programmer_09

どのような仕事をするのか?

main-image2
ご入社いただいた際には、開発エンジニアとして業務にあたっていただきます。

▼自社メディア「A-STAR」の企画開発
エンジニアとして「A-STAR」の開発業務を行います。要件定義からリリースまでの全工程を担当し、裏側から会社を支えていただきます。
開発環境としてLinux、Apache、PHP、MySQL、jQueryを使用します。

どのような社風・環境なのか?

main-image3
■特徴
日本語、英語、中国語、韓国語に対応できるマルチリンガルなコーディネーター集団
8名の営業コーディネーターがいますが、全員がITフリーランスに特化し、そのキャリアは3年以上あります。そしてマルチリンガル1名、トリリンガル2名、バイリンガル1名と日本語、英語、中国語、韓国語に対応できるコーディネーターを揃えています。 

どのような人材を求めているのか?

▼探究心、向上心があり、新しい技術に挑戦していく意欲的な方
▼論理的思考力のある方
▼営業を通じて経営を学びたいと考えている方
▼目標を達成することに喜びを感じる方
▼自分の実力を正当に評価されたい方

募集ポジション情報
募集ポジション 開発エンジニア職
雇用形態 正社員
求める学歴 専門各種学校卒以上
勤務地 東京都
勤務時間 9:30 ~18:30
休日 週休2日制(土日)
祝日、指定休日、年次有給休暇(入社後半年後10日間)、慶弔休暇、年末年始休暇
給料 理論年収300万円
※算定条件
月給25万円、決算賞与年1回
給与モデル
福利厚生 社保完備(雇用保険、厚生年金、健康保険、労災保険)、交通費支給(当社規定による)
選考プロセス 筆記・適性検査:なし
一次選考:面接(採用担当者)
最終選考:面接(事業部長)
何をやっている会社なのか?
2012年創業と同時にサイバーエージェントベンチャーズの出資を受けて、サイバーエージェント・スタートアップベースキャンプ内にて創業されました。設立から6年で1万人のITフリーランスをネットワーク化し、これまでに2000名のITフリーランスの案件マッチングを行ってきました。2018年5月世界最大の人財企業であるアデコグループからオファー受けて全株式を譲渡。100%子会社として、アデコグループ内におけるITフリーランスマッチング事業の中核会社として成長を続けています。                     アデコグループはスイス証券取引所にて上場している世界最大の人財会社です。全世界での売上高は3兆円。従業員数は3万人を超える人財グループとしての基盤を持っています。そうしたアデコグループの強固な財務力とグローバルに広がるブランド力を武器に事業を展開していますが、A-STAR社は独自のWEBマッチングプラットフォームと人材エージェントによるハイブリッド型の事業構造を特徴としています。また創業以来、ITフリーランスに特化したマッチング事業を行っている点も、他社との差別化のポイントとして注目されています。

株式会社A-STAR単体による業績は非公開         
Adecco Group AG :売上高236億6,000万ユーロ
日本における売上高:12億7,600万ユーロ(1,611億円)

主要顧客
サイバーエージェントグループ各社
株式会社リクルートコミュニケーションズ
株式会社ネクスト
など国内2,000社

主要関連企業
・アデコ株式会社(親会社)
・株式会社VSN

企業情報
企業名 株式会社A-STAR
業界 情報通信・インターネット業界
本社住所 東京都渋谷区道玄坂1-22-12
長島第一ビル8階
代表者氏名 高瀬 俊誠
従業員数 12名
設立年 2012年
資本金 30百万円(2016年4月末現在)
売上高 非公開
スタッフからのコメント
▼上司となる方は、今までフリーランスとして上場企業の情報部門責任者やオフショアの開発責任者を歴任された方ですので、間近で高い技術力に触れることができます。
▼上流工程から下流工程まで一貫して業務を行っていただくので、エンジニアとしての幅広いスキルを身につけることができます。


UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事