【地方就職】Uターン・Iターン・Jターンとは?就職・転職を成功させる秘訣

都会から地方へ就職や転職をする「Uターン/Iターン/Jターン」。

初めての就職で失敗したくない

Uターン/Iターン/Jターンで転職したいけど成功するか不安……

と思う人も多いようです。

ここでは東京のような都会から、地方へUターン/Iターン/Jターンをしたい人のために、「メリット・デメリット」や「就職を成功させる方法」を紹介します!

Uターン就職・転職とは?

大きな自宅の庭で遊ぶ親子
Uターンとは、生まれた故郷を離れて都会で仕事をしていたものの、数年後、地元に帰って仕事をすることを指します。

Uターンをする理由は、

  • 都会ではなく住み慣れた地元で働きたい
  • 環境を変えたい
  • 家業を継ぎたい

など、人それぞれです。

ちなみにUターン就職の割合は、国立社会保障・人口問題調査所が公表している「第7回(2011年)人口移動調査」によると13.3%でした。

第6回(2006年)の調査と比較した場合に、1.2%増加していることがわかります。

この理由としては、

  • 地元の高齢化の影響により田舎に帰って親をサポートをすること
  • 2011年に起こった東日本大震災の影響により、地震が起こりにくい地元に拠点を移したこと

などが考えられます。

参考:
第7回人口移動調査「国立社会保障・人口問題調査所
独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回人口移動調査の分析による検討

Iターン転職・就職とは?

田舎の一品道を歩く白い帽子をかぶった女性
Iターンとは、元々都会で生まれて仕事をしていた人が、高校や大学卒業などを機に地方に移って働くことを指します。

Iターン就職をする理由は、

  • 都会の喧騒を離れ自然が豊かなところに住みたいから
  • 生活コストが安いから
  • 地方のほうが食べ物や水、空気が美味しいから

などがあげられます。

就職状況よりも暮らす上でのメリットで選ぶ人が多いです。

ちなみに、東京圏在住者がIターンしたい都道府県は、

  • 沖縄県
  • 北海道
  • 長野県
  • 静岡県

が上位を占めています。

いずれも自然が豊かだったり、穏やかに暮らせるイメージがある地域ですので、移住を希望する人が多いのでしょう。

参考:株式会社インテージリサーチ「Uターン、Jターン、Iターン全国「1万人」の移住意向調査

Jターン転職・就職とは?

都会のマンションの窓から街を見下ろす女性
Jターンとは、地方出身者が都会で就職して働いた後に、生まれ育った地元とは違う場所で働くことです。

Jターン希望者は生まれ育った地方・田舎よりも大きい都市(中規模の都市)を選び、都会よりも街の住みやすさを優先する人が多いです。

  • 出身地に帰る必要がない
  • 都会などのたくさんの人混みにいるのが好きではない

この2つの条件を満たしている方がJターン就職をしています。

Uターン/Iターン/Jターン就職・転職のメリット・デメリット

駅の中を歩く人々
Uターン/Iターン/Jターンは、就職・転職をする上で、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

