事例で学べる、好印象間違いなしなフリーターの自己PR文章

新卒の時とは違って就職課などの就活のサポートもなく、応募先企業の情報収集も自分ひとりで行うことの多いフリーターの就職活動。

面接の際、志望動機や質問には答えられても、自己PRにははちょっと自信がない……という人も多いのではないでしょうか。

落ち込んでいる男性

そうそう!自分はフリーターだし……なんて思っちゃう

自己PRと聞くと「何か強力な“売り”が必要!」と、プレッシャーを感じてしまいがちですが……

実はそんなことはないんです!

正社員として働いたことがなくても、アルバイトをしていたり、目標に向かって活動していたり、フリーターの間に何かをしていたという「経験」は必ずありますよね

もやもやしている男性

う、うん。フリーターだからって何もしてこなかったわけではない……!

大切なことは、あなたの「経験」を相手に対して適切な方法で伝えるということ

そこで今回は、フリーターが就職活動で自己PRをする際に押さえておきたいポイントについてご紹介したいと思います。

【好印象を持たれる自己PR術】面接官はフリーターのどんな所を見ている?

怒っている男性

そもそも面接の自己PRって何のためにあるの?履歴書とかエントリーシートもあるし、面接の時に質問だってされるのに……

たしかに、応募者についての情報は履歴書やエントリーシートでわかりますし、気になることは質問すればわかりますよね。

それなのになぜわざわざ自己PRを求めるのかというと、実は、面接官は自己PRで応募者のこんなところをチェックしているからなんです。

面接官が自己PRでチェックしていること

  • 物事を順序立てて説明できる能力があるか
  • 客観的に自己分析ができているか
  • 企業のニーズを理解しているか
  • 入社後に活躍できそうなポテンシャルがあるか
  • 応募者の人柄
驚いている男性

け、結構いろんなことがチェックされるんだね!

そうなんです。

例えば、いくら履歴書やエントリーシートをキレイにまとめていたとしても、自己PRの際に話にまとまりがなかったり、面接官と目を合わさずに話し続けるのはNG

「プレゼン能力に欠ける」「コミュニケーション能力が足りない」などと判断されてしまいやすいからです。

また、自分を良く見せようとするあまり、自慢のようになってしまったり、これまでの活動ばかりをアピールするのもおすすめできません

「それがどう自社で生かせるのか?」「自信過剰なのでは?」とも思われかねませんからね。

つまり、自己PRで大切なことは「自分がどれほど実績がある人物か」をアピールすることではなく、いかに「この人と一緒に働きたいな」という好印象を相手に与えられるかということなのです。

好印象を持たれるフリーターの自己PR例を見てみよう

もやもやしている男性

でもフリーターって“人生設計が甘い”とか“なまけてる”とか思われがちだよね。面接の時だって厳しい質問をされるし……。自己PRで好印象を持ってもらうことなんてできるのかな?

フリーターの場合は「そもそも就職できるの?」という疑問や不安を抱きながら就活をすることが多いため、自己PRで好印象を与えるとなるとかなりハードルが高く感じるかもしれませんね。

でも大丈夫です!

先にお伝えしたとおり、自己PRでは実績をアピールすることが大切なのではありません

例えば次のような自己PRであれば「正社員での経験はないけど、この人なら期待ができる」といった印象を与えられるのではないでしょうか。

OKな自己PR例

私は、自分の強みは「ヒアリング能力」と「分析力」であると考えています。

現在アルバイトをしているアパレル店には3年半勤務していますが、アルバイトを始めて半年ほど経った頃から、シーズン毎のコーディネートを私にお任せくださるお客様が少しずつ増えるようになりました。

お客様1人あたりの購入金額は1回数万円から数10万円と幅はあるのですが、現在5名ほどのお客様のコーディネートを担当しています。

私を含めて6名いるアルバイトの中で、担当のお客様を持っているのは私だけです。

私がお客様の服を選ぶ時に大切にしていることは、お客様のお仕事や趣味などの生活環境をよく知ること。

お客様との会話はもちろんのこと、例えば手が空いた時にも、お仕事や趣味などについてインターネットなどで情報収集をしています。

お客様の生活環境を理解することで、お客様にとって着回しやすい服やお手入れのしやすい服がわかるようになり、いずれもお客様からも「こんな服が欲しかった」と喜んでいただいています。

このようなヒアリング能力や分析力を活かして、御社では新規顧客の獲得だけではなく、顧客の定着や顧客単価のアップに貢献できればと考えております。

すっきりしている男性

具体的な数字があってわかりやすいし、主体的に動ける人だということも伝わってくるね!応募先の企業で活躍できそうなイメージもできるし、たしかに好印象!

