インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)におすすめの資格【未経験者も必見!】

近年、需要が高まっているインフラエンジニア。

資格を取得しておけば、職場や顧客から信頼を得られやすくなります。

また、資格取得取得が給与アップに繋がりやすいという面も魅力的。

今回は、そんなインフラエンジニアの関連資格の中からおすすめのものをいくつかご紹介していきましょう。

Cisco Systems関連資格

shutterstock_430168801
1984年に設立されたアメリカの通信機器メーカーの一つ。

本社はカリフォルニア州サンノゼ。

「シスコ」(Cisco)とは同州の都市「サンフランシスコ」(San Francisco)の略とされる。

ロゴマークは同地にある金門橋(Golden Gate Bridge)をかたどったもの。

企業や通信事業者向けの通信機器の製造・販売が主な業務。

インターネットや企業内ネットワークで利用されるルータやスイッチなどの通信装置で世界最大手の一つに数えられる

同社製品を扱う技術者の知識や技能を認定する資格試験も行っており、通信技術者の間では広く知られている

CCNA

言わずと知れたネットワークエンジニアの登竜門的資格

世界最大手のネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つ。

中小規模のネットワークの「構築・管理・運営」。

同社製のルータや機器を利用した単純な「ネットワークの導入・設定・トラブルシューティング」ができる能力を認定する。

同社の資格の中では最も初歩的なものの一つ。

近年のネットワーク機器の需要の爆発的な増加により、取得者も増えている。

また、以前は日本語での受験ができなかった。

しかし、2000年から日本語での受験が可能になっている。

CCNA試験は試験日を自分で決めることができます。

つまり、特定の日程がなく、自分の都合が良い日程を指定して受験することができます。

より上位の資格にCCNPCCIEがある。

CCNP

CCNAの上位資格。

大規模ネットワークやインターネットワークサービス運用に必要なシステムの構築・管理・運営ができる能力」を認定する。

資格取得条件

Foundation 2.0の認定試験に合格する。
または、
  • Routing
  • Switching
  • Remote Access
以上の3種類の認定試験のどちらかに合格。
さらにSupport認定試験に合格する必要がある。

もちろん、すでにCCNAの資格を取得している必要がある。

CCNAが初歩的な資格であるのに対し、CCNPは難度が高い上級資格である。

なお、CCNP取得者は「技術スペシャライゼーション」という専門資格の取得試験を受けることもできる

専門資格には、

  • Security
  • Voice Access
  • Network Management
  • LAN/ATM
  • SNA

以上、5種類が存在する。

より上位の資格にはCCIEがある。

CCIE

CCNPのさらに上位資格。

同社の認定資格の中では最高位の資格とされ、ネットワーク技術者として最高の技術と知識を持っていると認定されたことになる

  • ルータやスイッチによるネットワーク構築能力を認定する「CCIE-Routing and Switching」
  • リモートアクセスに関する専門知識に重点を置いた「CCIE-ISP Dial」

以上の2種類がある。

CCIEはCCNA、CCNPの上位資格だが、それらと違って2年毎の再検定を受けなければならない。

CCNP相当の知識に加えて、少なくとも2年の実務経験を必要とされる。

試験もパソコンでの電子テストだけではなく、2日間のラボ実技試験が行われるなど、取得は極めて困難である。

CCNA、CCNPがなくても受験できるというメリットがあるが、試験は英語でしか受けられない

国際的に通用する資格で、ネットワーク技術者にとって最高のステータスの一つとして知られている。

Linux関連資格

uzuz_shutterstock_214315015
1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS。

その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界のボランティアの開発者によって改良が重ねられた。

Linuxは学術機関を中心に広く普及しており、企業のインターネットサーバとしても多く採用されている。

最近では携帯電話やデジタル家電など組み込み機器のOSとしても普及し始めている

LPIC Level1

Linuxについての技術レベルを認定する資格試験。

非営利団体のLPI(Linux Professional Institute)が実施しているもので、日本ではNPO法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が行なっている

認定はレベル1~3の3段階で行われ、試験は会場に用意されたコンピュータを操作して出題・回答するCBT(Computer Based Testing)方式で行われる。

レベル1(LPIC-1)では基本的な操作方法やコマンドの使い方、システム管理の方法が出題される。

LPIC Level2

LPIC-1の上位資格。

レベル2(LPIC-2)では応用的な管理方法やLinuxによるネットワークやサーバの構築手法について出題される。

この資格を取得すると、即戦力として活躍できるエンジニアとして認められます

また、お客様に対してはLinuxの知識を持つエンジニアとしての裏付けになります。

LPIC Level3

LPIC-2の上位資格。

レベル3(LPIC-3)は「大規模システムの設計・構築・運用に関する試験です。

共通資格のLPIC-3 Core」。

専門分野ごとに設けられたLPIC-3 Specialityの2段階が設定されている。

専門資格は、

  • 異種混在環境に関する「Mixed Environment」
  • セキュリティに関する「Security」
  • 仮想化や負荷分散、高可用性システムに関する「Virtualization and High Availability」

