エンジニアについて勉強をしている人

ITエンジニアの種類が非常に多岐に渡っていることをご存知ですか? 今回は大きく2つの種類に分類して、それぞれの仕事内容について解説していきます。

  • インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)」の仕事内容
  • 開発エンジニア」の仕事内容(「オープン系」と「汎用系」に分類して解説)

どの仕事も現在のIT化社会には必要不可欠な仕事です。それぞれがどのような役割を担っているのかを知ることで、自分が将来キャリアアップしていきたいエンジニアの仕事に気づけるかもしれません。

更に未経験からネットーワークエンジニア(インフラエンジニア)に挑戦するためのおすすめの勉強方法もお伝えしていきます!

未経験からIT業界で働きたい方、必見です!

インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)

インフラエンジニアの仕事をしている人
インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)とは、企業の情報システムを構成するコンピュータや通信ネットワークなどの機器の調達・導入や運用、管理、更新などを担う技術者です。

企業によって異なりますが、システムに必要な機材を構成する際の検討や設計、コンピュータの設置・配線、日常的な管理や運用、設定や性能の調整や最適化・改善、障害発生時の原因究明や復旧などの業務を専門に手がける仕事が主な内容になります。

▼詳しくはこちらもチェックしてください!
既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?

インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)になるためには、ネットワークを扱うにあたっての基礎資格「CCNA」の取得が求められることが多いです。ネットワーク業界大手シスコ社の認定資格の一つで、この職種においては登竜門的な存在といえます。

また、サーバーエンジニアになるにはサーバーOSの主力と言われているLinux OSを理解するための基礎資格「LPIC(エルピック)」の取得が必要です。

同じエンジニアの職種でも、仕事内容によって取得すべき資格も変わってくるんですね。

開発エンジニア(オープン系)

開発エンジニア(オープン系)の仕事をしている男性
オープン系の開発エンジニアは、UNIXやLinux、Windowsといった開発環境の中で、JavaCC++C#VBA.NETなどの開発言語を使いながら、システム構築を行っています。オープン系の開発では基本的に制限はないため、さまざまなメーカーが手掛けるハードウェアやOSを使用します。

オープン系エンジニアは、主にウェブサイトなどの要件定義・基本設計といった上流工程を中心としつつ、開発実装の局面において業務管理マネジメントまで、幅広くシステム開発に関わる場合が多いです。

オープン系の開発エンジニアになるためには、先ほど記載したJava、C、C++、C#、VBA、.NETなどの開発言語を習得していることが重要です。このような開発言語を実務レベルで使用できる、もしくは、学生時代や自学習で学んだ経験が求められます。

開発エンジニア(汎用系)

開発エンジニア(汎用系)の仕事をしている男性
汎用系の開発では、IBM、富士通、日立製作所、NEC、ユニシスなどの汎用コンピュータ(一台で多数の業務を処理することができ、安定性、セキュリティの確保された業務の中核を担うコンピュータ)を用い、COBOLPL/Iなどの言語を使いながら基幹システムの構築を行います。

近年の業務としては、銀行・クレジットカード会社などの金融機関をはじめとした基幹システムの再構築、運用保守が頻繁にあり、大規模システムに携わることがあります。

番外編:システムエンジニアってなに?

uzuz_開発エンジニアとインフラエンジニア
技術者と聞くと、「システムエンジニア」もしくは「プログラマー」という言葉を思い浮かべるのではないでしょうか。この違いはどこにあるのかご存じですか?

違いは、開発フェーズの中でどの工程を行うかによって分類されています。

システムエンジニアというのは、設計フェーズの中の上流工程を担当している技術者の総称です。お客様と面談を行い、どのようなシステムを作っていくのかを相談し、設計図を描く技術者です。そして、そのシステムエンジニアが設計したシステムを構築する技術者を「プログラマー」と呼びます。つまり、どの工程を担うかで技術者の呼び名が変わるということです。そして、ITエンジニアの種類によってその呼び名も変わるのです。

開発エンジニアの中で上流工程を担う技術者を「システムエンジニア」と呼び、下流工程を担う技術者を「プログラマー」と呼びます。インフラエンジニアであれば、同様に上流工程を担う技術者を「設計・構築」と呼び、下流工程を担う技術者を「運用・保守」と呼びます。

そのため、プログラマーの技術者が上流工程を担えばシステムエンジニアと呼ばれますし、運用・保守の技術者が上流工程を担えば設計・構築と呼ばれます。その状況において、どのような立ち位置で仕事をするかによって呼び名が変わってくるのです。

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)になるために事前にできる準備とは

ネットワークエンジニアになる準備をしている男性

未経験からIT業界を目指す場合は、ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指すことが一番の近道といえるでしょう。ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)としてIT業界で経験を積み、その後にキャリアアップを目指す形がおすすめです。

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)になると、最初は「運用・保守」の仕事に就く場合がほとんどです。この仕事は、客先常駐としてクライアント先に通うことになるので問題の起きないように研修に力を入れている企業がほとんどです。資格取得も研修に組み込んでいる企業も多いので、「勉強できる環境」が整っている場合が多く、未経験から挑戦する際に最適といえます。

更に、未経験から挑戦できるネットワークエンジニア(インフラエンジニア)になるためには、業界知識や実際の勉強内容を少しでも理解するようにしておくと良いです! なぜなら、同様に未経験からネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指しているライバルと差を付けることができるからです。知識がある分、アドバンテージになるんですね。

早速、UZUZがおすすめするサイトをご紹介します!

【ウェブサイト】

<techhub>:ITインフラエンジニアのための資格学習サイト
<3分間ネットワーキング>:ネットワークの基礎を学べるサイト
<Ping-t>:CCENTの試験勉強をするサイト

【書籍】

<1週間でCCNAの基礎が学べる本>

【知識】

<既卒のための業界解説|これから伸びるIT業界の注目キーワード「IoT」とは?>
<ITmediaニュース>:ITの今が見える、明日がわかる。ITメディアニュース

内定をいただく方と、そうでない方との異なる点は、「ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指すにあたって勉強する姿勢があるかどうか」ということです。

面接においても、「ネットワークエンジニアを目指すための準備は何かされていますか?」という質問は必ずされます。その時に「入社してから頑張ります」と答えた方はお見送りになってしまいます。しっかりと「現在は<1週間でCCNAの基礎が学べる本>という書籍を購入して、CCNA取得に向けて基礎から勉強を進めております」と答えられるように、勉強を進めてみてくださいね!

無料でネットワークエンジニア(インフラエンジニア)について学べる学校を開校中!

インフラエンジニアの学校に通う人たち
「未経験だけどネットワークエンジニア(インフラエンジニア)になりたい……でも1人で勉強できる自信はない」こんな人もどうぞご安心を!

UZUZでは、ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)について無料で学べるウズウズカレッジという学校を開校しています!
それだけでなく、ビジネスマナーの講座や面接対策・求人紹介も合わせて行っております。

→ウズウズカレッジに入校してみたい!人はコチラ←

「もっと詳しく知りたい!」「実際にITエンジニア職を目指したい!」こんな人は、ぜひUZUZにご相談くださいね。

【このまとめ記事を読めば、ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)への道が開けるかも…!?】
▼元エンジニアが語る!未経験者がネットワークエンジニア(インフラエンジニア)に就職するための方法とは?

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事