「〇〇ができる、それに△△もできる」といろいろな話をするよりも、アピールポイントを一つに絞り 、できるだけ端的に説明するように心がけましょう。

そうすることで「〇〇の人」というように面接官にも印象に残りやすいですし、物事をわかりやすく説明できるというアピールにもなるのです。

好印象を与えるつもりが…フリーターの自己PRのNG例もチェック

もやもやしている男性

どんな自己PRが良いのかはわかってきたけど、NGな例も知っておきたいな……。緊張してつい余計なことを言ってしまいそうな気が……

フリーターの就活では「フリーター=世間から良い印象を持たれていない」という潜在意識から、自分をアピールしようとし過ぎるあまり、かえって面接官に悪い印象を与えてしまうことも少なくありません

では、代表的な自己PRのNG例も見てみましょう。

NGな自己PR例

私は大学卒業後、コンビニエンスストアや配達物の仕分け、居酒屋の厨房、プールガードなどのアルバイトをしてきました。

そのため、さまざまな職種での経験を通して、いろいろな仕事の知識や技術が身に付いたと実感しています。

また、学生時代はオールラウンドサークルの副部長を務めた経験もあり、いろいろな人の意見に耳を傾けました。

意見をまとめることやコミュニケーション能力には自信があります。

さらに、私は好奇心が旺盛なため多趣味なのですが、学生時代に行ったインド旅行でとても視野が広がりました。

その影響もあって、将来的にはグローバルに活躍できる人間になりたいと考えており、現在は英語の勉強もしています。

御社では私がこれまで培ってきた経験を活かして、さまざまなことに挑戦していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

落ち込んでいる男性

おぉ……何がなんだか……いろいろ楽しそうだけどさ……

はい、この内容では面接官から「アルバイトが続かず転々としているのでは?それなのに知識や技術が身に付くの?」と、疑問を持たれてしまっても仕方ありませんよね。

また、フリーター経験があるのに、それ以前の学生時代の話を持ち出してくるのも「今さら学生時代の話?」と思われてしまいます。

全てにおいて、具体例がない点も薄っぺらい印象を受けます。

NG例のように「結局のところ何が言いたかったんだ?」とならないようにするためには、まずはじっくりと自己分析をし、深堀りできそうな自分の長所を探してみることが大切です。

「フリーターだけどいろいろ出来る!」と自分を「盛り」すぎないように注意しましょう。

好印象を与える自己PRの作り方がわからない!先生の探し方は?

もやもやしている男性

うーん……でも僕のアピールポイントってなんなんだろう……。自分を客観的に見るって難しいなぁ~
  • 夢を追いかけるためなど、明確な目的があってフリーターとなった人
  • フリーター期間に何らかの実績を残した人

これらの場合は、比較的自己PRもしやすいでしょう。

しかし、

  • 就きたいと思える仕事が見つからずなんとなくフリーターの道を選んだ人
  • アルバイト期間が短い人

こういった方にとって、好印象を与える自己PRを作るというのは簡単なことではありませんよね。

そこでおすすめしたいのは、自己PRの作り方をはじめ、就活に関するアドバイスが受けられる場所を利用する方法です。

具体的な所としては、私たちUZUZをはじめとする民間の就職エージェントや、「わかものハローワーク」、「ジョブカフェ」といった公的な就職支援サービスが挙げられます。

これらの就職支援サービス、応募先企業の紹介だけではなく、就職に関するセミナーや面接対策などの就活サポートを受けることができます。

エージェントや施設によって提供されているサービスは異なりますが、基本的にサービスの利用は無料であることがほとんどです。

気になった方は気軽に問い合わせをしてみましょう。

なお、民間の就職エージェントの場合は、提供しているサービスだけではなく得意とする分野などもエージェントによって異なります。

フリーターの場合はフリーターの就活を得意とするエージェントを選んだ方がより適切なサポートが受けられるでしょう。

喜んでいる男性

無料なら利用するっきゃないね!

まとめ

採用の決定打にもなり得る面接での自己PR

フリーターだからといって決して消極的になる必要はなく、フリーター期間の中で得たものも十分武器になる可能性があります。

たとえ華々しい経歴がなくとも、

  • アピールポイントを絞る
  • 客観的な根拠を示す
  • 具体的な例を挙げる
  • どのように会社に貢献できるかを述べる

などのポイントを押さえつつ、わかりやすくあなたの人柄を表す自己PRができれば、きっと面接官にも好印象を与えることができるはずです。

そして、自己PRのことで悩んだら、迷わず転職エージェントや公的な就職支援サービスを利用してみましょう。

UZUZはフリーターや第二新卒、既卒、ニートなど、20代の就職サポートを専門に扱う就職エージェント。

約2時間にも及ぶキャリアカウンセリングや完全オーダーメイドの面接対策など、一人ひとりのアピールポイントをしっかりと引き出すサポートを行っています。

もちろんサービスは全て無料で利用できますので、ぜひ一度ご相談ください

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事