サーバーを管理する男性

未経験でインフラエンジニアに転職したい人の中には、年齢が20代もしくは30代でも転職は可能なのか気になる人もいると思います。

結論からいうと、未経験でインフラエンジニアに転職するのは可能です。

とはいえ確かに、年齢によってはインフラエンジニアになるには経験者が優先されます。

それでは、未経験の20代・30代がインフラエンジニアに転職するにはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、未経験でもインフラエンジニアになる方法をみていきます。

インフラエンジニアの平均年齢は?

shutterstock_499527781
インフラエンジニアの平均年齢は30代が多くを占めています。

一般社団法人 情報サービス産業協会の統計によると、男女の平均年齢は39.5歳となっています。

インフラエンジニアという仕事は、知識と経験の積み重ねが必要になってくる仕事。

20代からの積み重ねで、ある程度の年数がないと、大きな規模の仕事は任せてもらえません。

簡単にインフラエンジニアのキャリアパスを説明すると、インフラエンジニアになりたての頃は、「サーバーやネットワークの運用・監視」の業務がメインです。

この仕事はマニュアルに基づくトラブル対処が主な仕事内容になります。

「サーバーやネットワークの運用・監視」をクリアできると、ここから先述した「知識と経験」が必要になってきます。

それが「構築・設計」業務に必要なのです。

そのあとインフラエンジニアのスペシャリストとなるか、管理職などに昇進するのか等の選択はあなた自身ですることができます。

つまり、インフラエンジニアの仕事は年数がかかるわけです。

あなた自身のインフラエンジニアの仕事の視野を広げるという意味でも、20代から仕事をしておくのが有利といえます。

一般社団法人情報サービス協会「2015年版 情報サービス産業 基本統計調査」

インフラエンジニアは未経験でも転職はできる?

shutterstock_609540095
結論からいうと、30代で「未経験」は非常に厳しいです。

30代の場合は、中途採用扱いとなり、経験やスキルありきの転職となります。

未経験の場合は、経験やスキルがないため、即戦力を求める中途市場では就職するのが難しいのです。

また、20代なら「イチから育てる」という研修制度のある会社も多くあります。

しかし、30代や中途採用では研修制度がないケースもあり、企業からも敬遠されがちです。

つまり、未経験でインフラエンジニアになるには、20代の内がおすすめなのです。

実績が大切!?未経験の20代・30代がインフラエンジニア職に転職する方法

shutterstock_556633009
ひとつ目の方法として「資格を取得する」があります。

資格にも上級から下級まで幅と多くの資格があるのですが、未経験の場合は、以下のような資格を取得しておきましょう。

  • ベンダー系資格の「LPIC Level1」(多くのサーバーエンジニアが取得していて、保守に関わる知識を持つ証明)
  • ネットワーク系資格の「CCNA」(ネットワークに関する基礎知識を習得している証明)
  • ITサービスマネジメント系資格の「ITIL3 v3 Foundation」(システム運用の業務をする上で欠かせない)
  • 国家資格である「ITパスポート」と「基本情報処理技術者」

資格を取得すると決めた場合には、途中でやめないことが大切です。

可能であれば上級分野の資格(「LPIC Level1」なら「LPIC Level2」「CCNA」なら「CCNP」)を取得しておくと、転職活動に有利に働きますが、未経験者にいきなりそこまで求める企業はそう多くないので、まずは上記で紹介した資格に挑戦してみましょう。

ITスクールなどの学校に通う

IT系のスクールなどに通うのも方法の一つです。

近年、ITスクール界隈でもインフラエンジニアコースがあり、スクールにはインフラエンジニアを目指したい若者が集まっています。

ITスクールでは、サーバーエンジニアネットワークエンジニア運用エンジニアなど、様々な講義が展開されます。

インフラエンジニアコースでは、資格取得内容を目標にしながら、座学に加えて実技も学べます。

講義内容は例えば、情報処理基礎からOSごとのオペレーティングシステム、サーバーなどに関して、さらにはビジネスマナーを学ぶ社会人基礎まで網羅されています。

デメリットは、料金の高さでしょう。

一般的なスクールでは、月額で1万円前後、勉強する内容によっては、数万円以上するコースもあります、

けれども、しっかりと勉強をすれば未経験でも安心してインフラエンジニアを目指せます。

未経験からインフラエンジニアを目指す無料就活サポート

未経験がインフラエンジニアを目指す方法は、資格やスクールだけではありません。

株式会社UZUZが提供する無料スクールウズウズカレッジ「インフラエンジニアコース」もおすすめです。

メリットは以下の通りです。

  • インフラエンジニアの仕事を詳しく知ることができる
  • 未経験から手に職をつけられる
  • 文系でもインフラエンジニアを目指せる
  • 既卒でもフリーター・第二新卒でも受けられる
  • 無料で受けられる

他でスクールやサポートを受けると高い費用を払う場合もあります。

しかし、ウズウズカレッジ「インフラエンジニアコース」なら全て無料で利用可能です。

詳しくは以下から確認してみてくださいね。

まとめ

shutterstock_367650968
20代・30代の人が未経験でインフラエンジニアに就きたい場合、資格や経験の有無など高い壁があります。

しかし、諦める必要はありません。

インフラエンジニアに転職する方法には多く選択肢があります。

例えば、今回ご紹介したウズウズカレッジ「インフラエンジニアコース」以外にも、就職エージェント・UZUZでは、既卒・第二新卒・フリーター・ニートなど、20代の方を中心とした就職活動を積極的に応援しています。

一人あたり平均20時間以上をかけて行う就活サポートでは、専門のキャリアカウンセラーによるキャリアカウンセリングのほか、オーダーメイドの面接対策や、ビジネスマナーなどの各種講座など、一人ひとりに合わせたサポートを実施しています。

また、独自の基準のもとブラック企業を徹底排除した上で一人ひとりに最もマッチした求人をご紹介するため、就職内定率は85%以上、入社後の定着率は95%以上!

ご相談から入社後のサポートまで、全サービス無料でご利用いただますので、就職のことでお悩みなら、ぜひ一度お気軽にUZUZまでご相談ください!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事