以上、3種類が用意されている。

Oracle関連資格

uzuz_shutterstock_411902782
Oracle(オラクル)とは、世界最大のデータベースソフトメーカー。

また、同社の基幹製品であるリレーショナルデータベース管理システムの名称。

各種UNIX用とWindows用があり、世界的に非常に高いシェアを占めている

ORACLE MASTER

日本オラクルによる、Oracle製品を扱う技術の認定資格。

データベース管理・運用、アプリケーション開発の2系統に大別され、それぞれ数段階にランク分けされている

データベース管理・運用の詳細

データベース管理・運用についての資格は4段階で構成。
基本的な「Bronze」規格はOracle10gによる、中小規模データベースの運用に特化した資格である。
そしてSilver」→「Gold」→「Platinumとランクが上がっていく。
また、これらを取得するとOracle本社による世界共通資格である、
  • 「Oracle Certified Associate」(OCA)=Silver
  • 「Oracle Certified Professional」(OCP)=Gold
  • 「Oracle Certified Master」(OCM)=Platinum
それぞれ3つに同時に認定される。

アプリケーション開発

アプリケーション開発についての資格は2段階構成。
  • ORACLE MASTER Silver Oracle9i PL/SQL
  • ORACLE MASTER Gold Oracle9i Forms Developer

以上、2段階がある。

そして、それぞれ世界共通資格の、
  • 「Oracle9i PL/SQL Developer Certified Associate」
  • 「Oracle 9i Form Developer Certified Professional」
に同時に認定される。

情報処理技術者試験

uzuz_shutterstock_390878569

情報処理技術者試験は、経済産業省が行なっている国家試験

試験の目的

  1. 情報処理技術者に目標を示し、刺激を与えることによって、その技術の向上に資すること。
  2. 情報処理技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、学校教育、職業教育、企業内教育等における教育の水準の確保に資すること。
  3. 情報技術を利用する企業、官庁などが情報処理技術者の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて情報処理技術者の社会的地位の確立を図ること。

以上の目的のもと行われている試験である。

ITパスポート試験(IP)

国家試験である情報処理技術者試験の一つ

2007年12月に発表された新試験制度のスキルレベル1(スキルレベルは1~4が設定されている)に相当する資格

専門的な資格というよりは、情報処理技術全般を網羅している出題範囲となっており、社会人が身に付けておくべき情報処理技術が該当する。

難易度はかなり低く、資格を取得していても就職活動では優遇されづらい

基本情報技術者試験(FE)

コンピュータ言語のプログラミングに関する出題が多い。

このことから、主にプログラマ向けの能力認定試験として、情報産業界では古くから重要視される。

出題範囲

  • コンピュータ科学基礎
  • コンピュータシステム
  • システムの開発と運用
  • ネットワーク技術
  • データベース技術
  • セキュリティと標準化
  • 情報化と経営
など多岐にわたる。

スキルレベルは2に相当。

現在ではシステム開発者・利用者の双方を想定した試験となっている。

しかし、午後のアルゴリズムは選択必須。

依然としてプログラマからシステムエンジニアへの登竜門とされている。

情報工学に関連するエンジニアの実務においてもベースとなる。

システム開発会社では、この試験に合格することが技術者の必要最低限の資格として重要視されることがあり、入社3年程度以内に取得することを推奨される。
取得できないようでは、むしろ問題視される)。

その上で、応用情報技術者試験など、上位の試験合格を目指すキャリアパスになっている

応用情報技術者試験(AP)

対象者像は高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者と規定している。

そのため、主に数年の経験を積んだシニアプログラマやシステムエンジニアが主対象。

試験では、基本情報処理技術者試験(FE)では必須だったプログラミングやアルゴリズムの問題が選択制となっている。

そのことから、「基本情報処理技術者試験よりもとっつきやすい」と感じる人もいる。

しかし。問題の難易度は格段に上がっているため簡単に取れるような資格ではない

スキルレベルは3。

高度情報処理技術者試験

情報処理技術者試験のうち、以下の8つの資格を高度情報処理技術者試験に区分している。

高度情報処理技術者試験に該当する資格

  1. ITストラテジスト
  2. プロジェクトマネージャ
  3. システムアーキテクト
  4. ITサービスマネージャ
  5. ネットワークスペシャリスト
  6. データベーススペシャリスト
  7. エンベデッドシステムスペシャリスト
  8. システム監査技術者

“高度”というだけあり、どの資格も難易度が非常に高い

例年の合格者も12〜18%程度にとどまっている。

スキルレベルは最高レベルの4に相当する。

ちなみにTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(通称『逃げ恥』)では、主人公森山みくりの雇用主、津崎 平匡が上記の『基本情報技術者』『応用情報技術者』『データベーススペシャリスト』を持っていることでも話題になった。

平匡さんが持っている資格、物語の重要人物である沼田さんの仕事についてまとめた記事をこちらで紹介しているので、気になった方は読んでみてください。
『逃げ恥』津崎 平匡の所持する資格ってどのくらい凄いの?沼田さんの『インフラエンジニア』ってどんな仕事?