Uターン/Iターン/Jターン就職・転職を行うメリット

Uターン/Iターン/Jターンをして「成功した」と感じる瞬間には、主に以下の3点が上げられます。

  1. 自然が豊かで住みやすいこと
  2. 通勤ラッシュや満員電車からの解放されること
  3. 生活費が安いこと

自然が豊かで住みやすいこと

上記で記載したように、「自然が豊かで住みやすいこと」をメリットに感じる人は多くいます。

都会からのUターン/Iターン/Jターンを希望する人は、都市部のような人口が密集した地域ではなく、休日に一息できる空間を求めて就職・転職を行うのでしょう。

通勤ラッシュや満員電車からの解放されること

人口の多い都市部では、電車・バス等の交通網が発達しているため、通勤時には利用者が多くなりがちです。

特に東京の通勤ラッシュは、日本のみならず世界的にも有名です。

もちろん他の地方も通勤ラッシュや満員電車がないわけではありませんが、都市部ほどではありません。

通勤は毎日の行為ですので、積み重なればストレスになります。

そのため、「すし詰めの電車に乗るくらいなら、満員電車がほとんどない地方・田舎に移住したほうがいい」と考える人も少なくありません。

生活費が安いこと

生活費・生活コストが安いのも、地方・田舎で就職するメリットのひとつと言えます。

特に家賃等の住居費に関しては、地方では安く抑えることが可能です。

東京で1Kの部屋を借りた場合、安くても一月5万円前後、場所によっては10万円近い家賃を支払う必要がありますが、地方ではもっと安い金額、広い間取りで部屋を借りることができます。

Uターン/Iターン/Jターン就職で一人暮らしを考えている人にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

Uターン/Iターン/Jターン就職・転職を行うデメリット

Uターン/Iターン/Jターンをして「失敗した」と感じる瞬間には、以下の3点が上げられます。

  1. 車(運転免許証)を所持していないと就職・転職が難しい場合がある
  2. 都会よりも就職・転職関連の情報量が少ない
  3. 都会よりも給料が安い

車(運転免許証)を所持していないと就職・転職が難しい場合がある

東京などの都市部は交通網が発達しているので、車が無くても移動が可能です。

しかし、地方や田舎は車社会である場合が多く、移動手段として車が欠かせません。

例えばあなたが営業職を希望している場合、都市部であれば電車等を利用できるため、運転免許証がなくても就職できる可能性が高いでしょう。

しかし地方の場合、通勤や客先への移動で車を使用することになるので、運転ができない方は就職の選択肢が少々狭まってしまうかもしれません。

都会よりも就職・転職関連の情報量が少ない

都会よりも就職・転職関連の情報を集めづらい点もデメリットです。

企業数や人口数が少ない地方では、都心部に比べ就職セミナーや説明会等の頻度が多くありません。

そのため、集められる情報量にはどうしても限りがあります。

加えて、地方に拠点を構えている企業には、自社サイトを持っていないところもあります。

遠方からの就職・転職の場合、インターネットを通じた就活をメインにする人も多いので、「なかなか企業の情報が集まらない…」と苦戦する人が出てくる可能性が高いです。

都会よりも給料が安い

都会よりも給料が少ないのもデメリットのひとつです。

生活費が下がる点はメリットに上げましたが、地方・田舎は東京よりも最低賃金が低いため、その分給料も少なくなります。

特に事務職などは給与が上がりづらい職種であるため、地方や田舎で就職・転職をするときは、その点も念頭に置いて就活を進める必要があります。

Uターン/Iターン/Jターンを成功させるための方法

自宅の窓辺に座り飲み物を飲んでリラックスする女性
Uターン/Iターン/Jターンを成功させるには、どのような方法を取るべきでしょうか?

まずは、Uターン/Iターン/Jターン先の地方・田舎の

  • 求人情報
  • 有効求人倍率
  • どのような場所なのか

など、さまざまな面から「しっかりとした就職準備」を行いましょう。

自分がどのような暮らしをしたいか、どのような職種につきたいかといった観点から見ていくのが、Uターン/Iターン/Jターンを成功させる一歩です。

また、

  • 自分だけでは調べきれない
  • Uターン/Iターン/Jターン就職・転職情報について有力な情報を知りたい

という人は、就職・転職サポートを利用するのがおすすめです。

Uターン/Iターン/Jターンをしたい地域についての相談は、その土地に詳しいキャリアカウンセラーに聞きましょう。

あなたの強みを総合的に判断しアドバイスしてくれるので、Uターン/Iターン/Jターンが失敗するリスクを回避することができます。

ちなみにUZUZでは、それぞれの都道府県や地域に合わせた就職情報やエージェントのご紹介を行っています。

「○○県で就職したい」
「○○地方で働きたい」

という希望がある方は、UZUZにご相談ください!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事