印象を与えることができるでしょう。

インターンに参加する際の注意点

shutterstock_290042417

次に、公務員のインターンシップに参加する際の注意点を見てみましょう。

希望の部署に行けないことがある

公務員のインターンシップは、各省庁や地方公共団体ごとにインターン生を募集することが多くあります。特定の職種や部署を希望しても、まったく別の部署に行く可能性があることを念頭におきましょう。
ただ、「辞令によって思いもよらない仕事に就く」という経験は、実際の公務員の生活でもよくあることです。「思わぬ配属先になっても自分は順応できるだろうか?」というポイントは、公務員の適性判断として役立ちます。

民間企業のインターンシップに比べて「職場見学」に留まる傾向が強い

公務員のインターンシップは、民間企業のインターンシップとは異なり、実際に仕事を任せてもらえるケースが少ない傾向にあります。
なぜだと思いますか?
それは、公務員が一般人の知りえない機密情報を見聞きしやすい職種であるから。
よく知られているとおり、公務員には国家公務員法等によって守秘義務が課せられています。一方、インターン生も守秘義務の誓約書等を提出する場合がありますが、情報漏洩のリスクは否定できません。現に、インターンシップ生がSNSで企業の内部情報を漏洩してしまい、トラブルになったケースも存在します。
インターン生の受け入れと、機密保持。双方をバランスよく両立させるために、「職場見学」のスタイルをとる自治体が多いといえるでしょう。

無報酬のケースが多い

民間企業では、インターン生に報酬を支払うケースが多くあります。しかし公務員のインターンシップでは無給であることが多いほか、交通費や経費も支給されない場合がほとんどです。長期的なインターンに参加する際は、生活費を事前に用意するか、家族の支援を受けられるようにしておきましょう。

インターンシップに行くべき?行かないべき?

shutterstock_280952318
ここまで、インターンに行くメリットと注意点をご説明しました。
では次に、「結局自分はインターンに行くべきかどうか?」について考えてみましょう。
以下に、インターンシップに参加する一般的な動機をまとめました。

  • 業界研究のため
  • 希望職種を実際に体験するため
  • 今後の成長に活かすため

模範的な動機はこの3点が多いですよね。
しかし、これらの動機はすべて1つのポイントに集約することができます。
つまりは「自分の市場価値をあげるため」に行くのです。

インターンシップは、就活の焦りをおさえる鎮痛剤ではありません。「行かないと就職に不利になるかも」という不安に追い立てられ、「とりあえず行っておくか」といくつか申し込み、「タダ働きで終わったかも…」と後悔する。このパターンを防ぐには、インターンを通じて何を得るのかという、事前のプランニングが必要です。

自分は〇〇という仕事がしたい。
だから〇〇という職種がいいのではと思っている。
しかし、まだ仕事の〇〇という部分がわからない
インターンシップ(実際の職場)に行って、欠けている〇〇を確かめよう。

スラスラッと言葉があてはまりますか?
世の中はロールプレイです。職種は1つのロールであり、インターンは「ロールの勉強会」といえます。
どのロール(仕事)を担当したいのかが不明瞭である場合、インターンに行っても与えられた日程をこなすだけで終わってしまう可能性があります。また、すでに公務員の仕事について十分な知識や助言がある場合は、学業に専念するのも1つの方法です。

まとめ

shutterstock_160630016

大学生が公務員のインターンシップに参加するメリットや注意点についてご紹介しました。

  • 公務員のインターンは「職場見学」の傾向が強いが、実際に働いている人々の生の声を聞き、職種への理解を深められるところがメリット
  • 「行っただけ」のインターンシップにしないためには、「何を学びたいのか」を事前に明確にすることが重要

インターンシップで得た知識や助言をうまく活用して、就活をのりきってみてくださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事