その他関連資格

uzuz_shutterstock_171400709
ちなみに、下記にはIT関連資格を難易度別に並べてある。
(数字が大きいほど、難易度が高い。)

偏差値のような感覚で割り当てられていますので、参考程度に見てみてはいかがでしょうか?

「目指せ!全資格取得!」とまではいかないまでも、ある程度は資格の種類・レベルを把握しておきましょう。

IT関連資格難易度一覧

71:ITストラテジスト
70:システム監査技術者
69:プロジェクトマネージャー
68:システムアーキテクト
68:ITサービスマネージャ
67:情報セキュリティスペシャリスト
67:ネットワークスペシャリスト
67:データベーススペシャリスト
67:エンベデッドシステムスペシャリスト
65:CCNP
65:応用情報技術者
65:ディジタル技術検定
65:オラクルマスターゴールド
64:PMP試験
64:XMLマスター プロフェッショナル
62:SUN技術者認定資格
57:MCP (上位資格)
55:CG-ARTS検定(CGエンジニア検定 エキスパート)
55:パソコン検定(P検)1級
55:パソコン整備士1級
54:ディジタル技術検定
54:ITコーディネータ
54:オラクルマスターシルバー
53:QuarkXPressクリエイター能力認定試験1級
53:Linux(LPICレベル2)
52:マルチメディア検定(エキスパート)
52:VBAエキスパート (スタンダード)
52:CAD利用技術者試験1級
51:情報セキュリティ管理士認定試験
51:.com Master ダブルスター
50:MCPC モバイルシステム技術検定1級
50:基本情報技術者試験
50:情報処理技術者能力認定試験1級
50:C言語プログラミング能力検定試験
48:ソフトウェア品質技術者中級
47:情報処理技術者能力認定試験2級
47:情報処理技術者能力認定試験3級
47:CIW ファンデーション(Web Foundations Associate)
46:XMLマスター :ベーシック
46:パソコン検定(P検)2級
46:ソフトウェア品質技術者初級
46:MCP(基本資格)
46:ITパスポート試験
46:情報活用試験(J検)1級
46:情報検索応用能力試験2級
45:ディジタル技術検定3級
45:情報システム試験(J検) SE認定/PG認定
45:IT検証技術者認定試験 エントリーレベル1と2
45:JSTQB認定テスト技術者資格認定試験 Foundation Level
45:情報セキュリティ初級認定試験
45:Turbolinux技術者認定試験 Turbo-CE
45:VBAエキスパート(ベーシック)
44:パソコン整備士2級
43:情報活用試験(J検)2級
43:MCPC モバイルシステム技術検定2級
42:Linux(LPICレベル1)
42:.com Master シングルスター
39:情報活用試験(J検)3級
39:日商PC検定3級
38:マイクロソフト オフィススペシャリストマスター
38:パソコン検定(P検)3級
38:MCPCケータイ実務検定
37:情報検索基礎能力試験
37:MOS(スペシャリスト)

今回の記事でご紹介した資格を使い業務にあたるインフラエンジニア。

その詳しい仕事内容は以下の記事から知ることができます。
既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?

「インフラエンジニアに就職するための方法が知りたい!」という方はこちらの記事もおすすめです。
元エンジニアが語る!未経験者がネットワークエンジニア(インフラエンジニア)に就職するための方法とは?

まとめ

以上がインフラエンジニア(ネットワークエンジニア)におすすめの資格になります。

世間では資格を取得したところで実務に活きないと意味がないと言われることが多いです。

ただ、インフラエンジニアの場合は「実務/キャリア/給与UP」に直結する繋がる珍しいケース。

ぜひ、資格を取得し充実したキャリアにしてください。

また、この記事だけみると一見インフラエンジニアという職種は難しいもののように感じるかもしれません。

しかし、インフラエンジニアになるハードルは高くないのをご存知でしょうか?

むしろ畑違いのように思うかもしれませんが、文系からでも慣れます。

少しでもインフラエンジニアに興味があったら、以下のボタンからサービス説明をみてください。

きっとなぜ未経験からインフラエンジニアになれ、さらに就職までできるのか分かると思います。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事