退職代行EXITの評判・口コミは?営業時間や料金・弁護士対応の有無もチェック!

「会社を辞めたい!」と思った時は、自分から会社に退職の意思を伝えるのが基本です。

しかし中には、

  • 辞めたい」と言ったばかりに懲戒解雇されたらどうしよう
  • 自分から直接言うのは気まずい……

などの理由から、自分で「辞めさせてください」と言えない人もいます。

今回はそんな人にぴったりのサービスを提供している「退職代行EXIT」を徹底調査!

サービスの内容はもちろんのこと、実際に退職代行EXITを利用した人の口コミや評判もピックアップしてみました!

【評判・口コミ】退職代行EXITとは?

退職代行EXITは、EXIT株式会社が提供している退職代行サービスです。

退職代行サービスとは「今すぐ退職したい!」と考えている当人に代わって、勤め先に退職の意思を伝えてくれるサービスのこと。

イメージとしては退職電話のピンチヒッターでしょうか。

会社側からの、

  • 急に辞められたら困る
  • 本人が会社に来て、直接説明すべきだ

といった(できれば聞きたくない)主張を、退職希望者の代わりに全部打ち返してくれる頼もしい協力者といえます。

退職代行EXITは、退職希望者から相談を受けた当日から対応可能。

電話やメール、ラインなどで一度EXITに相談すれば、その日を境にもう会社の人々と直接話さなくてもよくなる点もメリットといえるでしょう。

対応範囲は「電話で退職の連絡をする」ことのみ

退職代行って、どこまで対応してくれるの?

退職代行EXITが対応できるのは、あくまで勤め先への退職の連絡、つまり退職意思の伝達のみです。

  • 未払いの残業代の請求
  • 有給休暇の消化の交渉

などを、退職希望者に代わって行うことはできません。

なぜかというと、「弁護士以外の者が報酬をもらって当人の代わりに交渉する行為」は非弁行為と呼ばれており、法律で禁止されているからです。

また退職希望者に代わって、

  • 会社の備品を返却
  • 仕事の引き継ぎ
  • 会社に行って退職届を提出

といった行為もサポートの対象外となります。

ただ、退職希望者が会社に接触しなくてもスムーズに退職できるよう、

  • 退職届の郵送方法
  • 会社から離職票が届かない場合の対処方法

などは適宜アドバイスしてくれるのだそう。

退職希望者が特に苦労しがちな「退職意思の伝達」を主に助けてくれるサービス、と考えておくとイメージがつきやすいでしょう。

退職代行EXITができること
  • 会社へ退職意思の伝達
  • 退職届の郵送方法
  • 離職票が届かない場合の対処方法
退職代行EXITができないこと
  • 会社の備品を返却
  • 仕事の引き継ぎ
  • 会社に行って退職届を提出
  • 未払いの残業代の請求
  • 有給休暇の消化の交渉

退職代行EXITの評判や口コミをチェックしてみよう

本当に退職できるのか、正直疑わしいんですけど……

SNSやマスメディアなどで取り上げられることも増えた退職代行サービスですが、まだ比較的新しいサービスであることもあり、知名度はやや低め。

このように「本当に就職できるの?」と、不安に思う方もいるかもしれませんね。

退職代行EXITのHPには、

数千件のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったケースというのは今までに一件もありません。そもそも、誰にでも退職する権利があります。
引用元:サイト名・退職代行なら「EXIT」会社からの非常口はこちら

とありますが……

本当〜〜〜? 対応のスピード感はどうなのよ?

など、実際に利用する前に知っておきたいポイントはまだまだありますよね。

というわけで、実際に利用された方の口コミや評判をチェックしてみました!

「本当に辞められた!」の声多数

TwitterなどのSNSに投稿された口コミを見てみると、退職代行EXITの評判は上々の様子。

  • 退職代行EXITを利用して退職できたおかげで体調が良くなった
  • 何事もなくスムーズに退職できた

など、利用してよかったという声があがっています。

スピード感もお墨付き

また、退職代行EXITの対応の早さについても、上記のような口コミが寄せられています。

こちらの利用者は、午後10時30分に「明日中に決着をつけてほしい」と依頼したところ、同日午後10時42分に「最短で明日の9時に対応する」という旨の即答がきたとのこと。

退職代行EXITは、「もう1日たりとも会社に行くのは嫌だ」という人の強い味方といえそうです。

【評判・口コミ】弁護士の有無や営業時間、料金など…退職代行EXITについて詳しく見てみよう!

