面接での逆質問で面接官に好印象を持たれる方法

『面接の最後の逆質問が思いつかない』『なんとなく受けてるから聞くことがない。でも内定は欲しい』面接の逆質問で何を聞けばいいかって結構困りますよね?ただ、この逆質問結構面接における重要なフェーズです。

私も普段面談をしていると質問の質でポテンシャルを見ているところはありますし、実際に良い質問をする方は就業後も早期にパフォーマンスを上げる方が多いです。今回はポテンシャルが見られるのにも関わらず一番悩んでしまう『逆質問』今回はここにフォーカスをして記事を書いていこうと思います。

絶対NG逆質問でこれだけはダメな代表例

imasia_13188730_S
まずは、何を聞けばいいかというより何を聞くのがダメなのか?を書いていこうと思います。
・『何も聞かない』
・『社風や働いている人の雰囲気はどうですか?』
・『この会社に入って面接官の方のやりがいはなんですか?』
・『残業時間/福利厚生/離職率などの求人票に記載があるorネガティブな質問』

まずは、何も聞かないのは言わずもがな最悪です。あなたにその意図はなくても、『興味がないです』と伝えてしまっている様なものです。必ず2,3個は面接の終わりに質問をしましょう。これは、私も新卒時にやったことのある失敗です。あとは『社風や雰囲気に関する質問』これは、質問のレベルが低すぎるというのも間違いないのですが、質問をしても正確な回答がどうか把握するのは入社するまで不可能なので、聞くだけ無駄です。

なぜか、あなたが面接官だとして"雰囲気の最悪な会社に勤めています"あなたは候補者に『会社の雰囲気はどうですか?』と聞かれたらなんてお答えしますか?正直に『うちの会社は雰囲気最悪だよ!!』なんて事をお伝えするでしょうか?普通は嘘をつきますよね。そういうことです。なので質問のレベルが低すぎるあまり評価は下がるし、正確な回答も得られないとんでもない質問です。

やりがいに関する質問もどうかと思います。正直、こちらも『そんなの聞いてあなたの就職になんの役が立つのだろう?』と思ってしまうレベルの低い質問です。私も聞かれたとしたら答えますが、逆に質問の意図と私の回答を聞いてどの様に参考になったのかを逆質問してしまいたくなります。私の様にひねくれた面接官にあたると難易度は上がるわ、質問のレベルは低すぎるわでこれも聞かないのが無難です。よほど必要なら意味・目的をしっかり持ち聞いてください。最後の福利厚生系の質問など記載する必要もないレベルです。そんな就職前から受け身な方を採用したいと思いません。エージェントに必ず聞くようにしてください。

こんな質問が望ましい

th_imasia_8793396_M
NG質問例を出したので、今回はOKな質問をあげます。
・『自分が入社したら⚪⚪︎の業務からだと思うが、この先がどのような業務を行っていくのか?』
・上記質問等の回答に関して『それは、どの様な基準を満たせば任せて頂けるのか?自分の様な立場の人間で実例はどの様なケースがあるか?』

望ましい質問の一部をあげましたが、ちゃんと会社について調べてきたという前提やキャリアアップを望む様な質問がいいですね。もちろん以上の質問をするのが必ず正しいわけではありませんが。基本的に私がセンスのある質問だなと思うのは。すでに与えられた情報を基に確信をついてくる質問、その回答の不明確な部分の深堀をされるとセンスを感じます。

逆質問は面接でも最後に行われ気がぬけてしまう事もありと思いますが、センスのある質問をすれば評価はあがります。意識して面接にいどんでください。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事