退職代行EXITは退職を希望する人にとって心強いサービスの様子ですが、営業時間や利用料金などはどうなっているのでしょうか。

退職代行EXITの気になる情報をまとめました。

弁護士の有無

退職代行EXITには、業務の適正を指導する顧問弁護士はついていますが、弁護士が退職代行を担うわけではありません。

よって退職の意思の伝達だけでなく、未払いの残業代や退職金の請求もしてほしい場合は別途、退職代行をしてくれる弁護士を雇うなどの対応が必要になるでしょう。

営業時間

退職代行EXITのHPには具体的な営業時間の記載はありませんが、「即日対応」をモットーとしているのが特徴といえます。

お客様のお時間に合わせて、休日や深夜でも可能な限り、対応しております。
引用元:サイト名「退職代行なら「EXIT」会社からの非常口はこちら

退職代行EXITへの連絡方法も電話、LINE、メールと豊富に用意されており、「すぐに退職したい!」という相談者の気持ちをスムーズに汲める体制は整っているといえるでしょう。

料金

退職代行EXITの利用料金は、下記の通り。

退職代行EXITの料金
  • 退職希望者が正社員・契約社員だった場合は50,000円(税込)
  • アルバイト・パートだった場合は、30,000円(税込)

退職代行サービスの中には、追加の電話が必要になった場合は別料金がかかるものもありますが、退職代行EXITは退職が完了するまで、何度でも追加料金なしで電話してくれるのだそう。

利用料金が発生するのも、退職希望者が退職代行EXITに相談し、「対応しますのでお振り込みをお願いします」とアナウンスされた段階。

とりあえず相談だけでもしてみようかな……

こんな人でも利用しやすいサービスといえるでしょう。

顧問弁護士のいる退職代行EXITはおすすめ?

実際の口コミやサービス内容をご紹介しましたが、いかがでしたか?

顧問弁護士の指導のもと、非弁行為にならない範囲でしっかり退職希望者をサポートしてくれる退職代行EXITは、「退職の意思をスムーズに伝達してくれるサービス」として頼もしい存在といえるでしょう。

また、退職代行EXITは未経験職種への転職に強い転職コンシェルジュ「ワークポート」と提携しているので、退職後のフォローを受けたい人にもおすすめです。

「自分にぴったりの退職代行サービスはどれ?」と迷った時は

現代の日本は終身雇用制がほぼ崩れ、転職も珍しいことではなくなりました。

そのような世情を受けて需要が伸びたためか、昨今は退職代行EXIT以外にも、類似サービスが多く登場しています。

選択肢が増えるのは退職希望者にとって望ましいことですが、あまりサービスが多すぎると、

結局どれが自分に合っているの?

と迷ってしまうこともありますよね。

そんな時は、自分にぴったりの退職代行サービスを一緒に考えてくれる無料相談を活用してみてはいかがでしょうか。

例えば20代専門の退職支援サービス「リスタート」は、今の仕事を辞めたいと考えている20代の退職から転職までを無料でトータルサポートしています。

退職代行サービスは「相談を受けたら即日退職」を売りにしていますが、リスタートは「本当にあなたには退職代行サービスが必要なのか?」という前提から一緒に考えるところが大きな違いです。

退職から転職までをサポートしてくれる良きアドバイザーが欲しい20代の方は、リスタートの利用も検討してみてください。

まとめ

退職の連絡は、本来であれば自分でするべき「最後のけじめ」です。

しかし上司から退職の同意を得られなかったり、「辞める」と告白すること自体が苦痛でたまらなかったりする場合は、ピンチヒッターに頼ってみるのもひとつの方法といえるでしょう。

退職代行EXITやリスタートなどのサービスを活用しながら、未来に向かって前向きに準備を進めてみてくださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事